メインメニュー
氣のお話

ブログから「人となり」を知る

  以前「ブログと手作り品」という記事で

  情報関係は信頼できる方のブログに目をとおします。

  じゃーその信頼とは何か?というお話をしました

  「信頼」というと情報の「当たり」「ハズレ」と

  思われるかもしれません

  私の場合の「信頼」とは

  その方の生き様や物事を捉える視点

  沸き上がる感情など

  どの角度から見てらっしゃるのか?

  どんな想いで記事にされたか?などで読まさせて頂きます

  この方の視点って興味深いな〜と感心すると

  たいがい過去記事にさかのぼって初期のブログを拝見します

  すると そこに「人となり」のキーワードを感じるのです

  で 共感して読者になっていくという感じです




  そこで・・・

  アメーバブログの「なう」でよくご紹介するwantonさん

  このwantonさんの「人となりを知る」記事が昨日UPされた

  「190cmもある元ヤクザとの激闘の記録!〜セクハラ総集編」
  http://ameblo.jp/64152966/entry-11714633475.html


  前からご紹介したいな〜と思っていたら

  昨日、過去記事で再UPされていましたので

  今日の「氣のお話」となりました





  職業柄 世の中の不公平を耳にする機会が多いです

  私は臨床心理士など肩書きはなく

  ひとりの人間として悩み相談という形で 

  お話を聞かせて頂いております

  

  自分の目の前の景色は「社会の縮図」と何度もお伝えしていますが

  たとえば今回の秘密保護法案の強行採決において

  与党が数の多さで強引にもっていってしまいました

  数の少ない野党の意見をしっかり聞くことなく。。

  現段階においても参議院で 聞いたフリをしています

  少数派を無視しています

  これと同じ光景は私たちの目の前でも起きています

  wantonさんの目の前で起きたこと。。

  強い・恐いとされる元ヤクザが(与党である自民党)

  異国で右も左も分からない中国からの女性を(少数派の意見)

  思い通りにする

  自分勝手に傷つける

  悪いことだと思ってない

  それはダメだよ!!と声をあげたwantonさん(ジャーナリストなど)





  問題はここからなんです

  wantonさんは会社という組織の中で有効な手段を考えました

  彼女たちを「守る」為に行動にうつしました

  その結果 元ヤクザは退職することとなり

  彼女たちの安心を得ることができたのです

  ただwantonさん ボコられ血を流してしまいましたが・・・

  



  同じことが自分の目の前で起きた時

  たいがいの人は この敵からの復讐が恐いんだと思うのです

  そこで見て見ぬフリをしてしまう

  結果 この手の人間を野放しにしてしまうことに・・・

  そして 次の犠牲者を生むことに繋がっていく


  「負の連鎖」です






  世の中の大きなしくみを一夜にして変えることは難しい

  でも目の前の汚れた景色を変えることはできる

  少しでもこの「負の連鎖」を止めることはできるんです


  ネットだけに頼り情報拡散するだけで満足したら

  ただの評論家になってしまう

  ひとりひとり 出来ることはたくさん有ります

  歩きながらスマホいじっていれば

  具合が悪くしゃがみこんでいる人を気付けません
  
  街の中にも起きている悪行を見逃してしまいます

  スリを追いかける

  痴漢をとっつかまえる

  万引き犯を通報する

  暴力ふるってる奴を通報する





  私事ではありますが

  カウンセリングにおいても

  悩み相談だけではすまない世の中になってきました

  皆さんの回りにいるズルいトラブルメーカーに対して

  ブラック企業に対して

  敵を自ら自爆させる為に 頭をひねる

  作戦会議のようなものですね。。


  来年 もっとこの傾向が強くなると思います

  たぶん「救済型カウンセリング」へと変貌するんでしょう

  なんだか寂しい世の中だな。。と思いますが・・・




  「ダメなものはダメっ!!」




  この精神で皆さん!ともに立ち向かいましょう!!





   
   

Posted at 2013年11月30日 15時31分54秒  /  コメント( 0 )

PANTANALへの想い

  ブラジルの大湿原パンタナール

  サンパウロの遥か西

  アンデス山脈とブラジル高原の間に存在する

  たくさんの山々に囲まれ

  その山地に水源をもつ河はパンタナール湿原を流れる

  雨期には増大する水量を放出しきれず氾濫をおこす

  自然が自然のまま

  その自然に恩恵をうけた多種多様の動植物が存在する





   



   憧れの地パンタナール




   



   青い子




   



   赤い子




   


   
   派手な子





   



   ブラジルの国鳥トゥカーノ





   

 

   鳥軍団




   



   この夢の大地パンタナールに

   もし足を踏み入れたなら・・・

   わたしは戻ってくることが できるだろうか・・・

   この混沌とした猥雑な社会に戻れるんだろうか・・・

   いま 一歩でもこの大地を踏みしめたら

   そんな想いが浮かんでくる





   

   

   カピバラさん






   



   ここは最後の地上の楽園

 

   でもその楽園でさえも

   生き物 植物 ありとあらゆる「生きとし生けるものが」

   ある人間達にこなごなに破壊されたら・・・

   たとえ 自分の命は残されたとしても

   それは 「死」を意味するだろう 






   



   幾度と繰り返す「戦争」そして「地上戦」

   それは地球に存在する全てを否定した行為であり

   それは地球をも傷つける最低で卑劣な行為だ




   パンタナールへ行くのは まだ早すぎるようだ

Posted at 2013年11月29日 15時24分30秒  /  コメント( 0 )

人間失格

   11月26日 秘密保護法案が強行採決され

   今日27日午前から 参議院で審議が始まった

   12月6日の会期末の今国会で成立させたいとのことです





   まだまだ一般市民には何だかわからないままの法案

   やっと何が問題なのか?報道があがってきたところで

   「はい!終わり〜!!」と

   大多数の「もっと審議をしてほしい」の

   国民の声を無視しての強行採決





   安倍内閣はもともと国民のことなんか考えていない

   自分たちがしたいことを思い通りにやっているだけ

   今回の強行採決は

   スケジュール > 国民の声

   「自分勝手」そのもの

   以前 こんな記事を書きました


    「1発やらせろ!下品政治!!」
     http://cplus.if-n.biz/5002951/article/0409744.html

   
   タイトルからして衝撃的すぎた感はありますが

   私は決して言い過ぎとは思ってません

   力や暴力で押さえつけ

   恐怖と不安を植え付け

   肉体も大事な心まで踏みにじる

   欲望のままの獣たち

   国民の代表の印であるバッジを胸につけ

   国民に襲いかかる

   人間の仮面をかぶった悪魔でしかない

   空っぽの心という器に金を集める

   心がわからない時点で「人間失格」だ

   

   
   ズルい人間は平気で嘘をつく

   ズルい人間は一貫性がない

   ズルい人間は責任を負わない

   ズルい人間は覚悟をきめない

   ズルい人間は誰かのせいにする

   そして最後にズルい人間は逃げる






   まさに昨日の安倍内閣総理大臣の行動なんです





   私たちはそんなズルい人間に

   自分たちの生活すべてを預けているんです

   これ以上 無関心でいますか?

   人間が無関心でいるということは

   最も「愛」から遠ざかった行為だと気付いて下さい




   


     

   

Posted at 2013年11月27日 13時59分22秒  /  コメント( 0 )

日本語は何処へ・・・

  今年もあと一ヶ月と少しとなりました

  この一年 あまりに目まぐるしく・・・

  何だったのか?と思ってしまうほどです




  私自身のカウンセリングにおいての流行語大賞は

  「巻き込まれないように!」

  「ダメなものはダメ!」

  「両極端にならないように」

  何度も繰り返し お伝えしました

  ただ ここにきて思った以上に深刻化していると

  頭を悩ませていることがあります






  【日本語が通じない!!】

  まさか!と思わないでください

  言葉の理解力がどんどん落ちているんです

  発する言葉も意味不明です

  「混乱」という言葉が頭から離れません

  混乱が更なる混乱を生む

  マイナス現象が連鎖し蔓延しているようです





  日本語という 奥行きのある

  美しい魂のこもった言葉は消えつつあるのか?

  言葉というより

  言葉を発する人間性の心のあり方が堕落してしまったのか

  考えたくないという「逃げ」が

  ここまで思考能力にまで影響を与えてしまったのか

  とても悲しい現実があります





  今年 何回か書いてみようと思いながら

  止めた。というより伝わるかな?と感じて

  パソコンをうつ手が止まった あるフレーズがあります




   




  もう死語になってしまったようですね

  

  
  幼い頃 祖母がいつも言っていました

  「お天道さんは何でもお見通しなんだよ。」

  「オバアちゃんが死んで空へ行って

   おまえが嘘をついたら 空から見てるからね。」

  「ごまかせないんだよ。」




  成人式の時 祖父が言いました

  「どこへ行っても恥ずかしくない大人になりなさい。」





  
  私たちは どこへ向かっているのでしょうか

  どこへ流されてしまったのでしょうか・・・





   

Posted at 2013年11月24日 16時43分48秒  /  コメント( 0 )

寒い〜!肩こるな〜っ!

   


   




  おーっ!さぶっ!

  朝 起きるのが辛い時期になってきましたね〜

  秋は何処へ・・・

  って もう冬かいっ!

  そうツッコミ入れたい毎日です(笑)




  さてさて・・・

  ここ最近 肩こるーっ!とお嘆きの方いませんか?

  私です・・・

  何だか 何をしていても肩に力が入ってるんです

  べつにやる気満々とかそういんじゃなくて^^;

  いつも人様の身体は氣を読みながら よく分かるのですが

  自分の身体って気がつかないんですよ・・・

  ダメですね。。

  で よくよく考えてみた。。

  はは〜ん・・・

  今年の夏は暑さが長かったですよね

  ヘロヘロでした

  のどの渇きをビールで潤し

  ベロベロでした

  そのうち秋の気配を感じることもなく

  連続台風で氣が落ち着かず

  でもって この寒さへと・・・

  身体が最悪の準備不足です

  マラソンの後 急激に立ち止まり

  そのまま寝た

  で 起きたら身体がガチガチ

  そんな感じです

  全体的に自然な流れというものが無い!!

  そりゃ 筋肉や筋に影響出るわな。。

  これそのままにしてると 神経系にも悪影響でそうです

  で放っておくと 内臓も固くなりそうです


  全体的に血行を良くしないと いかん!いかんのじゃーっ!!





   



    ♬ ババン バ バンバンバン! ♬




   



    ♬ アビバビバ のんの ♬




   



    ♬ ババン バ バンバンバン! ♬




   



    はぁ〜 いい湯だなぁ〜  





   そうです!

   やっぱり ゆっくりとお風呂にはいる

   気晴らしに温泉へ行く

   そのリラックス感が筋肉を緩めて血行を促す

   日本人らしく のんびりしましょう!!





    



    「ニッポンに生まれて いかったべ!」

    「いがった!いがったなぁ〜」




    

    PANTANALパーカー
    ネットショッピングからお買い物できるようになりました。
    http://s118806176-sh.sv1.bizloop-suite.jp/category/1383905230332/
   



                           

Posted at 2013年11月16日 12時42分55秒  /  コメント( 0 )

氣遣いと氣配り

  昨日「ネコの風助!時代を斬る!!」のコラボ編でおなじみの

  ニャーコさんのブログに こんな記事がありました
    http://ameblo.jp/4652kumm/entry-11689664908.html





【一部引用】

    *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

アグリッピナさんのブログに載っていた画像です!


『アグリッピナさんのブログ』



   




寒くなると暖をとるために車のエンジンルームに動物が入ることがあるそうです。

『エンジン始動前にボンネットをコンコンして動物がいないか確認しましょう』という啓発ポスター
Twitterでも話題になっているようです!


【引用終了】





  寒くなりましたもんね〜

  お外のニャンコちゃん達 暖をとるのにボンネットへ

  私も毎日 車に乗るので

  ちょっとゾッとしました

  でも「コンコン!どなたか入ってますか?」

  そのひと手間が小さな子達の命を守る事でもあり

  自分自身の安全にも繋がるという大事なお知らせですね


  毎日の日課にしたいと思います

  合い言葉は

  「コンコン!どなたか入っていますか?」




  私たち人間は 何でも自分たちのペースで行動しています

  日々 時間に追われ

  たくさんの大事なことを忘れ

  忘れている事にさえ気付かない有様

  そんな時 小さな命はたくさんのことを教えてくれますね

  「思いやりの心」を。。

  


  人間関係も浅〜くなり・・・

  誰かを気遣う事

  誰かに気を配る事
・・・忘れていませんか?

  きっと誰かが やるでしょ

  いま 忙しいから

  あ〜 やろうと思ってたけど・・・

  そうやって弁解だけは達者になっていませんか?





  もしペットを飼いたいと思っているなら

  家族が飼おうと思っているなら

  私は迷わず 保健所で殺処分待ちになっている子

  身体が衰弱している子

  生涯 病気とつき合わなければいけない子を

  保護して頂きたいと思います

  そういった子を飼うとなると

  家族全員の協力が必要です

  ひとりひとりが覚悟を決めて

  みんなで一匹の小さな命と向き合う事に繋がります





    


    保護して回復の兆しが出てきた頃の風助です♥


  

  子ども達は自分より弱い立場の子への

  思いやり・気遣いを学んでいくでしょう


  「大丈夫かな〜」「元気になるかな〜」って・・・

  最初からできなくてもいいじゃないですか

  自分の事すらやらないで怒られていた子が

  誰かに「手をかける」ことを覚えていくんです

  「寒くないかな?ブランケット持ってこようか?」

  「新しいお水に交換してあげようか?」って・・・

  自分の自由な時間をその子の為につかい

  自分がやってあげて損をしたなんて思うはずがないですよね

  見返りを求めず 愛情で気を配る事を学んでいくんです





  こういった環境下で 愛を知った子は

  自然と他者との関係においても

  気遣い・気配り・手をかけることが素直にできます

  いつでも自然に心のスイッチが入ります





  最近 ホテルやデパートの超一流店での

  食品偽装・メニュー偽装が連日あばかれていますが

  きっと心のスイッチをいつでもオンにできる人は

  信頼のもとに お客様を騙す事はしないでしょうね

  内部告発をすべきと正義心にオンするでしょう





  より良い社会作りは

  ひとりひとりの心がけからです

  だからこそ 子ども達の「心の成長」が大事なんだと

  愛をもって子ども達を守る社会が求められているのです

  私たち大人の 大きな使命なんです


  

  

Posted at 2013年11月14日 14時12分22秒  /  コメント( 0 )

心と体のケアとは??

  先日 福島県在住の方のブログ記事で・・・

   nikoさん「最大の国民病だけどさ・・・」
http://ameblo.jp/mtkyc/entry-11677995033.html




  ちょっとイラストとは似つきもしないこの

  「将来クラスの2人に1人はがんになる?!」

  この全く気遣いのなさすぎる言葉に愕然としました

  これはあくまでも子ども達に配る資料です

  そこでnikoさんに他どんなプリントが配られているか?

  問い合わせたところ

  色んな方面から集めて下さいました



   nikoさん「bebeさんへ」
http://ameblo.jp/mtkyc/entry-11679846725.html



  こちらも見て頂ければ一目瞭然

  人間は自然放射能とともに生きてきたのだから

  自然放射能も人工放射能も大して変わらない
 
  がんはタバコや食べ物、お酒 ウィルス、、

  様々な影響でなるものなんだよと・・・




  まずは最初の一枚に関しての事実確認をしてみました

  この資料は4年前から小学生の高学年に配布しているそうです

  震災があって原発事故があったから

  作られた資料ではないということです

  がんに関しては この数値は事実だから

  子ども達にも伝えるのだと。。

  そして がんにならない為にも成人病の予防が大事だと

  そういった内容を記述しているということです



  
  さて・・・

  きまってお役所の仕事は肝心な事が抜けています

  目の前のことに捕われすぎて全体像を見ようとしません

  というより 見る目がないのです

  「抜けている」それは

  子ども達が渡されて どう感じるか?です

  その後の日々の心の変化を誰がみてくれるのか?




  小学生はまだまだ親の保護区の中で

  安全と安心で守られながら成長しなければいけない時期です

  ちゃんとご飯食べないと大きくなれないよ!

  栄養取らないと元気になれないよ!

  病気になったら遊べないよ!

  少しずつ日常生活の中で健康も学んでいきます

  また家族や親戚の誰かが病気になった時

  病院へお見舞いにいって

  その子なりに質問しながら学ぶキッカケにもなります

  でもそういった時 子どもは必ずといって言いほど

  「なんで ○○さんは病気になっちゃったの?」

  「どこが痛いの?」

  ほとんどの子どもからすれば元気でいることが当たり前なんです

  でも このプリントは子ども達にマイナスを植え付けてしまう

  そんな気がしてなりません

  がんになることが当たり前と受け取ってしまったら・・・

  「生きる」ということ

  「いのち」ということ

  それは あまり考えたくない嫌な事になってしまう

  「考えたって どーせいつかはガンで死ぬんでしょ?」

  未来も希望もない・・・

  我が子から そんな投げやりな言葉を聞かされたら

  ご両親は胸を痛めて 寝られなくなりますよね

  そしてお子さんに教える事さえも怖くなってしまう

  



  3.11から2年8ヶ月が過ぎました

  とにかく日々の生活に追われていて

  考えないようにしていた もしくは気づかなかった心の傷が

  何かのキッカケで蓋が開いてしまう・・・

  その蓋が開いた事を誰も気づいてあげなければ

  その影響は心も体にも現れてきます

  その一瞬を見逃さないように行政や学校は理解して

  この配布を検討したのか??

  スクールカウンセラーがどう機能しているのか?

  どこまでPTSDに対処できているのか疑問だけが浮かんできます




  体のケアの為の資料が

  心を傷つける資料となる

  コマーシャルでは うつを治療すれば体も楽になると

  宣伝していますが・・・

  いつも心が置き去りにされる そんな世の中です

  

  

Posted at 2013年11月11日 16時39分42秒  /  コメント( 0 )

四年目を迎えて

   



   



   2010年11月6日(土)くもり

   この日からEighty-Eightの歴史が始まりました

   11月6日は私自身の誕生日であり

   私の姉の誕生日でもあります

   このオープンから私たち姉妹そしてスタッフも

   新しい輝かしい人生を送る為に

   成長の場としてスタートをきりました




   お客様にとって

   相談者にとって

   少しでも居心地のよい空間を

   少しでも元気になれる場を

   そんな願いとともに丸3年が過ぎました





   自分たち個人においても

   様々な問題を抱えながら

   時にはぶつかり合い

   時には涙し

   時には心が折れ

   時には自信をなくし

   時には限界を感じながらも

   今こうしていつも通りにお店に立っています

   姉は両親の世話をしながら介護の勉強をしています

   4年目も自分たちの成長を信じて

   少しでも皆さんに幸せのお裾わけができるように

   日々 頑張っていこうと思います

   今後とも宜しくお願いいたします

   

   
  Eighty-Eightの由来

  



   南米イグアスの滝で出会った蝶「Eighty Eight」

   羽に「88」の模様をもつ不思議な蝶

   「8」は末広がりの縁起の良い数字

   横にすると「∞」「無限大」

   出会った方

   これから出会う方

   このご縁を大切に

   そして皆さんの幸せが限りなく広がりますように・・・

   そんな想いでカウンセリングルームEighty-Eightを

   始めました


   

   

Posted at 2013年11月06日 15時35分43秒  /  コメント( 1 )

一通の手紙からの倍返し

   



   2013.10.31 秋の園遊会

   山本太郎議員が天皇陛下に差し出した

   一通の手紙から 様々な意見が飛び交っています




    星月夜☆さま 「春と修羅☆」より

     太郎さん秋の園遊会、陛下に現状を訴える!
      ☆子ども達と作業員さんを守って

     http://ameblo.jp/hoshitukiyoru7/entry-11661178969.html




   政府・マスコミ各社は山本議員のこの行為を

    政治利用だ!

    常識がない!

    議員辞職だ!

   大騒ぎしています

   彼は正しいのか?

   間違っているのか?

   それだけの議論に陥ると全体が見えなくなるし

   そこから読み取れること

   気付かなければいけないことが沢山あるというお話です





   政治を自分たちの思うように進めたい人達は

   反対意見、煙たい存在を潰そうとします

   山本議員はたった1人で選挙を戦い

   自民党が嫌がる脱原発・反TPPを掲げて当選しました

   その後もマスコミは山本議員の人間性を下げるような

   報道を続けてきました

   とくに女性有権者は 薬物・女性スキャンダル・性犯罪

   その対象者には反感を持ちます

   そこを狙って 意図的にイジメが始まるのです


   政治家としてどんなに高い志しを持っていても 

   政治の中枢は通用する場所ではありません

   すると・・・そのイジメにより孤立化してきます

   孤立するということは追い込まれるということです


   人間 追い込まれれば

   少しの可能性にもかけてみるか

   何らかのアクションを起こすでしょう

   そのアクションが一通の手紙だったと・・・





   これは何も政治の場での話だけではありません

   政治が絡むから感じにくいだけで

   社会的大問題のいじめの図式なんですよ

   皆さんが勤める会社でのリストラ・派閥

   教育現場でも教育委員会VS教師

   教師VS保護者

   ママ友

   子ども社会・・・

   すべて同じなんです




   権力・強い立場の上の人間が

   下の人間を作り出して

   思うようにコントロールする

   反抗する人間は 徹底的にいじめる

   これが縦社会の図式なんです


   政治の世界でのいじめの影響は

   その次の機関へ連鎖します

   すると社会全体に広がってきます

   会社や学校

   そして家庭にまで影響をおよぼします

   家庭へ影響すれば そのいじめは質を変え

   DVや児童虐待へ発展するケースもあります

   

   

   

   この連鎖のもっとも分かりやすいのが

   運動会系の部活式縦社会です

   先輩が指導と言いながら後輩に暴力をふるう

   その後輩も新しい1年が入学してくると

   やられたことを やり返す

   それを延々と続けていくピラミッドの図式

   上から下へ圧力をかけていく

   一番下にいたら潰れてしまいます

   そこでアクションをおこすんです

   最悪の場合は 自殺というアクションを・・・


   それが強い国VS発展途上国であれば

   暴動や最悪は戦争というシナリオへ・・・





   今回の山本議員のアクションは

   もちろん現在 賛否両論のまっただなか

   イジメに加担していた国内メディアはどうしようもないですが

   海外メディアが日本のタブーに切り込んだ議員として

   この事実を報道してくれています

   陛下、皇后様には巻き添えにして申し訳ないと思いますが

   陛下を利用したというより

   その場をうまく使ったと表現した方が良いかも?です

   そういった意味ではこれは山本流の

   やられたら やり返す!

   倍返しだ!!


   なのではないでしょうか

   この倍返しの根底は 愛です

   誰かの為に・・・の深い想いを感じます

   この一石を投じたことでの波紋を見守りたいと思います








   あなたのすぐ近くにも イジメは存在しています

   上から押さえつけられたまま

   犠牲者を見てみぬフリをしますか?

   それとも共に立ち上がって

   自分たち流の倍返しをしますか?

   内部告発は私たちにもできることなんです

   正義のチクリとでも言いましょうか

   時にチクリは大事です

   子ども社会では嫌われますが^^;

   私はいつでも応援しますし

   一緒に策略をねりますよ(笑)

   

   

 

Posted at 2013年11月03日 12時04分37秒  /  コメント( 0 )

忘れちゃったのかな?

  2020年の東京オリンピックが決まって

  湾岸エリアの開発が進んでいますね

  オリンピック会場近くの高層タワーマンションに

  熱い視線が注がれています

  通常は最上階はお値段が高いのはわかりますが

  全体的に中層階も高いらしい

  オリンピックを観る為の値段なんですかね。。



  ここにきて値下がっていた浦安エリアも

  値が回復傾向にあるらしい

  浦安といえば・・・



   


   


   


  3.11東日本大震災の時に

  液状化現象でライフラインが長期にわたってストップしたのは

  みなさんご存知ですよね?

  それによって 浦安を離れる人も増え

  ディズニーランドの大人気エリアの地下は一気に値を下げました

  でもいま再び 値を戻す気配が・・・

  あれから まだ3年経たずに。。



   


  今はアメリカに住んでいる友人が

  豊洲の高層マンションに住んでいました

  窓からはレインボーブリッジが見えて

  とてもキレイな眺めでした

  


  でも・・・やはり3.11の時

  高層ビル特有の大きく長〜い揺れ

  その揺れによって

  船酔いしている感じが治らない

  そのストレスから体調を崩した方が多くいました




  もちろん日本のような地震の多い国で

  どこに住もうがリスクはあるわけで・・・

  心配してばかりじゃ生活にならないと

  切り替えるのもあるだろう




  でも・・・まだ3年経ってないんだよね

  復興もまだまだで・・・

  福島の関しては手つかずといっても過言ではない

  なのに「TOKYO 2020!」の歓喜から

  あの怖かったことも何事もなかったかのよう

  前を見て進んでいく事は大事だけど

  なんか両極端だなって思う

  この両極端は今後ますます酷くなるだろう




  そして今日も高層タワーモデルルームの見学者が

  「キレイ〜!眺めいいね〜!!」と

  契約をすすめていくんだろうな。。

  3年前にアメリカ行きを考えるように忠告したけど

  豊洲のマンションを売って投資ビザでアメリカ行きを

  決めた友人夫婦

  よりによって何故にアメリカ!

  せめてハワイにと言っても今なおロスにいる

  それも人生か・・・

  私ごときが ゴチャゴチャ言ってもしゃーない

  それも人生っつーもんか・・・



  
  
  

Posted at 2013年10月31日 16時55分20秒  /  コメント( 0 )

前へ |  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  | 次へ