メインメニュー
2013-04-26

今日の大仕事

 さてさて 今夜は満月です

 今日は朝から慌ただしい一日です

 

 母の介護や父の面倒を見てくれている姉が娘と一緒に

 実家に引っ越してきます

 朝一番で ネコの小春を連れてきたそうなんですが・・・

 これがまた一大事でして・・・

 小春はキャリーバッグに入れることもできない

 超恐がり・凶暴で ワクチン通院も断念したような子なんです

 (いつもは甘ったれの 可愛い子なんですけどね!)

 以前 キャリーバッグに入れたら暴れて壊されてしまいました

 引っ越しの気配を感じて 数日前から「フーッ!!!」と

 威嚇しまくっていたそうでして。。

 姉は40分 格闘して何とか無事に連れて行ったそうです

 で 逃げ出さないよう
 
 奥の部屋に閉じ込めたと。。

 小春 今日は頑張れして静かに耐えてちょーだいね!!(笑)



 で 私は午前9:30に父の前立腺ガンの検査結果を

 聞きに行く日でもあります

 普段の通院は 姉が付き添いますが

 今日は引っ越しもあるし

 内容的にしっかり聞かないといけない日は私が担当します

 病状をドクターから聞く時って

 本人はもちろん緊張しますよね。。

 でも以外と 家族の方が緊張して

 結果を聞いたけど さっぱり理解できずに帰ってきて

 他の家族に報告できないという場面がよくあるんですよ

 聞いたけど分かんないと・・・

 分からないまま 質問もしないで帰ってくるケースもあります

 まぁ 一方的に医学用語を並べまくってくるドクターもいますし

 5〜10分で患者をチャッチャと診なければならないわけで

 その場に余裕がないから ご家族だって聞きはぐっても当然ですが・・・

 その点 私はしつこく粘って聞きます!

 時折 素人らしからぬ質問をすると「医療関係者ですか?」と

 聞かれる事もありますが 大事な家族のことですから

 責任もって把握するのは当たり前の義務なんで動じません

 かりにカウンセリングで病院の付き添いをするならドクターに遠慮は

 できませんので・・・不親切な対応には ご家族が困らないように

 私がハッキリと質問しないとなりませんしね



 父を迎えに行き 車を走らせ 

 ラッキー車「8888」ナンバーを見て

 混雑する駐車場で すんなり車を停めて

 待たされる事なく 診察室に呼ばれ・・・

 ここまで 流れはとても良い

 そして結果は 4ヶ月のホルモン治療で腫瘍マーカーは

 40から0,23まで下がりました

 腎臓・肝臓・その他 異常所見はなく

 6月に画像検査の予約をいれてもらい

 ドクターも「薬がすごく効いてるね〜!検査が楽しみだね!!」と言われました

 父もホッとした表情です




 最近のブログでの記事は こういった家族の内容が多いのですが

 あえて 私個人的な問題を お話しするのは訳があります



 私はカウンセリングをしていますが パワーストーンなども取り扱っているので

 占い的な もしくはスピリチュアルリーディング的なものを

 求めてくる方もおります

 実際は その方その方により お話は様々ですが

 体調の状態をリーディングして 気功のように「氣」を

 直接いれる場合もありますし

 その方を お守りしている仏様からのメッセージを伝える場合もあります

 でも一番大事な事は 今をどう生きるか?なんだと思うんですね

 そうなると現実的な対処方法を お伝えしないと生活にならないんです

 「感謝」や「愛」「氣付き」は もちろん大切なことですが

 この社会で現実に生きる術・解決方法を伝えないと苦しくなります

 私が自身で乗り越えてきた事は 現実の生きた言葉であり

 ノウハウにもなると確信しています

 以前に 膠原病と向き合ってきた数年の話をブログにしましたが

 家族の問題は 少し抵抗がありました

 でも自分の目の前に起きた事は 社会の縮図でもあるので

 どう立ち向かってきたかを伝えるのは 今同じ悩みを持った方の

 サポートになると思うんです



 現実としっかり向き合って行くと 自然とトラウマが浮き上がってきます

 ただ単に トラウマからの心の傷をほじくり出すのではなく

 少しずつでもいいから自分らしく強く生きながら 

 実生活の中で克服していくことが大事だと思っています



 Eighty-Eight(カウンセリングルーム)のHPには

 「生き抜く力を養う為に・・・」という文字があります

 お店をオープンして 4ヶ月後に震災だったので

 イグアスの滝の画像と その言葉も一旦下げようかと悩んだ日もありました

 でも 私が伝えたい全てが その言葉にはあるので今もそのままです

 若い女性向きに もっと優しいお洒落な言葉の方がウケがいいかも

 しれませんが変えられませんでした




 相談者の方は私の見た目のチャラっとさと 話す内容のギャップに

 驚かれる事もありますが・・・

 それも私なので ご了解いただきたい(笑)

 しばらく個人的内容の記事が多いとおもいますが

 よろしかったらご覧になって下さい

 でも間に ハーフタイムで風助ネタはさみますのでご安心を・・・

 


 過去ブログ・・・「氣」で生かされた私の話 その1 リウマチ
          
         「氣」で生かされた私の話 その2 リウマチ

         「氣」で生かされた私の話 その3 敏感体質

         「氣」で生かされた私の話 その4 甲状腺

         「氣」で生かされた私の話 その5 師匠との出会い

         「氣」で生かされた私の話 その6 氣の病
         
         「氣」で生かされた私の話 その7 氣の病

         「氣」で生かされた私に話 その8 氣の病

         「氣」で生かされた私に話 その9 氣の病

         「氣」で生かされた私の話 その10 氣の病

 

Posted at 2013年04月26日 16時21分11秒  /  コメント( 0 )