メインメニュー
2013-04-21

母とのこと・・・精神...

  私が 母の異変に気付くのに さほど時間はかかりませんでした
  その頃 私は仕事で実家を離れていましたが 週に二日は実家へ戻っていました
  母が心配なのと 父の様子を見張る為でもあります
  夜 母と2人で晩酌をしていると そろそろ寝る時間だからと
  ハルシオンを飲みます
  お酒と一緒には飲んだらダメだよ!と言っても
  「そうなの?でも大丈夫・・・」と聞く耳持たずです
  で 家に帰る度に どんどんスーツやワンピースなどが増えています
  「これ いいでしょ〜!」そう見せつつも 着ません
  ただのタンスの肥が増えていくだけでした

  そのうち毎日 夜になると電話がかかってくるようになりました
  だいたい10時前後です
  私の仕事が終わって夕食をすませたのを見計らうように・・・
  そしてハルシオンとお酒で高揚し 誰かと話したい衝動を抑えきれず
  毎晩 毎晩 1時間 2時間と一方的に話します
  話の内容は ほぼパチンコの話です
  あの機械がこーであーで いくら勝ってどーだこーだと・・・
  よく分からない話を延々と・・・
  「ママ お薬飲んでるの?」と聞くと
  「よく眠れるからね〜」「大丈夫だから じゃ〜ね・・・」
  今度は 電話を一方的に切られます


  私にとって 薬を飲んでお酒も飲んで レロレロになっている母を
  見るのは あまりに堪え難い苦痛でした
  何故なら 友人が心の悩みから薬物に手を出し 死んでしまったからです
  ひとりは中学生の時 友人の彼がシンナーで嘔吐し窒息死しました
  もうひとりは ドラッグでハイになり飛び降り自殺しました
  20歳の頃から よく遊びに行ってたクラブで知り合った連中は
  ジャンキーが多く マリファナやドラッグでヘロヘロな奴らが多かったです
  数年間のうち 数人が自殺や病死しました
  警察に捕まった人間もいます

  私自身では その当時つき合っていた彼が やはりマリファナ好きで
  彼の身勝手さから私は 鬱状態になりました
  初めて精神科へいき 泣きながら症状を話し
  4種類の向精神薬やら睡眠剤やら処方され・・・
  薬を飲み始めた2日目に 友人が誘ってくれて食事に行き
  ついビールを飲み始めると・・・私はただのヘロヘロ連中と何ら
  変わらない状態になっていました
  次の日 彼に呼び出され会いに行くと その薬をくれと言われ
  私は 手首を切って自殺しようとしました・・・
  まったく切れないカミソリで 何度やっても切れないカミソリで・・・
  でも 血を見たら何かすべてバカらしくなり 薬を男に叩き付け別れました


  以来 私にとって薬物はにっくき敵のような存在で・・・
  ヤミで買おうが 医師の処方のもとであろうが許せなかったんです
  そう考えていた私が最愛の母の その姿を見て
  何とか止めさせよう 止めさせないとボロボロになってしまう
  どうにかして母を助けないと!!そう覚悟を決めたのでした


                母とのこと・・・精神安定剤について-3 に続く
  
  
   


  

Posted at 2013年04月21日 23時50分24秒  /  コメント( 0 )