メインメニュー

興奮と依存って怖いんだよ。。

   一時期 ヒッソリしていた占いの館系が

   ここ最近 賑わいを取り戻しているらしい

   うちは占いとは違うので静かだ(笑)



   まったく効果のないアベノミクスで

   一部の大手企業以外は四苦八苦

   リストラ策に頭抱える企業も多い

   不景気どん底ではあるが 高級品は売れている

   そして占い屋でも 万札が飛び交っている

   何故 占いなのか??





   もともと日本人は占い好き

   おみくじも大好き

   何か良い事あると言われれば嬉しいにきまってる

   逆に悪い事言われれば運気のせいにもできる

   今も未来も ただ答えとして求めている

   これはネットで情報を得ようとする感覚に近いかもしれない

   自分自身が努力せずに変わろうとせずに成長を無視して 

   良くなる!という暗示を買いにいくようだ

   そして人々は「当ってる!」と興奮する

   本来 当っていると分かるなら何を聞きたかったんだろう?

   その興奮は 一時的なアドレナリンを出すので

   一瞬は元気になり やる気も起こるだろう

   でも 一時しのぎでしかない

   その繰り返しによって 「占い依存症」が出来上がる

   まったく自分で考える事を放棄して

   「どうですか〜?」「なんなんですか〜?」

   「どうすれば いいですか〜?」

   日本においてカウンセリングが根付かないのは

   そういった性質があると考えている





   2012年までは 空前のスピリチュアル・ブームで

   とくに女性は虜になった

   たくさんのヒーラーがこぞって日本を金稼ぎのターゲットにして

   自国では名もなきヒーラー擬きがセミナーで荒稼ぎをしていったが

   アセンション・ブームも去りつつあり今は静かだ

   いったいどれだけの人達が 

   「あなたもスピリチュアル・マスターになれる」

   という詐欺言葉を信用して大金をつぎ込んだのか?

   また そのお金を少しでも取り戻そうと

   まるでねずみ講のようにセミナーが次から次へと広まった

   私も「氣を教えるセミナーをやってほしい」と言われましたが

   テキストや術ではないので

   「自分自身の問題解決のカウンセリングの中で 

   氣の動きを体感していって下さい

   頭で理解したことは 如何様にも自己変換がおこなわれます

   でも 実際に体感した事は忘れることがありませんし

   成長して自立していくなかで 

   おのずと次の課題もでてきます

   だから継続がひつようなんですよ!」

   そうお伝えすると

   たいがいは それっきりです(笑)

   面倒臭くなっちゃったんですね!
   
   スピ系が集まるイベントに二度ほど出店したことがあるけれど

   やっぱりそこは興奮の場所だった

   癒しとはほど遠い興奮のイベント

   本当は癒しでは物足りなく

   そのさきにある「安心感」「安堵感」が重要なんだけど

   主催者側も出店側も分かっちゃいない

   リーディングとうたいながらタロットひいてたり

   何を読むとしているのか??わからない出展者もいた

   その欲望と興奮渦巻く「場の氣」が荒れた場所で

   ヒーリングと称して施術したりする

   ホルモンまで影響がでなければいいな・・・と

   心配になってしまった

   「光」「宇宙」「創造主」「叡智」「知恵」・・・

   どこにいっても同じような単語を並べられて

   日々の現実感がまったくない世界

   まるで今という時間が抜けて穴が空いているように見える

   追求すればするほど 待っているのは「混乱」

   「混乱」によって自分自身の次なる混乱に繋がってしまう

   う〜ん 何だか分かんない・・・

   そう気付いた人々が 今また占いに戻ってきているようだ






   ただここで問題なのは どこへ流れても

   その興奮からの依存には変わらないということ

   スピ系の流れからも

   ホリスティックや東洋医学まがいからも

   小さな宗教が広まりつつある

   宗教臭さを消しながら

   気付いた時は 囲いの中に自ら入る事になる

   さっきまで自己の解放、光とともに解き放つと言っていたのに・・・

   自立とは延々無縁の 依存まっしぐらの道へと進む





   もともと スピリチュアルや占いにのめり込んだ方は

   既存の宗教・新興宗教とは別を求めた方々だと思います

   でも今こうして ぐるり回って罠にはまるという

   そういったトラップが増えていることを知って下さい

   そうすると「じゃーどうすればいいんですか〜?」

   もし私に質問するならば

   いつでも どんな場合も 私は同じく答えます

   「全ては自分自身のあり方です。

   一緒に考えましょう。そして気付きましょう。」
と・・・





   見たくない病。。

   考えない病。。

   何でも人や何かのせいにする病。。

   それは五感が働かなくなる オソロしい病気なんです


   

   

   

Posted at 2013年10月29日 00時05分36秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*