メインメニュー

マイケルの自己免疫疾患

   



   




   今日は マイケルの病気についてお話しします

   何故 今頃?そんな話しを??ではないんです

   現在進行中の日本人の病が そこにあり

   さらに そこでもマスコミ報道のトリックがあるのです

   詳しくはwikipediaをご参照ください


   

   日本では散々 肌を漂白したなどのマイケル変人報道が続いていました

   彼は黒人としての自分を捨てたとか

   魂を売ったとか

   どんどん整形して 肌まで変えたなど・・・

   彼の皮膚病変

   あまりに今現在の日本でタイムリーな病気です

   自己免疫疾患である「尋常性白斑」

   そうです カネボウの美白化粧品による副作用とされている。。

   日本国内での 今現在の状況は

   カネボウ化粧品を使っていない人にも 白斑が出ています

   いったいどういうことでしょうか??

   マスコミはカネボウによる被害という形でのみの

   報道しかしません

   マイケルに対しての報道と同じく肝心なことは伝えていません

   不思議なことが起きています・・・

   この件を 化粧品によるアレルギーや副作用だと済ませず

   被害状況をさらに追っていかなければなりません

   使ってなくて良かった〜という問題ではなさそうです

   また すでに白斑に悩まされている方々への

   いじめ・差別などはもってのほかです!

   第二のマイケルのような精神的被害者を出さないよう

   一般社会への理解を求めます


   
 
   以前「ザ・世界仰天ニュース」で放送された

     《Michael Jackson と同じ尋常性白斑症と闘う少女》




   
   またマイケルを襲った病は白斑だけでなく

   膠原病の代表的疾患「全身性エリテマトーデス(SLE)」とも言われてます

   私自身も 長い間悩まされ続けた病です

   皮膚科担当医が紅斑性狼瘡(ループス)だったと認めています

   アメリカの友人も マイケルの病気はループスだと

   そもそも 膠原病は一つの病気が単体でおこるというより

   いくつかの膠原病が重複していたり 境界線が難しかったりします

   判断材料になるのが 皮膚病変でもあるくらい

   さまざまな皮膚病変をおこすのです

   マイケルは膠原病による「紫外線アレルギー」の為

   日傘をさしたり マスクをしていました

   とくにSLEは紫外線アレルギーがあり

   少しの紫外線でも 真っ赤っかになったりしますし

   その誘因で 内臓に炎症がでることも多く危険です

   私も関節痛と皮膚病変には かなり悩まされました

   今は 当店の「氣スキンケアシリーズ」でバッチリです

   悩み続けた私が自信を持って お勧めできる商品です

   さてここで 最近になって急に報道が増えた

   「紫外線アレルギー」という言葉

   日傘男子なども現れていますが・・・

   実際 この2年で自己免疫疾患の患者数は増えています

   SLE患者数も増えています

   なぜ自分の体を攻撃する免疫異常が多くなっているのか

   その点は マスコミは報道しません

   そして 誘因である一般的な「紫外線アレルギー」だけ報じます

   ここにも 報道のトリックを感じますね




   今は亡きマイケルの身に起こっていたことが

   この日本で勢いをつけて 暴れ出そうとしています


   私達は 表の情報に振り回されることなく

   自分たちで自分たちの身を守らなければならないようです

   私自身も 悩み続けたこの病気からの身の守り方を

   悩める皆さんとともに闘う時がきたと考えています

   私でよければ いつでも ご相談ください

   




     明日は放射能と免疫バランスについて お話しします

   

  
   マイケルのたくさんの愛を私達が広げよう


     「You Are Not Alone:追悼」Michael Jackson
   


   

Posted at 2013年08月22日 11時51分46秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*