メインメニュー

ネコの風助 ブラジルデモを語る-2

風助が勝手気ままに2013を語る!!!
政治、経済、何でもござれ!!

 注)あくまで2歳のネコの発言ですので、その点はご理解ください




   



   お母さーん・・・

   お父さん サルバドールに着いたって

   でも ホテルの前がデモコースらしいよ

   お父さん 大丈夫か ボク心配だよ

   


   ボクがこんなに心配しているのに

   こんな写真 メールしてくるんだよ!!



   



   ネイマールより 8万人の観衆に 写真を撮られた男だって

   これがアスレタ社員だなんて 困ったもんだ

   あっ!!! これ ボクのお父さんじゃないからね!!!



   ところで お母さん

   このデモ いったいどーなっちゃうの??




   

   そうね 風ちゃん

   もともとブラジルは ごくわずかな白人層が豊かで

   ほとんどの国民には 中流意識はないのね

   日本人って だいたい皆 平均って思ってるでしょ

   でもブラジルは 貧富の差が とても激しくて

   2〜3%の富裕層が この国を動かしているといっても

   おかしくなかったの・・・


   街のど真ん中に 大きな電光掲示板があって

   いつも数字が増えたり減ったり・・・

   カジノのオンラインゲームみたいにね

   なんなのかな〜って ブラジル人の友達に聞いたら

   「あー ルーラ(前大統領)のお小遣い帳だよ!」って

   よくよく聞いたら 今どのくらいの税金が国にあるかを

   お知らせする為のものなんだって



   国民は いくら税金を払っても

   自分たちが 良くなる為に使ってもらえないのを分かってるから

   「大統領のお小遣い帳」って皮肉ったんだね

   ブラジルの根深い問題は 

   政府や警察と ギャングとの癒着など

   さまざまな背景があるんだ

   数年前に リオの大きなギャング組織を一斉排除する抗争があって 

   少し静かになったようだけど・・・

   たんに 地下組織化しただけかもしれないしね。。



   
   いままでは 何を言っても無駄だよって

   諦めていた国民が

   特に 若い人達が これからの自分たちの生活の為に

   声を上げ始めたんだよ!!

   税金払ってるんだから もっと国民の為に使えーっ!!って

   これって 当たり前のことだよね

   日本人は 国に言われるがまま

   仕方ないんじゃない・・・と 

   吟味するまえに諦める無関心な国民になってる

   お母さんは 思うんだよね

   消えた年金どーなっちゃったの?

   復興の為の寄付金 どこにいっちゃったの?
   
   尖閣諸島の寄付金 どこいっちゃったの?

   消費税やら何やら 税金上がっていっちゃうよ!

   でも 生活はなーんにも変わってないよ!!

   本当にいま 自分たちの為に考えて行動しなきゃいけないのは

   日本人も 同じだってことに気がつかないとね!!




   



   この人達には 任せておけんっ!!

   もっともっと ボク お勉強するね!!!




   



   「ボクが日本を取り戻すっ!!!」
   


   

   

   

   

   

Posted at 2013年06月22日 13時44分44秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*