メインメニュー

「氣」で生かされた私の話 その7

  1年ぶりの師匠のお声と あまりに辛かった日々で いきなり涙がでそうでした

  私からの留守電を聞いて ある現象が起きていると確信して
  遠隔でリーディングしたところ これは緊急性のあるご相談ということで
  急遽 枠を取って下さったそうです
  その説明を聞いていても私自身は何が起きているのかは さっぱり分かりません

  師匠は すぐに私の身体の状況を次々と質問してきました
  自分でも意識していない症状も聞かれて
   1, 微熱があるか?・・・YES
   2, 吐き気はあるか?・・・YES
   3, 下痢はしているか?・・・YES
   4, 湿疹はでてるか?・・・YES
   5, 寝汗をかくか?・・・YES
   6, 顔の筋肉が垂れ下がっているか?・・・YES
   7, 寝れているか?・・・NO
   8, 眼などに出血があるか?・・・YES
   9, 肌が乾燥してきているか?・・・YES
   10, 体重は減っているか?・・・YES
   11, 髪の毛が痛んでいるか?・・・YES・・・・・etc

  また身体以外のことに対しても
   1, 金銭が流れているか?
   2, いくら位 流れたか?
   3, 「会う」と「メール」どちらを求めたか?
   4, 会わないのとメールをしないのと どちらが苦しくなったか?

  また 寝汗はどんな場所にかくか?など具体的で
  とくに寝汗に関しては 足のスネとか皮膚の硬いところや骨に近い場所に
  出ていたので 改めて異常な症状だと自分自身も気付いていくのです
  また眼の出血に関しても 白目のところに毛細血管より太い血管が
  切れていて 真っ赤な線のようになっていることなど・・・
  (この眼の血管は後遺症のように 今も右目は完治していません)
  どんどん照らし合わせをしていくと 何かの病気のような典型例みたいなことに
  なっているんだと理解していきます
  で やはりメールのことを質問され「そう!メールの文字なんです!」と
  あ〜 やっぱり師匠は分かってくれているんだ!!と安心しました
  
  さて・・・で この状況はいったい何なのか?ということなんです・・・
  師匠は 「これは氣の病というのよ。」と言いました
  医学書でも シンガポールの先生からも 龍先生からも 尼さんからも
  聞いた事がない不思議な病名・・・
  「病」って・・・「病」なのか・・・「病」・・・

  一般的に霊能者の方がみたら あなたは生霊に憑依されているので
  除霊しましょう・・・となったのかもしれない
  でも師匠は「相手の氣を入れてしまった」という言い方でした
  確かに初めて会った瞬間に ピタっ!と入り込んだ感じ・・・
  でも 相手も私を呪ってやろうとか 
  おまえにも苦しみを思い知らせてやるなどの
  意図的な感情はなかったはずで・・・
  でも自分以外の氣が 自分の身体の中に存在しているってこと・・・
  これは みなさんにとって分かりづらい言葉かもしれません
  いわゆる相手の「想念」が入ってしまったのです
  もしその周りの亡くなっている方の氣が入り込んでいたならば 
  「怨念」に取り憑かれた状態です
  

  この病は 一度鑑定を受けて はい!治りました!というものでは
  ないらしく しばらく経過を見ながらの治療となりました
  ただ師匠曰く「この病で 死にたいという感情が出てくるケースがあるのよ」
  と言われ 私自身そういった事はなかったのですが
  正直とんでもないことが起こっているんだ・・・と思いました
  またどうしても眠れなかったり 不安感がひどい時は心療内科で薬を処方して
  もらうこともあると・・・
  まずは その方と携帯等の一切の連絡を断ち切ることが最大の難関なのよ・・・
  かなり辛いけれど 一緒に頑張れる?と聞かれました
  私は師匠のもと 自力で戦う決意をしました
  簡単に考えていたわけではないけど 薬無しで いけそうな気がしたんです
  というより この現実をハッキリと自覚しながら戦いたいと思ったのです

  他の方が このような問題の解決方法として
   1, 心療内科へ行き 薬で治そうとする
   2, 宗教に入り 災いを取り去ってもらおうとする
   3, 高額の開運商品を買って 簡単に終わるはずと信じ込む
  などがありますが 世の中でも問題点として指摘されており
  お薬の影響で仕事につけなくなった方 
  宗教に入信して家族とトラブルになった方
  何度も高額商品を買わされお金がなくなった方など
  現在そのような選択をしなかった私は そのご相談を受けています
  
  昔からいつも私は何か苦しい場面の時など
  何で普通の人が簡単に経験しない事が 私には次々おこるんだろう??
  でも これって経験しなさい!って言われているのかな??
  だったら やってやろうじゃない!!
  冗談じゃない!!ぜったい乗り越えてみせる!!このやろ〜っ!!!
  と ムカつきながらも立ち向かう暴走族のような癖があります(笑)
  そう 私の原動力は「怒り」なんですよね

  そして何かあったら すぐに留守電を入れるよう指示を頂き鑑定を終え
  その晩 久しぶりにぐっすり眠りにつくことができました

  しかし そこからが本当の苦しみとの戦いだったのです


                           つづく


  

  
  

  


 
  

Posted at 2012年10月27日 12時25分44秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*