桑の葉で健康に、桑茶・桑美石鹸など桑の葉を使った商品から健康の為の商品を扱っております。
メインメニュー
桑レシピ

かぼちゃとあずきの煮物

今年も年末を迎えました。
振り返ると、1年はあっという間だったなあ〜という感じがします。
歳のせいかもしれませんが、時が過ぎるのは早いものです。


さて、今年も最後となりまして、もう冬至は過ぎてしまったのですが、冬にピッタリのおやつレシピを紹介します(^^)/

「かぼちゃとあずきの煮物」



材料(4人分)
・かぼちゃ  1/4個
・ゆであずき(甘くないもの)  大さじ4
・水  約1.5カップ
・醤油   大さじ1
・桑茶   1パック
・砂糖   大さじ4
※甘いあずきを使うときは、甘さを調節してくださいね。


作り方
 ,ぼちゃは一口大に切り、面取りします。
◆,ぼちゃをひたひたの水を鍋に入れ、煮立ったところにあずき、醤油、砂糖、桑茶(Tパックの封を開けて)を入れます。
 弱火でコトコト水分が少なくなるまで煮たら出来上がり。


>かぼちゃはビタミンEやβ-カロテン、ビタミンCが豊富。
ビタミンEは血行を良くしますので、体が温まりますよ。


今年は暖冬ですので、いつもに比べれば過ごしやすい冬になりそうですが、それでも冬は寒いもの。体調管理に気をつけて、元気にお過ごしください!

ではまた来年(^o^)/~~


げんき堂のホームページはこちら

Posted at 2015年12月28日 19時05分26秒  /  コメント( 0 )

鶏肉の桑茶マリネ

秋風が気持ち良くなってきた今日このごろ、皆様いかがお過ごしでしょうか?

風邪も引きやすくなりますし、インフルエンザも流行する時期ですので、対策には十分気をつけてくださいませ。


…とは言うものの、実はブログ担当者も風邪気味なのです(!)
もともとアレルギー性鼻炎持ちなもので、くしゃみや鼻水が非常に多く出る季節(季節性というわけでもないかもしれないが…)ですが、そこに風邪が絡んでくると大変なことになります。
月のはじめに風邪のような症状が出たので、病院に行ったら、「細菌感染」と診断されました(汗)
「細菌」と「ウイルス」は別物なので、似たような症状でも対処の方法は違うみたいですね。いわゆる「風邪」ではなかったので、結局抗生物質をもらって少し休んだら、喉にいた細菌は綺麗サッパリいなくなりましたが。。
油断していると何が襲ってくるのかわからないので注意が必要です。



さて、今日も風邪とは全く関係なく、「桑レシピ」の紹介となります〜(^o^)/

題して「鶏肉の桑茶マリネ」




・材料(4人分)

鶏胸肉(もも肉でも良い)2枚

【A】 
しょうゆ 大さじ1と1/2
酒 大さじ2
塩 適量
桑茶 1パック
しょうがすりおろし 1かけ分
片栗粉 大さじ2
油 適量
ピーマン 4個
人参 1/3本
玉ねぎ中 1個
にんにく 3かけ

【B】 
酢 大さじ4
しょうゆ 大さじ2
砂糖 大さじ2
塩こしょう 適量



・作り方

鶏肉は一口大に切り、【A】で下味をつけておきます。
ピーマンと人参は千切りし、玉ねぎは薄切りにして水にさらします。
切った野菜は【B】につけておきましょう。
下味をつけておいた鶏肉に片栗粉をまぶし、多めの油を敷いたフライパンでスライスしたにんにくと一緒に表裏をこんがりと焼きます。
い鬮の野菜に熱いうちにいれて味をしみこませて出来上がり!



★玉ねぎに含まれる辛み成分である硫化プロピルは糖質の代謝を促進して血糖値を下げる働きがあると言われています。加熱すると失われるので生のまま食べるといいですね。


以上、桑レシピ「鶏肉の桑茶マリネ」でした〜


げんき堂のホームページはこちら

Posted at 2015年11月17日 16時35分03秒  /  コメント( 0 )

桑茶入りヨーグルト

最近、眠りが浅いブログ主です(´Д`;)

朝晩急に冷え込んできたせいでしょうか?夜中によく目が覚めます。

そしてあろうことか、寝言も言っているらしいです(!)

さらに驚くべきことに、急に笑い出すらしいです(!!)
恐ろしや。。

他人の寝言を聞いて面白がるのは好きですが、自分が呟いているのは、これはもうショックというほかありません。

誰がどこで聞いて話のネタにしているかわかりませんので、皆さんも寝言には気をつけましょうね(^o^)/



さてさて本題に入りまして、寝言とは何の関係もなく、桑レシピをご紹介いたします。

本日のメニューは、、


「桑入りヨーグルト」です!



<材料  4人分>

・牛乳        150cc
・プレーンヨーグルト 250g
・砂糖        大さじ3
・粉ゼラチン     大さじ1.5
・桑茶        小さじ2



<作り方>

ボウルにお湯大さじ3杯を入れて粉ゼラチンを溶かし、砂糖を混ぜる。
,法⊃揚にあたためた牛乳を混ぜ、さらにヨーグルトを加えてよく混ぜる。
桑茶を入れて混ぜ、適当な大きさの器に4分の1量ずつ入れる。
あら熱がとれたら冷蔵庫に入れて冷やす。数時間後には出来上がり


★桑茶は茶葉でも顆粒でも構いませんが、茶葉の場合は粗いと食感が気になるかもしれません。細かく刻んだりミルで挽いたりするといいかもしれませんね!

以上、本日の桑レシピでした☆

Posted at 2015年09月23日 18時22分58秒  /  コメント( 0 )

桑茶衣の天ぷら風

暑さもひと段落して、気持ちの良い季節になりましたね。
朝晩は急激に寒くなりますので、皆様も体調管理には十分にお気を付け下さいませ。


さて、桑茶を使った桑レシピですが、今回は「桑茶衣の天ぷら風」です♪
衣に桑を混ぜて、揚げるのではなく焼いて作ります。




げんき堂社員も試食してみましたが、野菜のうまみと桑の風味が効いていて美味しく仕上がっていました♪


<材料 4人分>

・ナス 1本
・ズッキーニ 1/2本
・ニンジン 1/2本
・豚肉 200g 
・塩コショウ
・サラダ油  

(衣)
・小麦粉   大さじ3
・卵        1個
・水      80cc
・桑茶(ティーバッグ)
        2袋  
(つけ汁)
・酢     大さじ2
・醤油    大さじ2


<作り方>
ボウルに衣の材料を混ぜ合わせます。
ナスとズッキーニは輪切り、ニンジンは千切りにし、豚肉は適当な大きさに切って、軽く塩コショウしておきます。
,琉瓩豊△虜猯舛鬚らめて、少し多めの油をひいたフライパンで、表裏を返しながら焼きます。
つけ汁を作り、つけながらいただきます。



今回使った野菜のほかにも、ピーマンやカボチャ、サツマイモなど、普通の天ぷらに使う野菜を焼いてもかまいません。

また、つけ汁にはお好みで粉とうがらしや、すりおろしにんにくを加えてもおいしいですよ!



以上、今日の桑レシピでした☆

Posted at 2015年09月20日 16時33分00秒  /  コメント( 0 )

桑茶パン

皆様、こんにちは(^o^)/
梅雨の時期、いかがお過ごしでしょうか?


さて、今日は久々に「桑レシピ」やっていこうと思います!
今日のレシピは、自宅でできる「桑茶パン」です。


材料は12〜15人分で計算

・牛乳 350ml
・桑茶(ティーバッグ3個または顆粒小さじ3)            
・ドライイースト 適量
・砂糖 大さじ3
・卵 中1個
・塩 大さじ1
・強力粉 5カップ
・オリーブオイル 大さじ4
・打ち粉(強力粉) 適量
・好みでとろけるチーズ


人肌程度に温めた牛乳(40℃以下。40℃以上にするとイースト菌が死んでしまいます。)とドライイースト、砂糖、卵、塩をボールに入れ、さらに強力粉を入れ、木しゃもじで混ぜます。
ある程度生地がまとまったら打ち粉(強力粉)をしながら手で生地をこねます。手にくっつかないようになるまで打ち粉を加えながらこねていきます。
耳たぶくらいの固さになったらここにオリーブオイル(もしくは溶かしたバター・マーガリン)を加え、さらに手でこねます。
生地にオリーブオイルがなじんで弾力のある生地になってきます。ここで生地を3分の1だけ別のボウルにとりわけ、この3分の1の生地には桑茶を練りこみます。
それぞれのボウルにラップをかけ、約30℃くらいの場所で、約1時間半発酵させます(気長に待ってください。夏場でしたらそのままで発酵します)。




約2倍に膨れ上がった2種類の生地を使って、お好みの形に手で形成します(粘土細工のように手軽に作れますので、子どもたちも喜んで作ってくれます)。今回はパンダとウサギを作ってみました。好みでチーズを包んだり、上にふりかけてもおいしいです。



オーブンシートの上に形成したパンを乗せ、約200℃のオーブンで10分〜15分焼いたら出来上がりです。


美味しそう♪

今回のレシピは、甘さを控え、ちょっと塩味を効かせた仕上がりになっています。お好みでレーズンを加えたり、チョコチップを加えてもおいしくできます。焼きたてのパンは桑茶の香りもプラスしてたまらないおいしさですよ!

雨の日が多い6月、たまには自宅で手作りのパンを作ってみてはいかがでしょうか?

Posted at 2015年06月19日 19時15分33秒  /  コメント( 0 )

菜の花とアスパラガスの桑ナムル

風の気持ち良い季節になりました。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

ブログの更新が滞っていましたが、徐々に書き込んでいこうと思っています。


まずは、桑レシピ! いきます☆

【菜の花とアスパラガスの桑ナムル】



<材料 4人分>
・菜の花 1束
・グリーンアスパラガス 1束
・人参(彩り用)適量
・桑茶 1パック
・純正ごま油 大さじ2
・すりごま白 大さじ2
・塩 小さじ2/3
・おろししょうが 少々


菜の花はさっとゆでてザルに広げて冷ましてから3cm〜4cm長さに切る。
アスパラガスは根元のかたい部分を1cmほど切り、はかまを包丁でそぐように取り除いてから3cm〜4cm長さに切り、塩少々を加えた熱湯でゆで、冷水にとって水気を拭く。
人参もゆでて、3cm〜4cmの細切りにする。
ボウルに☆を混ぜ合わせ、 ↓△鬚△─⊃融欧鬚修┐
できあがり♪


<ひとことメモ>
菜の花もアスパラガスも春の野菜(旬 の野菜!)ですね。食卓に並ぶ機会の少ない(と言っては失礼かもしれないが)菜の花にはビタミンやミネラルなどがバランスよく含まれています。特にビタミンCはブロッコリーやキャベツにも引けを取りませんし、カルシウムも豊富で100gあたり150售泙泙譴討い泙后幣松菜と同程度!)。さらに鉄分も豊富です。

アスパラガスはその名の通り、アミノ酸の一種であるアスパラギン酸を多く含む野菜です(アスパラギンはアスパラガスの中から発見された)。栄養ドリンクにも入っていることからわかるように、これは疲労回復に良いそうです。また、葉酸や鉄分、コバルトも含んでいるため、貧血の方にもおすすめです。つまり老若男女を問わず喜ばれる食材!?

ちなみに人参やゴマ、そして桑(実はこれがメインだったりする・笑)も大変栄養豊富ですよ!急に暑くなる季節ですので、夏に向けて体調を整える意味でも、バランスの良い食事を心がけましょう♪


以上、ブログ担当佐藤でした☆

Posted at 2014年05月21日 20時18分45秒  /  コメント( 0 )

桑とブルーベリーのコラボレーションレアチーズケーキ

どうも御無沙汰しておりますm(_ _)m
1月も半ばということで、この冬もようやく折り返し地点まできたというところでしょうか?
今日は久々に桑レシピでいってみようと思います♪


題して、、

桑とブルーベリーのコラボレーションレアチーズケーキ!!

なぜこの季節にケーキなんだ!?というツッコミは受け付けておりませんm(_ _)m

今回はなんと!「桑」だけではありません!
げんき堂で扱っている隠れキャラ的存在、「ブルーベリー」 が満を持して登場!!
ちなみにうちのオペレーター(の一部)はブルーベリーにかなりの愛着を持っています。
ドライフルーツのブルーベリーですので、おやつにピッタリ♪ぜひお試しあれ!




(以下引用・笑)

材料
市販のクラッカー:ひと袋、バター:60g
クリームチーズ:200g、砂糖80g
ヨーグルト:200g、生クリーム:200g
桑茶生活顆粒タイプ:12g、抹茶粉:5g
ゼラチン:8g、水60g
好みのフルーツ、ブルーベリー:ひとつまみ


1.クラッカーを砕き、溶かしバター(レンジで溶かす)を染み込ませて土台を作ります。ケーキ型の中にクッキングペーパーをかぶせた状態で冷蔵庫にいれてしばらく冷やす。
2.クリームチーズをレンジで柔らかくし(写真のものは500W30分)少し大きめのボールの中でよくませる。
3.混ぜながら、砂糖、ヨーグルト、生クリームの順番で投入しその都度よく混ぜる。
4.ゼラチンと水を混ぜてレンジでチンして溶かす(これも30秒程度)
5.3.に4.を入れてよく混ぜ合わせ、1.の土台の上に流し込む。
6.2時間くらいの冷蔵で固まるのでその前に好みでフルーツを切って乗せる。(お好みで。)
7.フルーツを乗せ、ブルーベリーを散りばめて。完成する。


コメント:冬の季節にはとてもゼラチンが早く固まるのですが夏では3時間くらいは冷蔵のための時間をとっておくほうが無難です。中にはチーズケーキだけで楽しみたいという人も多いと思いますが、ブルーベリーだけは絶対にあったら美味しいです。「ドライフルーツ・ワイルドブルーベリー」でお試し下さい。


今回は(というか毎回)私の友人H君にご協力いただきました。感謝!
実際に試食しましたが、かなり美味しかったですよ^^
ちゃんとブルーベリーの宣伝もしてくれて…ありがとうH君。

Posted at 2013年01月19日 16時23分26秒  /  コメント( 0 )

抹茶ラテ〜♪

こんにちは!(こんばんは?)

最近はめっきり冷え込んできました…
インフルエンザやノロウイルスも流行っているので、皆様気を付けてくださいね。

桑レシピ、というか桑茶の顆粒タイプの飲み方アレンジです。
寒い冬はホットミルクが飲みたくなるのです(個人的に)。
冷蔵庫に牛乳があったりした日にはテンションが上がります^^

ということで、抹茶ラテの出番!



なぜかバジルの香りがするのは気のせいだろうか?

作り方は言わなくてもわかると思います。
ホットミルクに顆粒タイプを適量加えるだけですね。
お好みで砂糖も加えてください♪

心も体もポッカポカ♪♪
皆様、寒い冬も暖かくして乗り切りましょう!!

Posted at 2012年12月23日 20時43分34秒  /  コメント( 0 )

シフォンケーキ

こんにちは^^

だいぶ寒くなってきたので、げんき堂でもストーブを出して営業しています。
この時期はどうしても空気が乾燥してしまうので、加湿器などを利用して効果的に防ぎたいですね!
ちなみにお客様とお電話で対応することが多いので、のどには気を付けたいものですが、これがけっこう難しい…
のど○〜るスプレーを使って調子を整えていますが、あれってけっこうお値段がするのでしょっちゅう買えないんですよね。。悩みどころ!?

さて、昨日は某友人が作ってくれた「桑茶シフォンケーキ(試作品)」を試食してみました!
本人いわく失敗作で、見た目も、お世辞にもシフォンケーキとは言い難いものでしたが、一口食べてみると、、おお!これはこれでアリかも!!ってくらいに美味しかったです。
写真はあえて載せませんが(というか撮るひまもなく、なくなってしまった)、そのうち桑レシピにも登場すると思います(私がブログ更新を怠らなければ^^;)

Posted at 2012年11月22日 18時08分09秒  /  コメント( 0 )

桑茶とゆず茶の豚の角煮

11月になって急に冷え込んできましたね(^^;
名古屋もコートが欠かせない気温になりました。

今回は冬の風物詩でもあるゆずを使ったレシピをご紹介します。


<桑茶とゆず茶の豚の角煮>



材料(4人分)
豚バラ肉の塊:600g
ねぎ:1本
卵:4個
ゆず茶:600cc分
桑茶:一パック
醤油:大さじ22分の1
酒:50cc
砂糖:大さじ3



1.豚の塊肉を一口サイズに切り分ける。卵はゆでたまごにする。ねぎは2、3cm程度のザク切りをする。
2.肉の表面に焼き色がつくようにフライパンで焼くまたその時に油は使わないで脂身から出す油で焼く。
3.水600ccと酒、砂糖を入れて煮込む、肉を入れて強火で煮込み、30分後に火力を落とし中火にする、醤油、ねぎ、ゆでたまごを入れてさらに煮込む。さらにゆず茶、桑茶のパックを入れて。

★一言メモ★
ジューシーな豚の角煮には焼き色を先につけるとうまみがギュッと籠ります。冬至の風物詩のゆずを入れてポカポカ風邪予防にも。愛情、健康、うまみを閉じ込めていただきます。



いかがでしたでしょうか?
この時期は風邪の予防も大切な生活習慣になります。
ちなみに私の知り合いには、予防のためにパブ○ンを毎日服用している豪傑(?)もいらっしゃいます(笑)これがけっこう有効とのこと…
それぞれのスタイルで健康維持に努めましょう!!

Posted at 2012年11月14日 12時57分05秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ