メインメニュー
2012-02-24 の記事

施工担当のMです。

MANIX施工担当、新米のMです。

今回は組み立て設置の工程をUPさせて頂きます。
(簡単にご説明させて頂きます)

まず最初はお客様がIKEAさんで選んで頂いた商品が搬入されてきます。

 

このような薄い箱の状態でたくさん送られてきます。
ホームセンター等で本棚を買った時のような感じですね。
(少し量は多いですが・・・・)


一つ一つ部品がばらばらの状態できます。

商品番号等を確認しながら購入された商品に漏れがないかのチェックを行っていきます。

全ての商品がある事が確認出来ましたら、やっと作業にかかって行きます。
(この間に施工担当先輩のNさんはお客様・現場監督との最終確認、
家の現状の把握、キッチンをどう納めていくかの下準備をしております。)

まず、箱を開けますと



このように、横板、底板、背板、ビス等が入っております。

そして説明書は世界でも通用する「」です。


(↑こんな感じです。)

日本製のもののように言葉での説明はあまりないです。
その絵を参考に組んでいきますと・・・・・・
(この間に施工担当先輩のNさんはキッチンを取り付ける為の
サスペンションレールをつけていっていますm(._.;)mアセアセ)



このように一つの箱(IKEAではファクタムと言います)になります。


この箱をたくさん組んでいき、つないでいでいきますと・・・・

 




このようにキッチンのベースが出来上がってきます。
(写真はもう天板をのせ、扉も付いている所まで進んでおります。
途中の写真を撮るのを忘れておりました・・・・m(- -;)m)


これに天板(ステンレス、人工大理石、木の天板等)をのせ、
お客様が選んで頂きました、
引出し、扉、取っ手、コンロ、水栓等を組んでいきます。




これでキッチンの組み立てはほぼ完了です。


 
(↑今回はお客様のご依頼で、キッチンパネルも施工させて頂きました。)


このようにIKEAキッチンの組み立ての説明させていただきますと、
一見簡単そう?楽しそう?に見えますが、
家本体の床の平行や、壁の立て付け、その他いろいろな所を計測し、
現場現場によって対応させて頂き、
キッチンが水平にキレイに納まるように色々と調整が必要になってきます。



☆天板が木の天板ですと水栓金具の取付穴、シンクの取付穴、ガス(IH)コンロの取付穴等、
たくさんの工程が加わってきます。

しかし、キッチンのプラン・レイアウトにしましても全てが
好きになんでも出来るのではなく消防法等の法律も絡んできますので
私達にお任せ頂ければそのようなアドバイスもさせていただきます。
(私もそのような法律があるとは知らなかったです・・・)

このような工程を経てお客様に喜んで頂けるように日々施工をしております。

※バック収納の施工事例も載せさせていただきます。

 
 


このようにキッチンの後ろ側に収納(バックセット)のみの施工も承っております。

これからも施工事例をUPしていきますので、ご自宅のリフォーム等の参考にして下さい(⌒-⌒)


施工担当新米のMでした。

Posted at 2012年02月24日 08時24分10秒