賃貸住宅の仲介手数料は半額(個人契約)です!物件情報は6,000件以上(住居・テナント・駐車場)!春日井市で賃貸仲介・売買の物件のお探しの方は、エイブルネットワーク勝川店(株)光コーポレーションまで。また、不動産の売却や管理も、当社にお任せ!しっかり24時間サポートします!
メインメニュー
2013-06 の記事

ポンプルムース605

【賃貸マンション】築3年JR勝川駅徒歩2分の賃貸マンション(詳細でました)の空きがでました。

こんにちは!営業の舟本です!

当店一押し物件のご紹介です。
ポンプルムース 605号室←クリックすると詳細情報が見れます。


大きな地図で見る


見て頂いた通り、当店の隣にございます。
こちらの6階部分 1LDKタイプが7月に退去されます。

もちろん空きはこの1室のみ

賃 68,000円
共益費 7,000円
駐車料 8,000円(隣立体駐車場シュガーポット4階部分)
CATV1,050円
敷金    3ヶ月
礼金    1ヶ月






お問い合わせは

エイブルNW勝川店

担当:舟本まで

TEL:0568−36−2333

春日井市柏井町一丁目72番地

Posted at 2013年06月06日 16時14分25秒  /  コメント( 0 )

最終予選

おはようございます、エイブル勝川店の大島です

昨晩、侍ブルーやってくれました!!

宿敵オーストラリアに対し、1−1と攻守ともに緊張感のあるゲームでしたね

しかし、本田選手は強気だね!最高のPKでした!

気持ちが、強い者が残る!ワールドカップが楽しみです



お陰様、美味しいお酒が飲めました!

コンフェデレーションカップが楽しみです!!

お部屋探しは、エイブル勝川店まで
春日井市柏井町1丁目72番地
TEL0568-36-2333
無休にて営業中です

Posted at 2013年06月05日 11時10分20秒  /  コメント( 0 )

ポンプルムース

JR勝川駅徒歩2分
1LDK
築3年
マンション名:ポンプルムース

当店隣のマンションですが、

退去予定がでました・・・。
7月下旬頃入居可能予定。

勝川駅前で1LDK(50屐砲探しの方・・・



お急ぎください!!!!!



お問い合わせはエイブルNW勝川店
春日井市柏井町一丁目72番地
TEL:0568−36−2333
担当:舟本(ふなもと)

Posted at 2013年06月03日 19時24分53秒  /  コメント( 0 )

6月は衣替えのシーズン

6月は衣替えのシーズンです!

みなさーん!夏服に衣替えしちゃいましょー!!!

もしくは衣替え次いでにお部屋も住み替えちゃいますかっ☆☆☆




賃貸アパート、賃貸マンション、借家など
のお探しは・・・

エイブルNW勝川店へ!!!
春日井市柏井町一丁目72番地
TEL:0568-36-2333

Posted at 2013年06月01日 18時02分19秒  /  コメント( 0 )

6月の花嫁

こんにちは、舟本です。
いよいよ6月に突入いたしましたね〜。
6月はジトジトな梅雨がやってくるので個人的には苦手なシーズンです。

あとは、6月といえば【ジューンブライド】ですね。
最近でも6月に挙式をされる方は多いのでしょうか?
ともかくご結婚されます方、お幸せに。

今日はジューンブライトのうんちく情報です。



ジューンブライド(june bride)を直訳すると6月の花嫁、6月の結婚。欧米では古くから6月に結婚すると生涯幸せな結婚生活ができるという言い伝えがあります。

しかし、由来は様々な説があり、代表的なもので3つあります。


女神「JUNO」説

6月の月名である「JUNE」と、ローマ神話で結婚をつかさどる女神である「JUNO」に由来しており、6月は結婚や女性の権利を守護する「JUNO」の月。この月に結婚する花嫁はきっと幸せになるだろう、という言い伝えです。
お気に入り詳細を見る 気候・季節説

ヨーロッパの6月は1年の中で最も雨が少ない月で、気候なども適しています。また、「復活祭」が行われる月でもあるため、ヨーロッパ全体がお祝いムードとなるので、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになるだろう、という言い伝えです。
お気に入り詳細を見る 結婚解禁説

農作業の妨げとなることから、ヨーロッパでは3月、4月、5月の3ヶ月間は結婚が禁じられていました。そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、その分祝福も多かったため、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになれるだろう、という言い伝えです。



ヨーロッパでは気候のいい6月ですが、日本では梅雨真っ只中となる6月。雨が続き、湿気も多く、蒸し暑さを感じる時期でもあります。昔の日本、まだジューンブライドという言葉が知られていなかった頃、全国のホテルでも梅雨時期である6月の挙式を避けるカップルが多く、式場はどこも閑散としたものでした。当時は空調設備の能力も低く、現在ほど除湿なども十分ではありません。

困ったのはホテルの支配人たちです。梅雨時期の落ちる一方の売り上げをどうにかしたいと考え、ヨーロッパの言い伝えに目をつけました。「ジューンブライドってあるんですよ」、「6月の花嫁は幸せになれるんですよ」と宣伝をし始めます。そして、そのロマンティックな言い伝えに共感する人々へ普及していったというわけです。






つまり日本では「企業戦略」から始まった

お気に入り詳細を見る しかし、6月が結婚をつかさどる女神の月に変わりはない






うーんロマンティックなのか、現実的なのか・・・

Posted at 2013年06月01日 17時36分02秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2