岩手県は雫石にある匠工房です。 スタッフの私がお家に関する情報をいろいろ更新していきます!!
メインメニュー
地盤改良・地盤調査

雫石町S様邸 地盤改良

こんにちは(^'^)

今日はあまりお天気が良くないので、肌寒い感じがします!






今週月曜日に雫石町のS様邸の地盤改良工事が行われました☆
今回も大きな重機が入っての作業となりました。





こちらは柱状改良という地盤改良工法です!(^^)!

軟弱地盤が2m以上8m以下の場合に用いられる工法で、
セメントミルクを土地に注入して土地の強度を上げます☆

メリットにもあげられるように、この工法は施工時の騒音や振動が
他の工法に比べると小さいと思います。
写真を撮るためにお邪魔したのですが、ほんとに静か〜に作業が進められていましたよ(^^)

柱状改良は改良後の地盤補強を長年にわたって維持できるんだそうです☆

地盤改良はどの工法にもそれぞれメリットとデメリットがありますが
プロの調査結果に基づいて、その土地に一番有効な工法を選ぶことが大事なんですね!(^^)!


こちらのS様邸は長期優良住宅を新築します☆

近々、構造見学会も予定しています(*^^)


Posted at 2012年05月23日 14時06分13秒  /  コメント( 0 )

☆ 地盤調査 ☆

花巻の方から地盤調査のご依頼をお受けしました。

3月11日に発生した東日本大震災の影響で、

建物や建具のゆがみと地盤沈下が起こったようです。






写真は、東京から来てもらった地盤調査の会社の方達が

作業している様子です。

調査は終了して結果を待っている段階です。

まずは地盤調査のご依頼ですが、結果によって、

社長の考えが3つあります。


★建物を解体して、地盤改良した後で新しい建物を建てる。


★大工職人の手作業で丁寧に解体して、地盤改良した後に
 
 また建物を元通りに復元する。


★地盤に問題がなければ1F部分の壁・床を取り外し、

 基礎補強した後に修繕する。


という方法です。


どれも費用はかかるので、お客様のご意向が優先です。

社長は、こちらのお客様のご自宅は、古くからの大工職人

の腕で建てられた立派で趣きのあるご自宅だから、残したい。

という想いがあるようです。


今回の地盤調査の費用だけで20万円ほどかかります。

決して安い金額ではありません。

 でも、安全なのか、危険なのか、知るために十分意味があります。


長年住み慣れた大切な家です。今回の震災で被害に遭われ、

残念な思いや、不安があると思います。

これから先、お客様がちゃんと安心して生活できるように

しっかり話し合いをしたいとおもいます。


Posted at 2011年09月19日 13時37分59秒  /  コメント( 0 )

地盤改良工事  Part 2☆

おはようございます☆

今朝も昨日の続きで地盤改良のお話です(^'^)


私も教えてもらっていて、「コレって凄い大事!意外と身近に起きてる問題!」

って思ったので報告したくてまた書きます!


地盤に関する身近なトラブルには『不動沈下』『液状化』があるそうです。





不動沈下とは…家全体が均等に沈下するのではなく、一方向へ斜めに傾く状態。


例としては、

・建物の外壁や基礎部分のひび割れ。

・床にビー玉を置くと止まらず転がる。


こんな現象はよくテレビなんかでも紹介されてますよね!

これによって、ドアや窓の開閉が不自由になったり床が傾くそうです。



液状化とは…地震によって地盤が一時的に液体になってしまう現象。


これは本当に今年被害に遭われた方が多いです。

3月に発生した東日本大震災、たくさんの方が被害に遭われました。

改めて、色んな事への備えや安全性を考えさせられました。


埼玉県の住宅の液状化現象がテレビで多く取り上げられていましたが、

「全壊も半壊も液状化もみんな一緒…」

と涙する住人の方の様子には心が痛みました。

建てたばかりの新築だって傾いたり壊れたりするわけですから…

本当に本当に辛いと思います。


残念ながら、液状化を完全に防ぐことは難しいですが、

地盤改良による対策は可能です!!

こんな事故を起こさないために、必ず地盤調査はさせて頂いています。

地盤に正しい理解を持つことは、安心できる家づくりの第一歩です!


Posted at 2011年09月05日 05時06分06秒  /  コメント( 0 )