ケンピ

以前もブログに書いたが、50年以上前中学校で計算尺の授業があった。

小学校ではソロバンを習った。計算尺は掛け算や割り算が得意だ。

エンジニアだった父の作業服の胸ポケットにはその15センチくらいの定規のような白い板がいつも入っていた。

カシオの電卓を目にするまでその後5年はかかった。

「ヘンミ式計算尺」と言った。私は長らくヘンミはドイツ人だと思っていたが、オトナになってから「逸見」さんという日本人だと分かった。

話は変わるが、

昨日「芋ケンピ」を食べた。好物だ。「芋かりんと」とも言う。

サツマイモを細く切った固いお菓子だ。ケンピは又してもドイツ語だと思っていた。ドイツ菓子だと。

何と「堅干」と書くようだ。確かに堅く干してある。高知にその名前のお菓子がある。いくつになっても知らないこと、勘違いしていることが多い。

Posted at 2020年02月25日 13時10分30秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*