博多美人

私は鍼灸を生業としているが、最近はその中でも顔美容鍼の施術をすることが多い。

facebookにも福岡の美人さんたちをしばしばUPさせて頂いている。

福岡の博多美人は秋田美人、京美人とならび「日本三大美人」として有名である。

しかし皆様もお気づきかと思うが、私は九州の他県出身の方をご紹介することが多く、純然たる博多美人をUPしていない。博多に住む私としても忸怩たる思いだ。

ここで大胆な仮説を述べたい。以前「筑後川流域美人説」という貴重な学術論文をブログに発表したが、再度要点をまとめてみる。

黒木瞳、吉瀬美智子、松田聖子、松雪泰子、田中麗奈、吉田羊。

共通点は何か?透き通るような白い肌、ぱっちりではないが切れ長の目、権謀術数に長け気が強い、会社のお局にいたら決して敵に回してはいけない。

実はこの方々が狭義の「博多美人」ではないか?

これを語るには勇気がいる。博多、北九州、筑豊、京築地区などの美人は黙っていないだろう。

あえてこういう理由は福岡は京都ほどではないが、昔から繁栄している都会である。

したがって近隣のエリアから人々が集まる。

以前から申し上げているが、歴史的に欧米人顔が多い長崎、鹿児島や沖縄の島美人、なぜか欧米人顔の美人がいる宮崎(宮崎に欧米人が進出した歴史は聞かないが、私としてはある仮説を立てている。ただ言って良いものか?)。

この多様な美人さんの集積を広義に「博多美人」と呼んでいるのではないか?京都も同じと考える。

「秋田美人」は違うと思う。大陸から船を出せば対馬海流に乗って富山、新潟、山形、秋田あたりに流れ着く。

大陸系の美人だ!背丈もあり色白だ。日照時間も短い。人の交流も多くない。つまり博多や京都とは美人の成り立ちが違う。

Posted at 2020年02月25日 13時06分02秒