〜若女将の高野山奮闘記〜 東京生まれ都会育ちの私が、高野山のお土産屋さんに嫁いで奮闘しています。
メインメニュー
一ノ橋観光センターニュース

当社フェイスブックページができました!

こんにちは、麻美です。

今後は、当社のブログをフェイスブックページ中心に
アップする予定です。

トップページの右下の青いボタン
一の橋観光センターFacebookページをクリックすると
ご覧いただけます。

ぜひ、ご覧くださいませ。


一の橋観光センターFacebookページ
https://www.facebook.com/ichinohashi.co.jp

Posted at 2015年03月04日 22時24分29秒  /  コメント( 0 )

〜弘法大師 黄金の言葉 〜


“もらった縁を

「ありがとう」で生かす”


原文:
われ諸法を観るに、たとえば幻のごとし。
すべて是れ衆縁の合成するところなり。

「如幻の喩を詠ず」より『性霊集』


原文の意味は、

「この世のすべては幻のようなもの。
すべては多くの縁によって生じた仮の姿である」

つまり、
「すべてのものに固有の実態はなく、物質も肉体も現象も、
すべては「因と縁」で生じたかりそめの姿だ」
ということです。

文献引用:「生き方が変わる!空海 黄金の言葉」


人は縁によってつながっています。
人が生きていく中で、様々な人と出会い、
多くの人と縁を結びながら変化し、
喜びや悲しみを分かち合っていきます。


今おかれた環境で何かつらいことがあったとしても、
何かの縁で導かれて、自分がここにいるんだと思うこと、
そしてその縁に感謝することが、
物事をいい方向に向かわせるのだと思います。


私も、高野山に来て今年で4年。
初めてのことで戸惑い悩むことがありましたが、
こちらにお嫁に来て若女将になったのも
ご縁だと思えば、何かと頑張れるものだなと実感しています。
このご縁に感謝して、日々精進してまいります。


こちらの写真は、開創1200年大法会の記念に再建された中門です。



大法会の初日平成27年4月2日には、中門落慶の法会が行われ、
「御本尊(祈念三鈷)」を携えた青年僧が完成した中門の通り初めを行います。

Posted at 2015年02月20日 14時36分30秒  /  コメント( 1 )

〜弘法大師の言葉〜

こんにちは、麻美です。

私は、高野山に来て、
弘法大師について勉強していくにつれて、
弘法大師が、人々を導き、安らぎとなるような言葉を
たくさん残していることに驚きました。


弘法大師の教えが、
一人でも多くの方の心に届いて、
毎日を楽しくするヒントになればと思い、
少しずつご紹介しようと思います。

今年は開創1200年ということもありますしね。


弘法大師は高野山を開創するにあたり、
こんなに雄大な願いを込めました。

「虚空尽き、衆生尽きなば、涅槃尽き、我が願いも尽きん」

読み方は

「こくうつき、しゅじょうつきなば、ねはんつき、わがねがいもつきん」

です。

この大空がある限り、生きとし生けるものが存在する限り、
悟りが存在し、我が願いは尽きることがない

つまり、弘法大師は生きて人々を見守っているということです。

常にそばにいて見守ってくださると考えると、
とても心強いですよね。

弘法大師は、密教を大衆化することで、大衆を救いたいと
多くの文書を残していますので、
次回からそんな言葉をご紹介していきます。

ただ私は、専門的に学んだことはないので、
当店でも販売中のこちらの本から
引用させていただきます。



「生き方が変わる!空海 黄金の言葉」
監修:名取芳彦
著者:宮下 真
ナガオカ文庫

Posted at 2015年02月01日 11時36分05秒  /  コメント( 0 )

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。




※写真は、当店の3代目社長・4代目社長(1歳の息子)・若女将です。



今年、高野山は弘法大師の手で、

密教の道場が開かれてから1200年目を迎えます。

この記念すべき年の4月2日〜5月21日までの50日の間

弘法大師が残した大いなる遺産への感謝を込めて大法会が執り行われます。



高野山開創1200年記念大法会FBページ
https://www.facebook.com/koyasan1200


高野山では、記念大法会を中心に、

様々なイベントをご用意して皆様をお待ちしております。

この機会にぜひ高野山へお越しくださいませ。

Posted at 2015年01月01日 22時36分03秒  /  コメント( 2 )

高野山ふきん大好評!

今年の夏から販売をスタートした

高野山ふきん



大変ご好評いただいておりまして、

このたび雑誌に掲載されることになりました。

本当に嬉しく思います!

何の雑誌かというのは、

まだお伝えできないのですが、

掲載された折には紹介させていただきます。





また、「高野山ふきん」が

当社HPからもご購入いただけるようになりました!


お買い求めいただいたお客様からは、

「デザインが可愛い!」

「よく吸水してくれるし、乾きが早いから助かるわ」

「使ってるうちに柔らかくなるからいいわね」

「お土産として喜ばれたから、自宅用にも買いたい」

「ご利益ありそうで楽しみ!」

などなど、嬉しいお声が届いています!


お買い求めは、

オンラインショッピングページにて。



高野山ふきん 500円(税込)です。

ぜひお試しくださいませ^^

Posted at 2014年12月14日 13時50分12秒  /  コメント( 0 )

雪やコンコン♪

こんにちは、麻美です。

お久しぶりの更新です。


高野山は12月に入り、連日の大雪です。



1歳の息子は初めての雪に、びっくりしながら、

おそるおそるさわっていました。



すごーく寒いですが、

一面の銀世界はとてもきれいです。

お越しの際は防寒着、スタッドレスタイヤでお越しくださいね。

Posted at 2014年12月07日 16時42分51秒  /  コメント( 0 )

「高野山ふきん」販売開始しました!

こんにちは、麻美です。

高野山では、朝晩と肌寒い季節になってきました。

みなさま、体調などにはお気を付けくださいね。


さてさて・・・

当店限定のお土産「高野山ふきん」ができました!




「日本の伝統工芸を元気にする」をテーマに、

TV・雑誌で話題の「中川政七商店」さんとのコラボ商品です。


高野山にまつわるモチーフをちりばめて、

蚊帳生地を使った昔ながらの技法を

現代的なデザインに仕立てました。




お手拭きや、食器拭きにはもちろん、

お仏壇やお墓掃除にもオススメです。



使い込むほど手に馴染む、日本製の蚊帳ふきんです。

漂白剤もご利用いただけますので、とても丈夫で長持ち!



高野山名物ゴマ豆腐や高野豆腐と、

セットでご購入いただくお客様も多いようです。


ぜひお試しくださいませ。


販売価格:500円(税込)

Posted at 2014年09月11日 22時33分26秒  /  コメント( 0 )

お線香のお取り扱いについて。

お客様より、タイトルの件で
ホームページにお問い合わせがありましたが、
メールがうまく届かないようでしたので、
こちらのブログにてお答えさせていただきます。


お線香は各種取り扱いをしておりますので、
お気軽にお電話・FAX・メールにて
ご希望の香りや価格帯をお教えいただければ
ご案内させていただきたいと思います。

TEL: 0736-56-2631
FAX: 0736-56-3408
E-mail:web@ichinohashi.co.jp

紀州の梅の香を練りこんだ、梅花香もございます。

どうぞ宜しくお願い致します。

Posted at 2014年07月18日 09時38分22秒  /  コメント( 0 )

仏祭り。

昨日は仏祭りでした。


高野山では、通常より一か月ほど時期を早めて、
お盆の行事を行います。



前日、奥の院のお墓までご先祖様を迎えに行き、
仏祭り当日、お坊さんにお経をあげていただきます。



今年は初めて、息子もお手伝い(遊んでるだけ?)してくれて
お供え物を飾りました。





息子は初めて理趣経を聞いて、
「アーーウーー」と声を出して一緒に唱えていました。



ご先祖様に息子の成長をお伝えできてよかったです。



お坊さんにも抱っこしてもらいました!

Posted at 2014年07月14日 20時46分17秒  /  コメント( 1 )

新アイテム追加と料金変更のお知らせ

本日、当店のオンラインショッピングのアイテムに、

へそ栗まんじゅう(10個入り)を追加しました。



当店限定の人気商品で、

栗がたっぷり詰まった甘さ控えめのお饅頭です。



今まで、別のページにて紹介していたものの、

ご購入いただけず、ご不便をおかけしていましたが、

今後はご注文いただけます。


増税に伴い、商品価格は下記のようになります。

740円→760円(税込)に変更



オンライン特別割引サービスは終了となりましたので、
予めご了承くださいませ。



また、佐川急便のe-コレクトの手数料が
増税に伴い、315円→324円に変更になりました。

お知らせが遅くなりましたが、
何卒ご理解のほど、宜しくお願い申し上げます。

Posted at 2014年07月11日 20時59分54秒  /  コメント( 0 )

前へ |  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  | 次へ