永利建設のブログです。
新築

永利建設ニュース

新築 (山隈)T様邸の進捗状況です。


お風呂トイレの紹介です!

お風呂は TOTO社の『サザナ』という製品です。



特徴は、

★  『魔法びん浴槽で、

浴槽を断熱材で包んで保温する、魔法ビンの様な浴槽
になっていて、

4時間後のお湯の温度低下が2.5度以内と経済的なお風呂です。

フタは『ラクかるふろふた』という製品で軽くて断熱仕様になっています!



床は『お掃除ラクラクほっカラリ床』で、

膝をついても痛くない、すべりにくい素材の床で、床にも断熱材を仕様していて、

温かく、以前のほっカラリ床よりもお掃除が楽になっている製品です。


技術の進化がすごいですね!!



トイレもTOTO社のものを設置しました。



『節水』はもちろん、『フチなし便器』でトイレ掃除が楽!

小便器も外観はフラットでフチがないのでお掃除がラクです!

手洗器もスタイリッシュな角型デザインでオシャレです!



タンクレス便器だと手洗器を設置しないといけませんが、

給水分岐と排水合流技術を搭載したモデルだと

別に手洗器用の給排水工事をしなくても手洗器が付けられます!

トイレのリフォームの参考に!




こちらは、洗面化粧台と大容量のキャビネットです。


風呂、洗面、洗濯 周りに収納があると助かりますね。

キャビネットもTOTOの製品です。

洗面化粧台のパネルの白と同じ白で清潔感があり素敵ですね(*^_^*)



ちなみに、扉のパネルは色々な色に変更できます!!

詳しくは、TOTOのホームページをご覧ください。
      ↓↓↓
お風呂『サザナ』
https://jp.toto.com/products/bath/sazana/index.htm

トイレ
https://jp.toto.com/products/toilet/gg/index.htm


Posted at 2018年06月20日 14時08分36秒  /  コメント( 0 )

永利建設ニュース

新築 (山隈)T様邸の進捗状況です。

キッチンの紹介です!


キッチンとリビングはカウンター越しにつながっています。



キッチンは、クリナップ社の『クリンレディー』という製品です!

特徴

 『クリンレディ―』は30年以上続くロングセラーシリーズのキッチンで、

ステンレスのキッチンです。

引出しの底板もステンレスになっていて、衛生的で掃除がラクです!



 シンクは、排水口までごみを運ぶ水路を計算し尽くしたかたちになっており、

汚れにくく、洗いやすいを実現する 流レールシンクです。

 レンジフードは、ボタンを押すだけで、

換気扇のファンとフィルターを自動洗浄してくれる

画期的な 洗エールレンジフードです。

 施主様のご希望で、食器乾燥機能を付けて欲しいとの事でしたので、

吊戸部分にオートムーブ(自動昇降)の食器乾燥庫がついています。



洗った食器を乾燥庫に入れたら、収納、乾燥が出来るので、

水切りカゴを置かないスッキリとしたキッチンになりますね(*^_^*)

最新式のキッチンです(*^_^*) 

詳しくは、クリナップのホームページをご覧ください。
         ↓↓↓
https://cleanup.jp/kitchen/cleanlady/


おまけ(*^_^*)


ねこ好きのご施主様のご要望で、キッチンの勝手口部分に

ねこちゃん用の勝手口を付けました


Posted at 2018年06月19日 10時10分58秒  /  コメント( 0 )

永利建設ニュース

新築(山隈)T様邸の進捗状況です。

こちらはリビングから和室につながる扉になります。




こちらの写真は、和室からリビングにつながる扉です。



同じ扉なのですが、

リビング側は 『仕上げ』、和室側は 『ふすま仕上げ』 と

手の込んだ仕上がりになっています。

廊下側の扉も同じ仕上げになっています。



一つの扉でも、建具屋さんとふすま屋さんの合作です!

総合建築業の強みです!(^^)!


Posted at 2018年06月13日 14時46分49秒  /  コメント( 0 )

永利建設ニュース

新築(山隈)T様邸の進捗状況です。

和室の壁の様子です。

最近のお家の壁はクロス仕上げが多くなってきましたが、

今日は、和室の仕上げとして『じゅらく』という仕上げの壁を紹介します。


昔は土壁の仕上げとしてじゅらくを塗っていましたが、今は、クロス壁と同じように

ボードの上に『アク止め』を塗り、その上から『じゅらく』を塗って仕上げます


壁のボードを施工した様子(ここまではクロスと同じです)


ボードの上から『アク止め』を塗装します。
アク止めを塗る事で、木材からでるシミを防ぎます。



アク止め塗装後、仕上げの『じゅらく』を塗装していきます。




どうしても、土壁というと、古くなったらボロボロ砂が落ちてくるイメージですが
最近は、改良されて品質も良くなっているので心配ありません(*^_^*)

クロスもいいですが、やっぱり和室は塗り壁がしっくり落ち着きますね!


Posted at 2018年06月07日 13時15分51秒  /  コメント( 0 )

永利建設ニュース

新築(山隈)T様邸の進捗状況です。

会長のこぼれ話!(^^)!

こちらは玄関の写真です。

よーく見ると、天井に傾斜がついているのがわかりますか?





こちらの天井は、杉の柾網代という木材を使っています。

網代の天井は平坦だと玄関から入った時、天井が家の中へ下がって見える事から、

わざと傾斜をつけた作りにしているそうです!(^^)!。


長年の経験の技!  ですね!

こちらが 杉の柾網代(まさあじろ)の竿縁(さわぶち)天井です。↓


外から見る玄関も良かったのですが、

中に入ってもまた和の良さが引き立つ玄関になっていますね(*^_^*)

完成が楽しみです!!


Posted at 2018年05月25日 10時01分02秒  /  コメント( 0 )

永利建設ニュース

新築(山隈)T様邸の進捗状況です。

表の顔が出来たので紹介します(*^_^*)


木の軸だった家が


                

屋根が付き


               

外壁の断熱処理や塗装等が終わり


               

ようやく、家の玄関の顔((*^_^*))が出来上がりました。




杉板を縦張りして、太鼓鋲で打ち付けています。

見るからに上品で、神社仏閣をおもわせる様な玄関になりました。


The日本の家!のアートですね!(^^)!


Posted at 2018年05月22日 14時48分26秒  /  コメント( 0 )

永利建設ニュース

新築(山隈)T様邸の進捗状況です。

外壁が出来る様子を紹介します。

建て方の時の写真です。


             

外壁から視点がずれますが(*^_^*)

下の写真の 柱の下から1m位までにオレンジ色になっているのがわかりますか?

これは、防蟻処理をした後の様子です。

防蟻剤の処理効果は、多くが5年とされています。

建てた後も定期的に処理を行っておくと安心でしょう。

家を長く保つためには、シロアリ対策が欠かせないのです!!



                  

家を囲むように白いシートが施工されています。


こちらで使用したのは、デュポン社の『タイベック』という製品です。

製品の特長として、

‘湿性が優れているため、結露を防ぎます。

∨豹綫があり雨水の浸入を防ぎます。

7擇て強い。

  と3つの性能で家を守ってくれます!

木造住宅では 雨漏り、湿気対策も家を長く保つためには不可欠です!!

                  

外壁となるボード(不燃)が施工されました。


ボードのビス部分はパテ処理を行います。
窓枠、柱とボードの隙間はコーキング処理されています。


表玄関側 以外の外壁は『リシン』で塗装します。

リシンの見た目は、表面に細かい砂粒がありザラザラしています。



             
柱も塗装されて、落ち着いた色合いに仕上がっています。


Posted at 2018年04月25日 10時18分46秒  /  コメント( 0 )

永利建設ニュース

新築(山隈)T様邸の進捗状況です。

断熱のお話。

The 日本の家!は、隙間風で冬場はとても寒いというイメージですが、

最近の住宅は全然そんなことはないのです!!


床には断熱ボード、壁・天井には断熱シート、窓は二重サッシ

家を包む様に断熱処理をしているので、夏涼しく!冬暖かい!のです。


室内の様子です。
天井の電気を設置する部分に直接当たらない様に断熱材を設置します。


ユニットバスが設置される風呂場の様子です。
             冬場の寒さから解消されそうですね(*^_^*)


天井、床で使用した断熱材は
『マグオランジュ』という製品で防湿フィルム付グラスウール断熱材です。↑

床は、カネライトフォーム(50mm)断熱材を使用しました。↓



床も隙間なく断熱材が設置されています。

新築はもちろんですが、リフォームの際に断熱材を設置されてはいかがですか?


Posted at 2018年04月24日 11時28分14秒  /  コメント( 0 )

永利建設ニュース

新築(山隈)T様邸の進捗状況です。

伝統的な日本の建築!と言えるものを紹介します。

こちらは軒天部分です。


最近のお家は軒先部分の垂木を隠した構造が多くなっていますが、
T様邸の軒先は化粧垂木の為、垂木を見せる構造になっています。
垂木の先の部分『木口』に銅製の木口を取り付けます。



銅製の木口は時を重ねるごとに落ち着いた深みのある色合いに変化していきます。



趣がある 日本の家の良さ!の一つです(*^_^*)


Posted at 2018年04月16日 10時38分12秒  /  コメント( 0 )

永利建設ニュース

新築(山隈)T様邸の進捗状況です。

内装の方も着々と作業が進んでいます。

こちらはリビングの天井です。梁を活かした『梁見せ天井』になります。






過去に新築されてお家も梁見せ天井でしたが、

梁の寸法は同じですが、

梁の見せ方で雰囲気が違いますね(*^_^*)

天井に使っている木は杉です。

クロスと違って、木のぬくもりを感じます。


参考までに(田主丸A様邸)↓


Posted at 2018年04月13日 11時04分52秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  | 次へ