永利建設のブログです。
新築

永利建設ニュース

新築(山隈)T様邸の進捗状況です。

表の顔が出来たので紹介します(*^_^*)


木の軸だった家が


                

屋根が付き


               

外壁の断熱処理や塗装等が終わり


               

ようやく、家の玄関の顔((*^_^*))が出来上がりました。




杉板を縦張りして、太鼓鋲で打ち付けています。

見るからに上品で、神社仏閣をおもわせる様な玄関になりました。


The日本の家!のアートですね!(^^)!


Posted at 2018年05月22日 14時48分26秒  /  コメント( 0 )

永利建設ニュース

新築(山隈)T様邸の進捗状況です。

外壁が出来る様子を紹介します。

建て方の時の写真です。


             

外壁から視点がずれますが(*^_^*)

下の写真の 柱の下から1m位までにオレンジ色になっているのがわかりますか?

これは、防蟻処理をした後の様子です。

防蟻剤の処理効果は、多くが5年とされています。

建てた後も定期的に処理を行っておくと安心でしょう。

家を長く保つためには、シロアリ対策が欠かせないのです!!



                  

家を囲むように白いシートが施工されています。


こちらで使用したのは、デュポン社の『タイベック』という製品です。

製品の特長として、

‘湿性が優れているため、結露を防ぎます。

∨豹綫があり雨水の浸入を防ぎます。

7擇て強い。

  と3つの性能で家を守ってくれます!

木造住宅では 雨漏り、湿気対策も家を長く保つためには不可欠です!!

                  

外壁となるボード(不燃)が施工されました。


ボードのビス部分はパテ処理を行います。
窓枠、柱とボードの隙間はコーキング処理されています。


表玄関側 以外の外壁は『リシン』で塗装します。

リシンの見た目は、表面に細かい砂粒がありザラザラしています。



             
柱も塗装されて、落ち着いた色合いに仕上がっています。


Posted at 2018年04月25日 10時18分46秒  /  コメント( 0 )

永利建設ニュース

新築(山隈)T様邸の進捗状況です。

断熱のお話。

The 日本の家!は、隙間風で冬場はとても寒いというイメージですが、

最近の住宅は全然そんなことはないのです!!


床には断熱ボード、壁・天井には断熱シート、窓は二重サッシ

家を包む様に断熱処理をしているので、夏涼しく!冬暖かい!のです。


室内の様子です。
天井の電気を設置する部分に直接当たらない様に断熱材を設置します。


ユニットバスが設置される風呂場の様子です。
             冬場の寒さから解消されそうですね(*^_^*)


天井、床で使用した断熱材は
『マグオランジュ』という製品で防湿フィルム付グラスウール断熱材です。↑

床は、カネライトフォーム(50mm)断熱材を使用しました。↓



床も隙間なく断熱材が設置されています。

新築はもちろんですが、リフォームの際に断熱材を設置されてはいかがですか?


Posted at 2018年04月24日 11時28分14秒  /  コメント( 0 )

永利建設ニュース

新築(山隈)T様邸の進捗状況です。

伝統的な日本の建築!と言えるものを紹介します。

こちらは軒天部分です。


最近のお家は軒先部分の垂木を隠した構造が多くなっていますが、
T様邸の軒先は化粧垂木の為、垂木を見せる構造になっています。
垂木の先の部分『木口』に銅製の木口を取り付けます。



銅製の木口は時を重ねるごとに落ち着いた深みのある色合いに変化していきます。



趣がある 日本の家の良さ!の一つです(*^_^*)


Posted at 2018年04月16日 10時38分12秒  /  コメント( 0 )

永利建設ニュース

新築(山隈)T様邸の進捗状況です。

内装の方も着々と作業が進んでいます。

こちらはリビングの天井です。梁を活かした『梁見せ天井』になります。






過去に新築されてお家も梁見せ天井でしたが、

梁の寸法は同じですが、

梁の見せ方で雰囲気が違いますね(*^_^*)

天井に使っている木は杉です。

クロスと違って、木のぬくもりを感じます。


参考までに(田主丸A様邸)↓


Posted at 2018年04月13日 11時04分52秒  /  コメント( 0 )

永利建設ニュース

新築(山隈)T様邸の進捗状況です。

屋根の瓦葺きが完了しました。


下の写真は『矢切(やぎり)』という屋根の△部分を大工さんが施工しているところです。



大工さんの作業スペースが屋根の上に上がっています(@_@)

はじめてみる光景に、ビックリ!!

高所での作業ですので、安全第一にお願いします。


Posted at 2018年04月04日 13時31分33秒  /  コメント( 0 )

永利建設ニュース

新築(山隈)T様邸の進捗状況です。

建て方が終わり、屋根の部分の作業に移ります。


最近ではなかなか見られない立派な『隅木(すみぎ)』を設置している写真です。
The 日本の家! ですね!(^^)!

手前の丸太は玄関の『縁桁(えんげた)』になります。

これもまた立派な丸太材!家の顔です!

下の写真は、瓦の下地となる『野地板(のじいた)』を設置している様子です。


大きな合板を乗せるのではなく細長い板を丁寧に張りあわせています。

ビスの数も増えるので、しっかりした瓦の下地になり、

地震や強風にも強い屋根になるのです!


図で見るとわかりやすいです。


木の1本1本に名称と役割があります。

『棟木(むなぎ)』は屋根の骨組みで一番高い部分に設置されます。

『母屋(もや)』は棟木と平行に設置され、垂木を受けて屋根を支えます。

『軒桁(のきげた)』は棟木、母屋、と平行に設置され、垂木を受けて、
                           屋根と外壁の接点部分になります。

『垂木(たるき)』は棟木、母屋、軒桁の上を渡すように垂直に設置され、
                                  野地板を支えます。



家の中から見た様子です。

この時しか見る事が出来ない写真です。

大工さんの凄さがわかる一枚です(*^_^*)


Posted at 2018年03月15日 13時31分20秒  /  コメント( 0 )

永利建設ニュース

山隈(T様邸)の新築工事をさせていただいております。

建て方(棟上げ)を行いました。



午前中までで ここまで進んでいました!(^^)!


下の写真は「小屋束」に使われる木です。


木には1本1本 番号 が書かれていて、どこのどの柱になるのかが決まっています。

この木 1本1本がお家を守っているのです!!


Posted at 2018年02月20日 09時16分37秒  /  コメント( 0 )

永利建設ニュース

山隈(T様邸)の新築工事をさせていただいております。

基礎部分が終ったところです。





今週末は「建て方」を行う予定です。

建て方とは、家屋の建築で、柱や梁などの家の骨組みを組み上げる事で、

最後に一番上の部分に棟を上げるので、棟上げとも言います。

木造建築の醍醐味ですね!

今年は雪が多く毎週のように積もって大変でしたが、
ようやく寒波の峠も過ぎたみたいなので、
少しずつ暖かくなってくれるといいですね。
春が待ち遠しいですね(*^_^*)

大工さんたちは、当日段取りよく作業が進むように事前準備をしっかりしています!


Posted at 2018年02月14日 14時14分50秒  /  コメント( 0 )

永利建設ニュース

店舗新築工事 (横隈)F様店舗

店舗の新築工事の続きです。

写真はLEDの電気です。


昔の蛍光灯に比べて、薄くておしゃれじゃないですか!!
電気代も安くて経済的です。



黒い紐が出ているのが電気の配線です。その位置に電気を設置します。


仕上がりはこんな感じです。↓↓


すっきりして、おしゃれですよね(*^_^*)

店舗や事務所のリフォームも承っております!


Posted at 2017年11月22日 14時29分45秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  | 次へ