永利建設のブログです。
2016-04-20 の記事

永トピ!



『畳について』ご紹介いたします。

最近では、昔ながらのイ草の畳に加えて、和紙の畳があります。
先日畳替えを依頼されたお客様は
イ草の畳か和紙の畳か迷われていたので
馴染みの浅い『和紙の畳』について少しご紹介します。

 ≪ 和紙畳のメリット! ≫

和紙畳はイ草が擦れた時の様に表面に傷がついてささくれてきても
擦り切れたカスが洋服につく事はありません。

 ≪ 和紙畳のデメリット! ≫

もちろんデメリットもありますのでご参考下さい。
・イ草に比べて弾力性があまりないため、足あたりが少し硬く感じます。
(テーブルの脚など一カ所に力が集中したら凹んでしまうこともあるようです。)
・和紙畳は表面を樹脂でコーティングしてありますが、そのコーティングが取れてくると
 汚れが付着し、畳の表面が黒ずんでいきます。
・イ草のいい香りがしない                    など

今回は馴染みの浅い『和紙の畳』を紹介しましたが、
昔ながらのイ草の畳は香りがよくて落ち着きます。
いいところも沢山あります。


畳選びのご参考になれば幸いです。


Posted at 2016年04月20日 10時41分01秒  /  コメント( 0 )