永利建設のブログです。
2015-10 の記事

永利建設ニュース


『永トピ!』では、家に住む方の目線で、ジャンルを問わず
色々な話題を書き綴っていくコーナーにしていきたいと思っています。

今回は皆さんに、この時期(10月頃)から始める、
年末の大掃除対策をご紹介します。
対策といっても、皆さんが通常この時期に行う
『衣替え』です。

皆さんは衣替え どうしていますか?

我が家では、まず、今から出す衣類としまう衣類を見て、

小さくなった(もう着ないと思う)
       お譲り出来そうな衣類を紙袋に、
掃除で使えそうな衣類を
            スーパーの袋に
どう考えても使えない衣類を
             ゴミ袋にいれます。

今から出す衣類は、前回しまう時と状況が
変わっていると思うので、見ながら出します

必要な衣類をしまってみると
はみ出すことなく衣類が収まるんです!!

前置きが長くなりましたが、大掃除対策はここからです

スーパーの袋に入れた衣類は、大掃除に大活躍してくれる
アイテムなんです



先ず、適当な大きさに切って

・食器を洗う前の残飯処理に。
・排水に流したくない鍋の残り汁に。
・使い捨てしたい、油汚れや泥汚れ用の雑巾代わりに。
・窓や扉のレールのお掃除に。

  洗う必要もないので、内外関係なく
  どんな汚れにも惜しみなく使えますよね!

キッチンでは、鍋の噴きこぼれや、油の飛散りをさっと拭いたら
頑固なこびり付きを防げますし
窓や扉のレールは、思いついた時にちょこちょこやれば、
年末の大掃除が少し楽になるのでは!!


Posted at 2015年10月30日 09時28分36秒  /  コメント( 0 )

永利建設ニュース

新築(田主丸)A様邸の続報です。






Posted at 2015年10月23日 10時09分21秒  /  コメント( 0 )

永利建設ニュース

新築(大崎)N様邸の続報です。

外構工事の玄関前のアプローチフェンス完成しました。


Posted at 2015年10月23日 09時33分12秒  /  コメント( 0 )

永利建設ニュース

はじめまして、新しく永利建設スタッフブログを
担当させて頂きます、ハマです。

40代2人の子(男1・女1)を持つ主婦です。

10月よりアットホームなこちらの事務所へ
縁あってお世話になることになりました。

のんびり屋で時々ドジの私ですが、
よろしくお願い致します。

これから
無垢材など天然素材をふんだんに使った
永利建設こだわりの新築住宅やリフォームの
進捗状況
は勿論のこと、

住宅に関した耳寄り情報や、

ハマ目線情報

このHPへたどり着いた皆様にお届けしていきたいと
思っております。

足りない点、気が利かない点等多々ございますが
何卒 御容赦下さい。



Posted at 2015年10月20日 09時17分29秒  /  コメント( 0 )

永利建設ニュース

続報 久留米市田主丸 A様邸
新築物件 進行状況 <瓦葺>




今回のA様邸は「三州いぶし和瓦」を使用しています。



 1. 三州瓦(さんしゅうがわら)とは

愛知県西三河地方などで生産されている粘土瓦です。
石州瓦、淡路瓦と並ぶ日本三大瓦の一つで、発祥は1700年頃という説が有力。
三河国碧海郡にあたる現在の高浜市や碧南市の他、尾張国知多郡にあたる
半田市などを中心に、釉薬瓦、いぶし瓦、無釉瓦に加え全国で唯一となった塩焼瓦も
生産されています。
三州瓦の焼成温度は、石州瓦と淡路瓦の中間程度で、両者の利点をある程度
兼ね備えており、日本最大の生産量を誇っています。


純和風から 現代的な建築まで、時代を超えた「経年」の美しさが特徴です。

和形銀いぶし瓦は良質な三河土をベースにした素材を高温で焼き上げ、伝統的な
燻化製法により深みのある色と風格をつくりあげてきました。
主張しすぎず、流行に流されず、四季折々の自然の彩りをみずからの姿の中に映し出し、
歳月を重ねるごとに、渋みのきいた色ややわらかな風合いを表現します。


いぶし瓦

焼成時、瓦表面に炭素膜をつくる「燻化(くんか)」を施すのが特徴で
いぶし瓦の美観と性能に結びついています。 伝統的な日本建築のみならず、
繊細で洗練された意匠性から、近年では洋・モダン建築にも幅広く利用されています。





,寛搬欧侶鮃を考えます。
石綿などの健康を害する恐れのある有害物質は一切入っておりません。瓦の原料は
1400年もの昔から良質の粘土です。完全無公害。その安全性は折り紙付きです。

夏は涼しく、冬は暖かい、快適な住み心地。
断熱性に優れた日本瓦。屋根全体がエアコントロールとして機能し、室内の温度を
一定に保ちますので、夏は涼しく、冬は暖かい快適な住み心地です。しかも、
年間の冷暖房費が節約できるのでお得です。

2虻の天敵、潮風や酸性雨にも負けません。
風で運ばれてくる砂塵や潮風の塩分、また最近話題となっている酸性雨は屋根材を
磨耗させたり腐食させる屋根の大敵です。しかし、日本瓦なら強度を損なうことなく
瓦の美しさを長く保ちます。

でや寒さに強い頑丈さが自慢です。
焼けつく真夏の日差しでも、凍てつく冬の寒さでも、日本瓦なら大丈夫です。
急激な温度変化でもひび割れや剥離をおこすことはありません。
またJIS規格の定める基準をはるかに上回る優れた強度も備えています。

イ發靴發硫从劼砲眤臂翩廖
1000℃以上の高温でじっくり焼き上げられた瓦は完全な不燃材であり耐火材です。
万一の火災でもひび割れ、変形、溶解もせず有毒ガスも発生しません。
また、火の粉にも安全で屋根からの類焼も防ぎます。

Τ里な施工方法で地震や台風もへっちゃらです。
棟を鉄筋で強化したり、引掛け桟葺き工法の採用など、適切に施工された瓦屋根は
地震や台風でもずれたり、落下することもなく安全でかつ安心です。
屋根も重量も軽量化されますので建物に負担をかけません。



以上のように
日本瓦の良さを知れば知るほど快適な生活ができることにつながることになります。


<広告>



Posted at 2015年10月14日 11時38分27秒  /  コメント( 0 )

永利建設ニュース

なぜ木造住宅がいいのでしょう?

寿命の長い木造住宅を建てるには、木をよく知る必要があります。
新築木造住宅の81%が軸組工法です。
日本のように四季による温度変化が激しく、雨や湿度の高い気候の中では
断熱効果が高く適度に湿度を調節してくれる「木造住宅」が最適です。

株式会社永利建設は

       大工の手刻みおよび自社専用の特殊プレカットにて行ないます。
       
       自社の職人が最後まで責任を持って施工いたします。
       
       シックハウス対策も万全です。






現在建築中の物件  久留米市田主丸 A様邸


木造建築という「伝統」

世界でもっとも古い木造建築物、奈良の法隆寺。
1300年を経た現在もなお、その力強い姿を私たちに見せてくれています。
「木造が腐る」というのは本当はその木材に腐朽菌が繁殖した状態をいいます。

腐朽菌の繁殖条件は3つ

・気温が20度〜35度程度であること。
・湿度が80%以上であること。
・木材中の水分(含水率)が20%以上であること。

日本の気候では、気温と湿度の条件は避けられません。
しかし、古来より多くの木造建築物が現存しています。


構造材はいわば家の「骨」

家全体の重さや厳しい気候に耐える必要から、丈夫で収縮のない構造材を使うことが
必須条件です。
その中でも、横方向に使われている梁(はり)や桁(けた)と呼ばれる横架材には
特にこだわる必要があります。
未乾燥材はたわみが大きく、徐々に弓形になってしまい、半年でたわみが2.5倍以上にも
なってしまうのです。



株式会社永利建設は

       自然乾燥材を使用します。
       
       丸太を仕入れ製材しております。



変形の原因は木の中の「水分」。含水率30%から「変形」がはじまります。
住宅用材として最適なはずの木材も
中には反ったり、ねじれたりするものがあります。

なぜでしょう?

これは木材に含まれている水分が主な原因です。
木材は水分を吸収すると膨張し、乾燥すると収縮する性質があります。
木を切った瞬間から、中の水分は蒸発をはじめますが
最初のうちは収縮することはありません。
「含水率」が30%を下回ったあたりから、徐々に木材は変形をはじめま

工期短縮の現代、「未乾燥材」を使用するとどうなる!?

昔は木材を何年も寝かせて乾燥させたものを使うことが常識でした。
当時の木材は含水率18〜15%程度だったと思われます。
工期短縮やコストダウンで、ゆっくりと乾かす時間もない現代

未乾燥材で家を建ててしまったらどうなるでしょう?

木材が徐々に変形をしはじめ、ゆがみやひび割れから接合部分に歪みが生じ
住宅自体の強度が徐々に失われ、寿命が短くなってしまいます。




">
伝統的な建築技術『込み栓』打ち込み



軸組の工程で伝統的な建築技術『込み栓』打ち込みがあります。
土台、柱、桁の接合方法の一つで
ホゾに穴をほり『込み栓』と言われる堅木(樫の木など)を打ち込んでいきます。
この『込み栓』、先人の知恵の深さに圧倒されるほど利にかなっています。
実際、現在の建物の土台と柱の部分に『込み栓』を用いると
柱が自立してしまうだけの強さがあり
また同じ木で栓をする事で土台・柱・桁の膨張伸縮に追随します。よって緩みません。
弊社では先人の知恵と工夫と経験から受け継がれてきた『込み栓』を採用しています。



株式会社永利建設のこだわり
  ● 大工の手刻みおよび自社専用の特殊プレカットにて行ないます。
  ● 自社の職人が最後まで責任を持って施工いたします。
  ● シックハウス対策も万全です。
  ● 自然乾燥材を使用します。
  ● 無垢材を使用します。
  ● 丸太を仕入れ製材しております。

弊社は、無垢材など天然素材を使った家造りのなかで
次代に残して行ける住宅をご提案しております。
新築住宅やリフォームに至るまで、住まいのことならお気軽に お問い合わせ下さい。


Posted at 2015年10月09日 11時07分28秒  /  コメント( 0 )

永利建設ニュース

ご覧いただけましたか?

小郡市生涯学習センター内に設置されている
朝日写真ニュースへ協賛させていただきました。



正面玄関を入って左側に設置されています。

(拡大)

小郡市生涯学習センターとは?

400人収容の七夕ホール、絵画や書道の作品展示場として利用できる市民ギャラリー
天体望遠鏡を備えた天体ドーム、研修室や会議室が設置されています。



更に生涯学習センターは、広く小郡市民の皆さんの生涯学習の拠点となる施設であり
以下のような様々な学びの講座を開催しています。
 
     教養・実用講座
     楽パソ♪ 講座
     女性再チャレンジ支援講座
     家庭教育・子育て支援講座
     たなばた学遊倶楽部
     子供向け講座 などなど
       

教養・実用講座、楽パソ 講座を始めとし
女性再チャレンジ支援は、多様化する社会の中で
女性の視点も大きく活用される場を広げ、子どもたちが成長していくように
いろいろな可能性をつなげ意欲や能力をもっと社会に活かすための学習会を開催。

家庭教育・子育て支援講座は、家庭教育学級・家庭教育出前講座・託児スタッフのための
資質向上講座・働く母親のための子育て講座などなど、きめ細やかな内容が充実しています。

さらに、50歳以上の方を対象としたたなばた学遊倶楽部では
高齢者がお互いに「学ぶ」ための学習を通じて
それを「活かす」社会参加活動を目指すための活気あふれる講座。

子供向け講座は21世紀を担う子ども達が、筑後地域に集い
それぞれの地域の個性を活かしてつくられたプログラムを通じて
体験 ・遊び・学ぶことができます。

是非一度皆さんも足を運ばれてみてはいかがですか?

小郡市生涯学習センター
住所:小郡市大板井1180-1
電話:0942-73-2084



<広告>


Posted at 2015年10月05日 11時09分12秒  /  コメント( 0 )

10月1日衣替えですね。

ブログをお読みいただいておられる皆様こんにちは
さて、今日から10月1日。更衣(衣替え)ですね。
季節も「秋」。少しずつですが過ごしやすい毎日になりますが
朝晩は冷えますのでお体に十分ご注意されてくださいね。

本日10月1日は何の日?

ちょっと調べてみただけで、23の記念日が出てきました。

国際高齢者の日 ・ 国際音楽の日 ・ 世界ベジタリアンデー

法の日 ・ デザインの日 ・ 土地の日 ・ 日本酒の日 ・ 醤油の日

コーヒーの日 ・ 日本茶の日 ・ 印章の日 ・ メガネの日 ・ ネクタイの日

補助犬の日 ・ 福祉用具の日 ・ 浄化槽の日 ・ 展望の日

都民の日(東京都) ・ 荒川線の日

国慶節(中華人民共和国) ・ 独立記念日(ナイジェリア)

独立記念日(ツバル)・ 独立記念日(パラオ)

以上のように沢山の記念日があり、様々なイベントが行われるようですね。
私どもは、ご存じのように総合建築業を営む企業。
関連するといえば、デザインの日、土地の日、浄化槽の日、福祉用具の日でしょうか。
今日は、ちょっと趣向を変えて
これらの関連記念日の中から「土地の日」について書いてみようと思います。


「土地の日」




ご存じですか?
10月は土地月間、10月1日は十と一『土』で土地の日です。

土地は限られた貴重な資源です。
土地の有効利用の実現のためには、国や地方公共団体ができる限りの
取り組みを行うことはもちろんですが
何よりも不可欠なのは皆様のご理解とご協力です。

土地月間の実施要綱及び主なイベント実施予定については
国土交通省のホームページよりご覧ください。

このような観点から、毎年10月を「土地月間」とし
特に10月1日を「土地の日」と定め
国及び地方公共団体、関係団体が一緒になって
普及・啓発活動の充実を図っています。
豊かで安心できる住みよい社会を築いていくために
この機会にぜひ一度、土地の有効活用について考えてみましょう。


土地活用で一番重要なのは、お客様の目的(ビジョン)です。

さまざまな目的があると思いますが
まずは、お客様に最も近い目的について考えてみます。
以下項目をクリックしてお読みください。
(リンク先 オールアバウトさん)

1.土地の活用法にはどんな選択肢があるの?

2.土地を活用して収益を上げる。

3.投資をせず、更地として活用する方法について



ご参考になりましたでしょうか?
それでは今日はこのへんで
最後までお読みいただきありがとうございました。




Posted at 2015年10月01日 10時39分51秒  /  コメント( 0 )