永利建設のブログです。

永利ニュース

N様邸

今回は倉庫を建替えたいとのご依頼を受けました。

『地縄張り』
まず、建物の位置を決める作業を行います。
この後のすべての工事の基準となるこの作業です。

『遣り方』
建物の平面上で位置出しを地縄張りで行いましたので、今度は木の杭を打ち込んで水平面での位置だしを行います。
建物の隅部となるところにそれぞれ杭を打ちます。
杭をつなぐように、板を横向きに打ち付けます。
レベルという機械で確認しながら正確な高さを出していきます。
出したレベルは基礎工事が終わるまで高さの基準となるので、間違えないように慎重に出します!!


これからこちらの進捗状況もご紹介していきたいと思います♪

Posted at 2020年05月19日 13時42分29秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*