永利建設のブログです。

永利建設ニュース

(山隈)公民館新築工事

建て方が完了した後、

屋根下地工事を先行で、床下地壁下地と木工事が続きます。

写真は建て方が終わり、屋根下地工事まで終わった柱の様子です。 


             

こちらの写真は、筋交い(すじかい)を取り付け、骨組みをさらに堅固に固めた後、

柱と柱の間に間柱(まばしら)を入れ窓枠も取付けた様子です。


そこまで終わったら、防蟻処理△鮃圓ぁ¬擇鬟轡蹈▲蠅ら守ります!


柱の下部にオレンジ色で塗られている部分が防蟻の薬が塗られている部分です。

木造住宅の場合、

.戰心霑辰離灰鵐リート打設土壌に防蟻剤をまきます

床下地の木が設置され、間柱が建った後に防蟻処理を行います

シロアリから家を守るためにも、定期的に防蟻処理を行いましょう。

ちなみに、防蟻の保証は5年となっています。

Posted at 2018年11月21日 13時40分39秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*