永利建設のブログです。

永利建設ニュース

増築 (小郡)T様邸

進捗状況

大工さんたちが壁の下地を施工中です。

上の写真は
壁となる部分に間柱や筋交いが設置された様子です。

                  作業が進むと
               
          壁や天井部分に下地木材が設置されます。


壁の下地木材は『胴縁』といい、天井は『野縁』と呼び名が違います。

天井は梁(はり)に吊木(つりぎ)を設置し、

『野ぶち受け』を設置後に『野ぶち』を設置します。

天井が沈まない様にしっかり取り付けます

『野ぶち』や『胴ぶち』は
天井ボードや壁のボードを固定する下地木材です。

お家が完成した後に、
壁にフックなどを取り付ける際は、
この胴縁のある部分に取り付けましょう!!



下地木材の設置が終わったら、
外壁部分と天井に断熱シートを設置します。

その後、天井ボードを設置していきます。




天井が出来たら部屋らしくなってきましたね!(*^_^*)

Posted at 2017年04月18日 10時33分39秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*