永利建設のブログです。

永利建設ニュース

増築 (小郡)T様邸

進捗状況

棟木が設置され、家の骨組みが出来上がったら、

屋根を施工していきます。

今回使用した屋根は、コロニアルになります。

ルーフィング(防水シート) をしっかり設置した後に

屋根材(コロニアル)を設置していきます。




瓦に比べ、厚さや重みがないので不安だ!

という声を聴きますが、

雨漏れからはルーフィングがしっかり守ってくれます。

一番のメリットは、
軽いので家に負荷がかからず、地震に強い! ということです。
日本瓦に比べてお値段が安いのも魅力です。

以前、『お家のメンテナンス』でご紹介しました屋根材についての記事もご参考ください。
      ↓↓↓
http://cplus.if-n.biz/5002859/article/0473911.html


 寄棟屋根と呼ばれる屋根の形です。

Posted at 2017年04月13日 10時13分25秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*