メインメニュー
アートガラス

アートミラーのサンプル(建築用インテリアアートミラー)

アートミラーのサンプル(建築用インテリアアートミラー)


ここ数日間、いろいろな物件のサンプルを制作中。
デザインや写真で分かりにくい場合は小さなサンプルを作る方が、話はスムースな場合はこちらからサンプルつくりを提案します。

この写真はミラーのクリアとブロンズ、ベースを土壁のように荒らして金粉を入れる物件。
ミラーの色とともに、土壁のようにする技法が2パターンあるので、4つの技法を制作。

今回のイメージは、ただ平らにけして、金色だと、金のフィルムを貼ったようになってしまいます。さてどうなるでしょう。



ミラーという素材はまだまだ使い方が工夫できる素材と思います。
基本は映すことが目的ですが、装飾的に光らせる演出にも使います。

具象的なデザインですが、熱帯魚好きな方のエンゼルフィッシュデザインミラー。
暑い今の季節では、ちょっと涼しげです。

このようなデザインの場合、時間、予算をある程度無視してもリアル感を出した方が好評です。
注文された方に渡ってしまうと、もう時間や予算のことなどは話題にはならなく、出来不出来が歩きはじめますので。

う〜ん、職人は商売べたが多い、理由の一つ。基本は自分の仕事で食べ続けられれば幸せ、ということ。でもそれが、大変なことでもアリューシャン列島。(ギャグが昭和40年代)



「昨日は暑さ、やばかったね〜」、と本日別々の時間に打ち合わせた2物件のONさんとTNさん、ほぼおいらと同い年、ともに若いころ、サーファー。今はまったく海入りません。

そんなおいらも、海の近くの高校で水泳部なのに、サーフボードすら乗ったことありません。中、高、部活でいやというほど泳がされたんで、もう泳ぐのはお腹、一杯っす。

若いって、それだけで素晴らしい才能。あんな焼けた砂浜、10分、もちませんバイ。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2015年07月27日 20時28分51秒  /  コメント( 0 )

マンションの積層ガラス(建築用積層ガラス)

マンションの積層ガラス(建築用積層ガラス)


マンションの入り口に左右、アクセントで波柄の積層ガラスです。
サンゴ石の壁とマッチして、南国イメージになりました。

外部の積層ガラスはガラスを積むだけですと雨が浸透してしまうため、一枚一枚、接着していきます。これが室内ですと積み重ねただけでOKです。ですので接着手間がない分、価格はかなり下がります。逆に接着するタイプはそれなりにかかります。

接着剤自体がお高い。1リットルで4万円しますんで。大きな積層物件などでは20リットルとか使い、その他、ガラス材や制作費、施工費などでお安いアートガラスではありませんが、出来るだけ希望に添えるようには努力をしています。





アートガラスが設置されて、高級感が出ました。これを我々は「頭、良さそう」といいます。
逆にダサいものは「頭、悪そう」、話が早いですが職人は口は良くないです。




本日も暑かった。ニュースでは台風の影響で週末、40度近くなるところもあるとか。死んでしまう。

昔なんて日射病にならないように帽子を被りましょうや、きつい運動時は水を飲むな、なんて言ってたのが今や水分補給は絶対。熱中症なんて言葉はなかった。皆、異性に熱中しまくってたくらい。おぉ、思春期!

「思春期や、親に見られて 恥〜ずかし」って句がありました。

結構、日本得意の根性論だったようで、今は体に悪いというウサギ跳びなんて、ウサギも一日、こんなには飛ばんだろ、ってくらいしごかれたのは何?



☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2015年07月24日 22時55分26秒  /  コメント( 0 )

ガラスに彩色(ガラスサイン)

ガラスに彩色(ガラスサイン)


MZガラスさんから大きな朱印のエッチングガラスサインです。

40センチのデカい朱印。15ミリガラスを表側から深く10ミリほど彫り、朱色を彩色しました。ガラスサインなどの仕事では色を入れたいというリクエストが結構ありますが、ガラスに色を入れることで注意することは退色です。




室内では問題がありませんが、外部ではどのような色でも、年月で退色してきます。特に青系ははやい。

このような問題点は受注時に伝えておきます。また今回は不透明な朱色ですが、ガラス色材では透明感のある彩色も可能です。

しかしやはりガラス材に溶けている色と彩色した色の質感では、溶けている色にはかないません。ガラスサインできれいナンバーワンはやはりネオン。





ネオンはガラスの色でなく、中のガスの色。子供のころは大きな街中ではネオン、いっぱいチカチカしていましたが、現在はもう見ません。

あのネオン色は哀愁感があり、好きなんですが今はLEDに変わりました。

アートガラスの仕事をしていると必ず、彩色のリクエストがありますので色材のことも気にしなければなりません。

これがお店で売っている色材はカルチャー仕様なんで、まずすぐに剥がれてしまいます。プロ仕様では剥がれたら、クレームで大変なことになるのでご注意を。



ブドウの実が白く光っている、ハイライト、これも彩色です。色を付けただけでは白く光りません。

このようにミラーの裏側からの彩色は表のガラスが保護してくれるので、半永久的。

でも裏から彩色は、色付けもさかさま感覚で色を付けていくので、慣れは必要っす。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2015年07月15日 20時42分46秒  /  コメント( 0 )

エクステリアのガラスアート(建築用エクステリアアートガラス)

エクステリアのガラスアート(建築用エクステリアアートガラス)

ここ数回 たまたま外部、エクステリアのガラスアートが続きます。

今回は藤沢、施主の希望は既存で設置されているガラスブロックのイメージでグリーン色のガラスが希望。

写真の左側に写っているのがガラスブロック。厚さが8センチくらいあり、昔はモダンな素材でしたが最近見ると昭和チック感があります。

それにけっこう流行ったので高速道路トイレや公衆トイレに多用されてるので、記憶の刷り込みで「なんかトイレガラスっぽい」という方もいます。

ガラスブロック間のセメント部分が野暮ったく感じるのかな?

今回は厚さ14ミリの板ガラス状でオリジナルで組み立てたゆらぎガラス。




大きさが250x400ミリほどを15枚、一枚一枚マスキングテープを貼り、コーキングで固定していきます。これが両面だと総メーターは思った以上ですので、時間がかかる仕事です。



うん!きれい!

板ガラス状でイメージに近いものには、既存のガラスでは限界があります。また新たに作るとなるとロット、枚数や時間の問題で非現実的。

そこでいろいろな素材を組み合わせてオリジナルなガラスを組み立てる。作るのではなく、組み立てる。

今回は海外品のゆらぎガラスを前後に使って、より強いゆらぎを出し、真ん中に8ミリのグリーンガラスを使用することでさわやかな売っていないガラス材になりました。

好評で反対側にも設置することにその場でなりました。

このガラスは作った我々にも好評だったんで。嬉しいことです。そしてステンレス枠制作のR工房さん、毎回、良い仕事していただき、助かりまっす。

この藤沢の道は高校生時代、学校帰りで通った茶店があった通り。あれから40年、街並みは全く変わっちゃたけれど、記憶は懐かしく蘇ります。まったく、本当にまったく勉強しなかった高校3年時代。でもめちゃくちゃに楽しい学校でした。

あの時代、大人ってもっと大人と思っていましたが、大人になってみてあの時代から中身はあまり変わっていないんではないだろうか・・・

そのかわり、外見はめちゃくちゃ変わっちゃいましたがね。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2015年07月01日 22時21分17秒  /  コメント( 0 )

エントランスのアートガラス方向性(建築用積層ガラス)

エントランスのアートガラス方向性(建築用積層ガラス)


インテリア中心であったガラスアートも徐々にエクステリアでの使用も出てきます。

だた外部は太陽の紫外線や雨風の問題があるので、建物内部のガラスアートよりも様々な安全面、クオリティ面を検討しなければなりません。

今回は積層ガラスの壁。高さはそれほどありません。300ミリほど。長さは2mを2連。

手でひとつひとつ、細かくカットしていきますが、今回は仕事が重なっていますのでTU君、ひとりでの担当。

高さがなくても、2mの長さを70枚、140mをカットしていくのは手が内出血してきます。
お疲れさん、ご苦労さん。




外部では雨が入らないように接着で一体化にします。でも持ち上げられる重さには限界があるので大きな場合には現場で接着していきますが、太陽光で固まってしまう接着剤なんで、そこが難しいところ。

専用の硬化ライトだと5分くらいで固まるところ、夏の太陽では5秒。瞬殺っす。
固まったらガラスを割らないと剥がせません。




そとはもう夏の日差し。
今回の依頼は隣のビルの風景を遮断すること。



積層ガラスの壁は品があり、清潔感も高級感もあります。

我々はこのようなイメージを「頭、よさそう」と呼びます。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2015年06月26日 23時01分02秒  /  コメント( 0 )

ガラスオブジェ(建築用インテリアアートガラス)

ガラスオブジェ(建築用インテリアアートガラス)


前回 女性の職人の本の話を書きましたので、女性ガラス作家さんの仕事のひとつをご紹介。

春に東京のマンションで徹夜で組み上げた400キロの積層ガラスの時にロビーにあった積層オブジェです。

大きさは高さで80cmほど。5ミリガラスを使用していますので細かい断層になっています。

この方は積層オブジェをかなり以前から制作している女性の方。伊豆のガラス美術館や名古屋の地下街でかなり大きなものを見れます。



ガラスを扱っている人にはこの形を作る難しさが理解されると思いますが、どうやってこの形にガラスをカットしていくか、という疑問も出てくると思います。

ガラスだけで考えると、このような流線型の形はまず、きれいに組めません。試行錯誤して苦労なさって作り上げたオリジナルと思いますので、制作方法は皆さんで考えてください。

なんでも初めにやった方は素晴らしい。たどり着くまでの苦労に尊敬します。物事は10を1000にすることも素晴らしいですが、0を1にすることは、より素晴らしい。

ですので数字の大きさだけで判断すると、見誤りますよ〜。

有名な数寄屋造りの大工の親方が、仕事で一緒になった大手会社、担当者の「当社は大企業でそちらは零細企業」という言葉に対して、
「うちは零細企業という名の会社ではない。数寄屋造り大工集団だ」と以前に聞きましたが、憧れます。

このような話、好きなんでいっぱいあります。徐々に書きます。


昔の仕事の出し方、職人を守る仕事の話ですが、その一つに伊勢神宮の建て替えがあります。行ったことはありません。伊勢神宮は20年に一度、建て替えるそうですが、この20年という年月に重要な意味があります。

大きな意味は職人技の伝承、ということですが、20年であれば10〜20代の若者が手元として、30〜40代の働き盛りが最前線で、50〜60代のベテランが指揮をとる、と職人人生で3回、それぞれの立場で仕事をできるというのが20年。

これが30年に一度となってしまうと各世代が続かなくなってしまうわけです。20年間隔で確かもう60数回、1200年以上なのではないかと。

50年に一度なんてなったら、もう建て替える人は初めての人ばかり。このように伊勢神宮の周りの職人集団の技の伝承を考えて、あの地域では仕事を生み出していたということ。

桂離宮の大修理の話や姫路城はじめ、各地の仕事は長ければ数百年ぶり、ということですので、携わる親方連中の苦労話は頭が下がります。

当工房も新東京駅開業にアートガラスとエッチングガラスに携わらせてもらいましたが、開業時の資料は戦争で焼けちゃって、残っているのは2センチくらいのよく見えない壁の装飾写真。その2僂料飾を2mにするのは、当工房メンバーで意見出し合いましたよ。

2僂鬘横蹐法△佑困澆T-レックスにするようなもんです。

まわりのイメージや開業時代の装飾など探しまくって、描いた下絵は30数枚。でも携われてうれしかったです。南ドームとステーションホテルロビーにあります。共に20mくらい。時間ないなか、ヘルプの人含めて、10名みんな頑張りました。

この国はもっともっと伝統文化を国力あげて守らないと、誇れるものがどんどん絶滅していってますよ。

その点、フランスは素晴らしい。・・・つづく

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆


Posted at 2015年06月19日 23時32分06秒  /  コメント( 0 )

アートガラスのプラスアルファ(建築用インテリアアートガラス)

アートガラスのプラスアルファ(建築用インテリアアートガラス)


具象的なエッチングガラス主流から抽象的なアートガラスへの変化を何度か書いていますが、デザイナーの世代感覚や海外でのアートガラスの影響が大きいと思います。

しかし具象的なエッチングガラスが無くなったわけではありません。現在も具象的なエッチングガラスが3物件制作進行中です。

抽象的なアートガラスも3物件進行中ですが今の物件はとてつもなく大きなものではないので、なんだか皆、マイペース。マイペースということは少々ゆっくりすぎ、というペース。

でもそろそろ納期が重なってくるのでピッチを上げなければなりません。




上の写真のアートガラス材は溶かした色ガラスです。このようなかわいいガラス材はとくに女性に人気。

飴玉のようで小さな子供でしたら、しゃぶります。おいしそう。

食べるで思い出しましたが、終戦後 海苔のおにぎり食べている日本人を見てアメリカ兵は「人の頭を食っている」と思ったそうです。アメリカなどでは黒い食べ物、なさそうだもんね。

以前 TU君がアメリカ人に海苔をあげたら、「・・・カーボンペーパー?」って言ってました。カーボン紙じゃ、ね〜よ。喰ってみ、うまいから。

こちらはもう定番になったスワロフスキー。このように設置条件で虹色に色が屈折してキラキラと耀きます。




アートガラスでの仕事要望のなかでは、このようにガラス材を使っただけでなく、イメージが広がったり、キラキラなどプラスアルファがあると好評なようです。

最近の傾向で、インテリアなどでは男性より女性の意見や好みが中心になってきました。とても良い傾向です。お店や宿泊施設もそう。もう社員旅行中心の、おやじ好みのホテルなんて壊滅。

たしかに女性好みのホテル、旅館は素敵空間です。おやじはダメ、品がない。(おいらに品があるわけではありませんよ)

以前 書きました分野の芸術や工芸、また職人の世界は長い間、男性社会。とくに中世や戦前では女性はめずらしいことでした。(全くいなかったわけではありませんが)

21世紀は女性の時代、とも言われています。先日読み終わった、「女職人になる」という本は10年前の古本ですが、竹細工や箪笥職人など6〜7の職人仕事の修行話が女性ならではのメリット、デメリットが面白い内容でした。

10年後の今、一人前になられ、活躍していてくれるとうれしいです。
10年前より厳しい社会になってますのでね。

次回、忘れてなければ昔の仕事の良い仕組みのひとつを書きます。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2015年06月18日 19時32分29秒  /  コメント( 0 )

ガラス表現技法について(ガラス墓)

ガラス表現技法について(ガラス墓)

ご自分の好きなイメージでお墓を作りたい、とIH社さんからの依頼です。

この方はインカの太陽のイメージのガラスを海外で見たということで、お値段を調べたら数百万円もしてこれは無理、とあきらめていたところ、技法は違いますがイメージに近いアートガラスができるかも、ということで制作しました。

ガラスの厚さは35ミリと厚いです。

海外のガラスは色を溶かした技法で積層も熱積層でしたが、日本では設備のハード面で作れません。

ですので発想を変えて、積層接着技法でいきます。特殊な光で制作中。できるだけ泡が生まれないよう、慎重に慎重に。

泡は入るのではなく、生まれるのです。接着前に入った泡なら取り除けばいいのですが、厄介なことに何もない状態から硬化してくる途中で、泡は生まれてくるときがあります。

でも泡ができるだけ生まれないよう、けっこう時間かけて固めていきます。

泡が生まれるとかなりショックなんです。大きさは1ミリほどなんで言われないとわからないくらいなんですがね。

接着剤メーカーに聞いても泡の回避は100%は無理、って回答ですが、いつも泡無し100%目指します。



TB君が頑張ってドーナツ状に色ガラスを削りました。すべてドーナツ状も可能でしたが、要望で大きな輪は分割で太陽が渦巻いているように、とのこと。

ガラスをドーナツ状にきれいにカットするのは大変ですよ〜。



上下の茶色も色ガラスを接着しました。これで35ミリの色ガラスが完成。海外のアートガラスの数十分の一の価格で出来ました。

泡も無く、TU君、お疲れさん。

「安いから買うというのは買い物ではありません。高くても必要だから買うというのが買い物です」という達人の言葉を聞いたことがありましたが、価格的には数百万円のアートガラスはその話外のお値段かと思います。

欲しくても無理、それに高すぎるんでないかい?こういう場合は当工房では「高杉晋作」と言います。だったらオリジナルとして納得いく価格のアートガラスを考えていくことが職人の仕事かとも思います。

でも物の価格って難しいですがね。このアートガラスと石が合体してガラス墓になります。石屋さんに渡しました。

同じ技法を使うとこのような楽しいアートガラスもできます。ステンドグラスよりも現代インテリアに合うと思います。




☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2015年06月12日 20時25分20秒  /  コメント( 0 )

ガラスアートの傾向(建築用 住宅用インテリアアートガラス)

ガラスアートの傾向(建築用 住宅用インテリアアートガラス)


30年前にガラスの世界に入った時代ではこのようなデザインはありませんでした。

多くは花やブドウなどの植物柄やハイレベルではミュシャの女性など具象的なデザインが中心で、まだサンドブラストの技法でケシガラス的な要素が強い時代でした。

近年は逆に具象デザインは少なくなりました。生活様式やデザイナーの世代交代の影響もあり。
しかし具象デザインをしっかり学んで、抽象デザインに入ると多くの要望にも対応できると思います。設備や予算で制作できない場合でも、技法を変えて提案もできます。

具象デザインでのレベル高い要望も建築アートガラス界では多くあり、こちらは技量が特に問われます。制作したものが期待以下でしたら、もう仕事は依頼されません。

このアートガラスは九州宮崎へ嫁ぎました。設計家のTN先生とTGさんの依頼の中の一枚。ワイドは35センチほどですが高さは2m40センチ、もう一枚は高さは2mですが巾がもっと大きく80僉

持って行きたかったけれども時間と予算の関係で保険掛けて送りました。無事に届いて金曜日に宮崎のガラス屋さんにつけてもらうとのこと。



表裏面に波状にボカシ加工を施して、かどを熱加工で柔らかく溶かしたガラスチップと溶けたガラスを手ひねりして作ったガラス玉を接着しています。

手ひねりのガラス玉はあえて空気を入れることで、表情がでて冷たいガラスも温かみがでます。

空気が入っていないガラス玉は既製品がありますが、仕事ごとに使い分けています。
クリアなスワロフスキーを両面に交差させると宝石のネックレスのようにきれいです。両面に接着するにはクリアなスワロを使わないといけません。

でもメーカーのスワロは裏にミラー加工してあります。ですので裏のミラーを剥く必要があります。3〜10ミリくらい小さいものでしかも数千個単位で。

裏ミラーを剥くノウハウは申し訳ないことに書けません。ご飯の種なんで。




スワロフスキーは一粒一粒、ピンセットで置いて接着します。多いときにはひと仕事20000個ほど接着しますが慣れます。

仕事で大切なことのなかで「体力、気力、集中力」がありますが、最近もう一つ「視力」の大切さが沁みます。

若い時代はなんでもなかったことが、雨の日の夕方なんてもう、棟方志功です。棟方志功、好きだから良しとしましょう。

でも家族にいたらめんどくさそうですが・・・


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2015年06月10日 23時11分06秒  /  コメント( 0 )

現代和風のガラスアート(建築用インテリアガラスアート)

現代和風のガラスアート(建築用インテリアガラスアート)


横浜のクラブのアートガラス、設置完了。

土日月、広島から帰った翌日に設置でしたので少々へヴィーでしたが、まだ設置当日は気が張っているので動けましたが、徐々に体がタイトになってきて土曜日の夕方はもう充電切れ間近か。




頭が回転しないんで詳細は来週にします。

・・・つづく


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆


Posted at 2015年05月23日 20時56分17秒  /  コメント( 0 )

前へ |  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  | 次へ