メインメニュー
家具・装飾品

インテリアアートミラー

インテリアアートミラー



引き続き、ミラーのお話です。

先週に納品しましたアートミラーです。 ベースが8ミリガラスで黄色っぽい金色、異型で30ミリ面取りです。 大きさは約760ミリ。 

その上におにぎり型のクリアミラーを貼ってます。 これはまわり24ミリ面取り。

このようにインテリアコーディネーターや設計デザイナーの方がイメージしたスケッチなどを原寸で制作する場合は原寸の型を作ります。

たまに紙の型を送ってくる方がいますが、紙はダメです。 折り曲げたりしたらすぐに2〜3ミリ、狂います。

型は3ミリのベニヤで制作が建築インテリアの世界では常識。 カッター、ノコギリ、紙やすりなどで100%に近い原型を作り、それにあわせて各ミラー、ガラス材をカットします。

いろいろな制作時に型はいろいろな専門業者に渡りますので、丈夫な素材で、尚且つ扱いやすいものが良いわけです。

この原型型を「マザー」と呼んでます。



このようなミラーをオブジェ的に使うこともあります。 これはモデルルームの壁に飾られて、装飾的な役割のミラーとなりました。

けっこう大切な事は壁への留め方。 背面に紐をかけて吊るすと斜めになっちゃってカッコが良くありません。 この斜めになることを「こんにちわ」になっちゃう、と言います。

絵画などは天井から吊るすピクチャーレールなんて方法もありますが、あれはかなりワイヤーが目立ってオイラは好きではありません。 展示会などで短期間に取り外す場合は良いですが。

ですのでこのような場合は 壁に真っ直ぐにつき、表から見えない方法、「どっこ」というやり方で留めます。

これでしたら取り外しも簡単に出来て良いですが、売ってはいないので自分らで作らないとなりません。 慣れると簡単なんですが、道具をそろえないと無理です。

「どっこ」の方法はネットに載ってると思います・・・ネットで見たことないから検索したら載ってなかった。

「一本ドッコ」ってありますが、それ 違います。



☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2012年01月31日 18時52分57秒  /  コメント( 0 )

最近の建築インテリアガラス材

最近の建築インテリアガラス材



少々地味な写真ですが、最近、建築インテリアのガラス材として一般の方に人気のガラスです。

一般呼称は「チェッカーガラス」と呼ばれているようですが、正式には左が「リストラル」右は「カロリー」と言います。

特に右のガラス材はアメリカのテレビなどで見る警察のお偉方の個室のドアや間仕切りで良く見ます。 

近年はケーブルテレビなどのアメリカのテレビドラマはどれもストーリーが深くてとてもおもしろく、もう日本の番組は見なくなっちゃいました。

拳銃ひとつ撃つシーンでもかっこつけて片手で走りながら撃っている刑事モノなどを見てると、表面のかっこつけでなく、リアル感を追求して欲しいと思います。 もう昭和でないんですから・・・

昭和の映画でテンガロンハットかぶって、ギター背負って登場、ってなんて、あんな奴は昔からいねーだろ。

拳銃は両手で体の前に構えないと当たりません。 マグナムなんて銃の先っぽから30センチくらい火、吹きますもんね。 アメリカで実弾撃ったとき、かなり怖かったです。

と、いつもながら脱線しましたが、アメリカの番組でよく見るガラス材ですが、メーカーはフランスです。

フランスは古い建物、お城を修理し続けますので、今でも古いガラス製法で昔のガラスも作ってます。

わが国は世界一の木と土の文化なので仕方がないのですが、これからさらにどんどんとガラスを建築インテリアの世界に取り入れていって欲しいもんです、ハイ。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2012年01月26日 18時38分48秒  /  コメント( 0 )

楽しいレイアウトのアートミラー

楽しいレイアウトのアートミラー


丸いミラーを重ねて設置しました。

このようにデザイン、柄をエッチングなどで加工しなくて、ミラーのまま、設置する仕事もしています。

このお店は、ミラーの形と並べ方でアートミラーしているわけです。 もちろん、四角や長方形のノーマルな1枚ミラーの設置も、ご要望あれば取り付けしてます。

ミラーの取り付け方は、大きくわけて3パターンです。 額縁の様に裏で紐などで吊るす方法はすぐに思いつきますが、建築インテリアではまずこの方法はやりません。

次に上下金物や穴をあけてボルトでとめる方法。 これもあまりしません。 

一番多い方法はミラー専用両面テープ、厚さが3ミリもあり大きさは40cmx80センチくらいのシート状で使いやすくカットし、さらにミラーボンドというものを使い、壁に直にくっつけます。

ですので曲がってつくともう剥がれませんので、けっこう気を使う作業ですが、この方法ですとミラーが何でついているのかがわかりません。

写真のような場合は、重ねたミラーの裏が下のミラーに映りこんで見えてしまうので、裏を黒く塗装して影のようにしています。

ミラー下の洗面台もガラスです。 デザイナーのお洒落なセンスです。 水道の器具もミラーから飛び出してます。 図面寸法でミラーに穴をあけますが、設置するまでいつもちょっと不安・・・

下準備のエネルギーを使った分だけ、楽しいミラー空間になりました!

2011−10−31 17:31

Posted at 2011年10月31日 17時31分40秒  /  コメント( 0 )

クリスタルカーテン材

クリスタルカーテン材


クリスタルカーテンと呼ばれている、スワロフスキーのガラスレースのサンプルです。

左からカットガラスピースが20ミリ〇、18ミリ〇、14ミリ〇です。 吊り下げる間隔、ピッチが細かければ14ミリ〇もきれいですが、やはりちょっと細かくて、金属部分が目立ってしまうように感じます。

1本ではあまり効果ないのでこれを何十本、何百本と下げるとキラキラと美しいです。 お値段は、やはりそれなりにします。 1本単価は手間と材質を考えるとお安いと思いますが、使う本数の掛け算をしていきますと、高級品になってしまいます。

ですので希望があり、打ち合わせていっても、なかなか予算内で納まりにくいのも確か。 これは自社加工ではないので、協力価格もどうしても限界があります。

下についているカットガラスの重さで、きれいに下がるわけです。 このサンプルは長さが40cmほどですが、両耳にイヤリングのように下げると目立ちますが、あぶない奴と思われます。 重くて原住民の耳みたいになっちゃうけど。

話が変わって、いろいろな方に、他の工房のように完成品だけの紹介でなく、プロセスや材料の情報を聞けてよかった、と最近言われます。

多くの工房は、技術的には秘密主義が多いのですが、当工房は来るひと、拒まず。 でも去る人も追わず。 追うと疲れるから。

工房内に入れてくれないところもある、ともよく言われますが、我々は全部見せちゃってます。 設備は、シンプルなので見てもらってかまわないのです。 要は手技が大切な部分なんで。

先週の金曜日に、ガラス業界の若社長や次期社長さんの団体、17名の方がアートガラスの講習にわざわざお越しくださり、つたないながら説明をさせていただきました。 後日、お礼の言葉を何名かの方にいただき、少しはお役に立てたかな? と思っています。

でもこれは企業秘密です、という部分はやはりありますが、仲良くなっちゃうと教えちゃいます。 でもちゃんと

「他言したら坊主だよ」 とも加えておきますが・・・。

2011−10−19 19:07

Posted at 2011年10月19日 19時07分18秒  /  コメント( 0 )

複層エッチングガラス

複層エッチングガラス


なんじゃらほい? アルミのフレームです。 最近、エコのためによく聞く複層ガラスの間にはこれが入ってます。

ガラスとガラスの間にアルミ材が挟まっており、この中には乾燥剤の粒々が入ってます。 それで中の空気を乾燥させて、寒暖や結露を減少させます。 

軽減させるということで、結露がまったくなくなるわけではありません。 たしか記憶ですと気温差が10度ほどで、湿度が50%くらいで結露が始まります。

現在の寿司屋さんのカウンターは、この複層曲げガラスのショウケースです。 昔の寿司屋さんは、一枚ガラスなので結露してますよ。 今度、気にして見てちょ! 回る寿司屋さんではありませんよ。

内外気温差10度ですので、夏でもエアコンかけてますと、外が暑くて湿度高いので外側に結露します。 冬は逆に室内ですので気になりますが、夏でも結露はしてるんです。 

最近は、複層ガラスをエッチングガラスや間にステンドグラスをいれたい、との希望もありますので、そのような場合はメーカーではまず作ってくれませんので、自社にて複層ガラスを制作します。


左から、エッチングガラスへ透明なガラスを重ねて、複層ガラスにしているところです。 小口の白い部分が先のアルミフレーム。 

くっついたら取るのが大変なんで慎重に、慎重に。

そして、最後は周りをコーキングにてふさぎます。 これでコーキングが乾けば、複層ガラスのアートガラスは完成。

今回は比較的に小さい、といってもW500ミリxH1500ミリほどの大きさでしたが、日本大学の入り口に、取り付けた複層ガラスの間にステンドグラスが入っている仕様は、2000ミリx2300ミリとでかかった〜。 4人がかりで大騒ぎ!

気をつけることは、ガラスの内側のクリーニング。 くっつけちゃったらもう拭けません。

完全に結露をなくす場合は、ガラスとガラスの間が真空になっている「スペーシア」という真空ガラスがあります。 真空部分は0,5ミリくらいと薄いですが、真空は何ミリでも効果は同じですのと、真空寸法が大きいとガラス割れますもんね。 ガラスとガラスがくっつかないようにとても小さな丸いものが5センチピッチで入ってます。

この真空ガラスは、結露がまったくしないですが、厄介な事に、まわりのアルミサッシは結露するんですよ。 ですので、アルミでなく樹脂サッシにしないと効果満点とはいきません。

結露防止で簡単なのは、部屋の空気を動かす事。 シーリングファン、天井で回ってるやつ、あれいいですよ。

2011−10−12 19:55

Posted at 2011年10月12日 19時55分43秒  /  コメント( 0 )

アートガラスではなく家具の飾り彫刻

アートガラスではなく家具の飾り彫刻


初めて、木製チェアーの背面に付く飾りを担当しました。

ガラス素材が専門なので畑違いですが、エッチングガラスのデザインのように描いたものをSファニシングさんが完璧に表現してくれました。 ありがとうございました。


こんな細い部分まで出るんですね。 このデザインのチェアーがいっぱいです。

モチーフは古いイギリスのイメージで、テーマのリボンを入れました。

多くの物事はイメージが重要と常に思いますが、これが一番難しい部分でもあるわけです。 

イメージ・・・例えば歌の「白いサンゴ礁」

〜♪ 青い〜海原〜群れ飛ぶカモメ〜♪〜心 ひかれた〜白いサンゴ礁〜♪

さわやかです・・・が「白いサンゴ礁は白化現象で死んでるサンゴ」・・・友人が言ってました。 う〜ん、その通りだ!

オーナー、支配人共に満足していただきました。 

またひとつ、経験と言う宝ができ、こちらが感謝です。

2011−10−05 18:40

Posted at 2011年10月05日 18時40分25秒  /  コメント( 0 )

曲げアートガラス、その2です。


写真は通常の曲げガラスです。 丁度、この曲げガラスにネジ穴をあける仕事が入ってましたので、写真撮れました。

通常の曲げガラスでも寸法は±ガラス厚は見ないとなりません。 ですのでガラスを取り付ける溝の巾は、曲げガラス厚の3倍が基本となります。

前回の写真のS字曲げは、そのまま釜の中ではS字には曲がってくれません。 どうしてもどこかの部分が浅く曲がったままになるので、数百度の釜の中に入って、手作業でガラスを型に合わせる作業となります。

防火服を着ての作業となりますが、このような作業は大手曲げメーカーではやってくれません。ですので何度か書いている、曲げに命かけている曲げガラス職人集団の会社にお願いします。

当工房は、100%曲げガラスはこの集団にお願いしてます。 もう25年以上の付き合いになりました。

曲げガラスの寸法は合わない、と書きましたが、アートガラスでは合わせないとならない仕事もありますので、そのような時はいつもより大きく曲げガラスを作って、合う場所でカットしていくわけです。

ですので、前回、S字曲げガラスを2枚並べて寸法が合っているのは簡単なことではありません。 水面下で足、バタバタの結果です。


前回のS字曲げガラスの仕事のシュミレーション。 ここまで1ヶ月は優にかかってます。 各専門のクラフトマン、6名の仕事です。 このシュミレーションをして本番、300枚のS字曲げのアートガラスを作りました。 う〜ん、むずかしかった。

この夏に向かって、曲げガラスの階段手すりの依頼をもらってます。 こちらも他と違うイメージで、という希望です・・・(頭からけむり出しながらがんばります。)

完成した写真はまたの機会に。

2011−06−17 19:37

Posted at 2011年06月17日 19時37分46秒  /  コメント( 0 )

曲げガラスの説明です。その1


よく質問される事のひとつにガラスって曲がるんですか? どうやって曲げるんですか? というのがあります。

町のビルなどを注意して見ますと曲げているガラスがけっこうあります。 しかし最近は景気が低迷しているので、予算の関係で、フラットな板ガラスを角度をつけて曲線のようにしているのが目立ってきました。

ショウウインドウやおすし屋さんのカウンター、水槽なんてのもあります。

フラットなガラスで曲線状にしますと、曲げガラスを使ったデザインに比べてどうしても見劣りします。 景気が低迷するといろんなことへ悪影響がでてきます。 好景気でなくても落ち着いている状態の世の中でよいので、人間主義の文化ある世の中を目指したいものです。

写真は曲げガラスでも非常にむずかしいS字曲げ。 ガラスを曲げるという作業を簡単に考える人が多いですが、実寸法でガラスを曲げても寸法は合いません。

ガラス自体の重さで型に合わせて曲がっていきますので、つまり型の上にフラットなガラスを置いて、熱によってガラスが垂れてゆくわけです。

ですので曲げのアール部分の寸法をまず大きくし、さらに各辺は真ん中よりも曲がる条件が違うので、さらに大きくしないとなりません。

例えば1000ミリx1000ミリの1000ミリアールを作りたい場合はフラットなガラスは1200x1200以上は必要となり、最後に寸法に合わせて、人がカットするわけです。

曲げガラスは目に見えないひずみがあるので、ベテランでないとカットできません。 また曲げの内側からでしかガラスカッターではカット出来ません。

でしたら機械やサンドブラストで序々に切ってゆけば、と考えますが、先ほど書きました目に見えないゆがみがあるのである部分までカットすると、ピッ! と割れます。 これを「走る」といいます。

やはり曲げガラスをカットする場合は、人の手で一気に切らないとなりません。

写真のS字の曲げはどうやって曲げるのかは、次回説明します。

2011−06−15 20:15

Posted at 2011年06月15日 20時15分42秒  /  コメント( 0 )

ステンドグラス、エッチングガラスの立て方1


ステンドグラスのパネルを立てる仕様のパイプです。 この方法は店舗の腰カベによく立っているエッチングガラスで使ってます。 このパイプを使わずに立てる方法、自立というのもありますが、それはまたの機会に。

いろいろなメーカーの金属パイプがありますが、主に色はシルバーとゴールド。 主流はシルバーでクラブなどの夜主体のお店ではゴールドを使います。

太さが2種類、長さも5種類ほどです。 また下のとめ方は2パターンあり、頭の飾りは3パターンあります。

最初は説明書を読んでもなんかしっくりこないですが、使うとすぐに理解できます。 またわからない時は、金物会社に質問すると教えてくれるのでどんどん聞いたほうが楽です。

このような金属を取り付ける時に気をつけることは、ネジを回すドライバーの大きさです。

よく見るのは+の形のネジ。 今は−の形のネジはすぐにつぶれるのであまり見かけなくなりました。 この+のネジの大きさは、基本はドライバーの2番というやつ。 ドライバーには1番、2番、3番とあり、1番が細いやつ。 3番は太いやつですが我々はまず使いません。 ドライバーのどこかにナンバーあります。

細い1番では、2番は回りません。 また、2番に細い1番で無理に回すとネジの頭、+部分がクニャってなります。 これを「なめる」といい、厄介なことになります。

日本では+−の他は六角の形をしたもの、これは六角レンチというもので回しますが、この3種類を用意しておけばよいわけですが、建築、インテリアの世界では外国製のネジもあるので、またまた道具が必要となります。

+−は同じですが六角の形をした外国製はミリではなく、インチなので外国専用が必要です。 さらに形が八角や星型なんてのもあり、星型なんてプロ中のプロくらいしか道具を用意してません。

これは輸送の途中に盗難防止のために簡単に開かないよう、専用の道具が必要な意味合いですので、仕方が無い事なんです。

六角、ミリとインチ、八角、星型大きさ各10種類、これだけで40種類です。

でも現場に行って、予想していなかった星型で道具持ってこんかった・・・ということもあります。

「なんでこの仕様でわざわざ星型使ってんねん!」という場合です。

エッチングガラス、ステンドグラスなどアートガラスで仕事を進めてゆく、とガラス以外の知識もある程度、要求されます。でも専門外は基本を抑えておけば、あとはその道のプロに聞けばいい訳です。

反対にガラスの知識は、聞かれたら答えないとならないので、詳しくなっておかないとなりません。

2011−06−07 20:21

Posted at 2011年06月07日 20時21分09秒  /  コメント( 0 )

積層ガラスのアート柱

積層ガラスのアート柱



5月もあっという間に終わりです。

昨夜は友人らと遅くまで楽しく話し込んだのでちょっとペースがのろい日でした。

前半、ゆっくりしてたら各種打ち合わせ締め切りが夕方だったので後半、あせってます。

だったら早くから段取りよくしておけばいいのに、といつも思って早数十年。 人間は簡単には変われません。

打ち合わせのひとつで近年増えてきた接着のアートガラス、積層ガラスの柱がありましたので、載せます。

積層ガラスは板ガラスを積んで接着する技法ですが、写真はたてに接着したガラスを使っています。

途中に光っている部分がいいでしょ。 この光っている部分があると全体に表情が出てきます。

この積層アートガラスを30セット、高さは2m50センチほどでしたが2階の設置場所まで運ぶのがきつかったであります。

これが壁に柱として30セット並びました。 かなりきれいでカッコイイ。

屈強なクラフトマンのMさん、腰痛めました。 グキっと。

積層ガラスは歴史も浅いので、初めてする加工も多いために、予想してなかったピンチがよくあります。

最近、都合よく使われている言葉「想定外」はあまり使いたくないですが、予想も想定もしていないびっくりするピンチ、何回出くわしたでしょうか。

むずかしいひとつに接着剤の特性があります。 この接着剤は一度ついたら剥がれません、が売り。

ですのでちょとでも曲がったらやばいわけですが、人間なんでたまには曲がります。

そんな時は小さく小さく貼ったガラスを割っていくんです。 接着の何十倍も時間がかかりますが剥がれます。

こうやってノウハウを見につけていかないとならないわけですが、納期が迫っているのでその時はきつい。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/


2011ー05−31 19:28

Posted at 2011年05月31日 19時28分01秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  | 次へ