メインメニュー
家具・装飾品

文字、サインエッチング

文字、サインエッチング

昨夏 制作したサンプルが決まり、FC社のNGちゃんKNちゃんらが制作した吹きガラスのオブジェ作品に文字を彫刻し色を入れました。

60個ほどで各タイトルと色がそれぞれ違うので、担当のU氏は一覧表を書いて整理しながらの制作です。

彼女らの作る吹きガラスのセンスがかなり好きです。
日本では吹きガラス、ホットワークを建築レベルで挑む集団は少ないのと女性中心でがんばっているので当工房は応援しています。

NGちゃんは今や世界を舞台に活躍しているガラス作家ですが、知り合った30年ほど前から素直さは変わらずに お付き合いしてもらっています。
その点、オイラは30年前よりひねちゃってるかもしれない。
「初心 忘れるで かならず」・・・反省。

それにエッチングアートガラスで使う吹きガラスをオリジナルで作ってもらっているので、助かります。
呼吸の合う吹きガラス工房さんに出会うことは少ないのです。

多くの吹きガラス制作者は建築業界の仕事に興味があるようですが、取り付け方法など建築の独特のノウハウの壁に突き当たって、躊躇してしまうようです。

そこは建築ガラス業界で冷や汗かきながらきた我々ですので、相談してくれればまずクリアできます。
そして先日書きました海外のガラスオブジェの取り付け方法などがここで生きてきます。

今年好評であれば、毎年制作といっていましたが、評判良ければいいですね。



何度も書きましたが、エッチングガラスなどアートガラスを制作していくと、必ず文字の仕事の依頼はあります。

昨今はガラス素材を使うデザインが多いので、看板、サイン会社さんからの仕事も多くあります。

文字は誰が見てもきっちりと作らないとおかしいものになってしまう危険性が大。

でも突き詰めていくと面白い世界であります。
もっとも我々は建築アートガラスなのでベースのガラスも2m3mと大きいものがありますが、小さいから簡単とはいきません。

小さなもののほうが難しいこと、多々あります。

これな徳川美術館のガラスサイン。ワイド1,5mくらいです。
徳川、って言うだけでなぜか皆の制作テンションはあがります。



ひとつひとつ、仕事をしていけば、いつかこのような仕事の依頼も来ることを目指します。



天下のルーブル、見たのはもう25年前。素直にかっこいい、って思いました。
あの頃の日本ではガラスサインはまだまだ少なかったですが、現在は多くなりました。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2017年01月12日 19時27分18秒  /  コメント( 0 )

ガラス家具什器(インテリアガラス家具)

ガラス家具什器(インテリアガラス家具)

年末の押し迫った頃に制作したガラスの電話台です。
オフィスの入り口に設置されました。大きさは300x300x900ミリ。

電話台を作る場合、電話線をどうやって目立たせなくするか、を考えます。
今回は天板ガラスに穴を開けて、下までステンレスのパイプを通し、下に穴を開けた部分から電話線が出るようにしたので、デザイン的に電話線を見えなくしました。


この現場も年末に行ったところですが、ちょうど以前に制作したガラス家具がありましたのでご説明。

普通の家具でしたら、後ろのステンドグラスが見えなくなってしまう部分が出来てしまいます。
その場合は透明感というガラスのメリットを考えて、ガラスで家具を制作します。

結婚式場なので十字架もデザイン的にスワロフスキーでシンプルながら豪華にしました。

十字架をガラスでというリクエストはたびたびありますが、ある程度大きくなるとガラスだけでは無理なので、金属などと合わせて考えます。

今、進行中のひとつ、ガラスの十字架が完成したらそのときに詳しくご説明を。


もう4年前くらいになるでしょうか、TU君中心でがリペアしたアンティークステンドが変わらずに美しいです。

聖書台、誓約書台、指輪台の3台のガラス家具もステンドグラスがすべて見えるので気になりません。


ガラス家具の難しいところは接着面や辺がすべて見えてしまうこと。
ですので専用の接着剤をきれいに均一に透明にしなければなりません。そうすれば強度も増します。
ガラスどうし、1mm寸法が違ったらもううまく着かない。接着は出来ますがきれいに納まってくれません。

透明材なので美しく接着することが難しいわけです。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2017年01月06日 19時18分54秒  /  コメント( 0 )

京都で見たアートワーク

京都で見たアートワーク


京都に出張したときに、街に貼ってあったポスターで見つけた小さな美術館の明治の刺繍です。


時間はさることながら、技術を追求していく迫力が100年経っても伝わってきました。


近年、人気の若冲などの影響が感じられます。



この時代は仕事に打ち込むことに1日の大半を費やす環境も大きいと思います。

現代は電気の普及で、夜明るかったり、テレビを見たりゲームをしたりと一日の中でたくさんの誘惑があります。

現代の方が便利で面白いことも多いですが、現代だからできないこともあります。

何よりも、ものすごく時間をかけて超絶技巧のものを作っても、売れなければ続けることができません。

この葛藤にものつくりは悩み続けるわけです。




☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2016年10月03日 22時30分58秒  /  コメント( 0 )

茶道具のアートガラス

茶道具のアートガラス


茶道の師範のご依頼で波と龍のエッチングガラスを納品しましたときに、追加でご要望いただいたたばこ盆です。

茶道や華道はまったくの不勉強で、知識がありませんので質問しながらの制作。

波と龍、そしてたばこ盆、3点 気に入っていただけてよかったです。ガラスに彫刻できることがわかっていただけたので、次回にも制作したい、とおっしゃっていただき、恐縮です。




当工房は熱を使わない技法なので、器関係などは主に削りだして接着します。ガラス小口を接着するのはかなり気を使う作業。出来るだけ気泡などが無いようにクリア接着が基本。

熱を使うガラス仕事をホットワーク、熱を使わないガラス仕事をコールドワークと言います。
当工房はコールドワーク。

この季節、溶かしたガラスを吹く仕事は過酷そう。夏場は気温の低い早朝から塩を舐めながら作ると言ってました。
寒ければ着込んで動けば温まりますが、暑いのはやばい。元氷屋なので寒いのは踏ん張れるけども、厚いのはへばります。

最近は机で出来るバーナーワークという技法が全国で増えてきました。
トンボ玉やアクセサリーガラスを作るのが主流ですが、比較的に小規模の設備で家庭でも出来るのでけっこう盛んなようです。

ステンドグラス初め、吹きガラス、バーナーワーク、サンドブラスト、エッチング彫刻などのスクールも全国にあります。
当工房にもよくお電話でスクールの問い合わせを頂きますが、申し訳ないことにやっておりません。やはり建築の世界のアートガラス関係に携わっていると納期に追われ、またイレギュラーな仕事も多々入ってきますので、もう建築アートガラスのみに集中するしかありません。

ですので知り合いのスクールをご紹介しています。




先日、HRさんデザインの器、好評につき追加注文いただきました。
けっこう手間がかかるので本日からU氏、中心で制作に入ってます。工房内はステンドグラスのガラスピースが2000ピースくらい、置き場所を工夫しながらカット中です。

その置き場所の間でエッチングガラスも進行中。今のエッチングガラスは大きさが手ごろなのでスペース的には助かります。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  



Posted at 2016年07月28日 18時50分22秒  /  コメント( 0 )

ニッカウヰスキー余市のアートガラス(建築用アートガラス)

ニッカウヰスキー余市のアートガラス(建築用アートガラス)


ラベルのおじさん登場、この人です。名前は「ローリー卿」と言うそうです。
お酒好きで興味ある方は検索してみて下さい。このフィギア、欲しいっす。



マッサンとエリーの自宅もありました。すばらしいデザイン。

今はこのようなデザインの家はとても少ないですが、以前の鎌倉や逗子、藤沢鵠沼などでは普通に見かけたものです。

残念なことに、それも相続税関係などで今は絶滅してしまうくらい、ありません。
一度、壊れた街はもう二度と元には戻りません。日本の行政はまったく街つくり関連にはセンスがありません。
法律違反でなければ、たとえ狭いがけでも目いっぱい住宅作ります。

だから地方の駅に行っても、どこもリトル東京。最近、金沢駅など独自の文化デザインでの建築が出てきてうれしくはあります。

ヨーロッパの町並み、質素な田舎でも美しいですが屋根の色が統一されていることが大きいと思います。その町の近くでとれる土で焼くので、材料が統一される。地産地消。

南国ではヤシの木以上の高い建物はダメ、わかりやすいです。また道路は消防車がUターンできる幅などとてもわかりやすい。
難しいことをわかりやすくするのがセンスある才能。簡単なことを難しい言葉で言うことは容易です、特に自分の専門分野では。


 
建物の中の欄間にステンドグラスらしきものがありました。

よく見ると一枚の小さな色ガラスを鉛でなく木の枠、指物でとめているようです。あの時代、強烈なセンスです。色ガラス一枚は2センチx7センチくらいと細かいですが、細い指物枠で品が出ています。
これをジィ〜と見てるのは、オイラとHRさんくらい。




すばらしい日本の指物、茨城県の方は大好きみたい。
仕事で伺った何件かの茨城の方の自宅には、立派な木の家具や指物の部屋が必ずありました。

ある方はもう手に入らない縄文杉の指物、細かい細工の枠が見事でした。ところどころ欠けてしまっていましたが。

「見てないときに孫がパキッパキッとしちゃってねぇ〜」そういえば、高さが子供の目線・・・

その犯人はハイになって部屋、駆けずってました・・・


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2016年07月25日 19時51分46秒  /  コメント( 0 )

ニッカウヰスキーステンド(建築用店舗ステンドグラス)

ニッカウヰスキーステンド(建築用店舗ステンドグラス)


現場打ち合わせ、採寸で久しぶりの北海道です。
何度も来ていますが、雪がない北海道は初めて。元、氷屋なので雪祭りの前に北海道入りして、徹夜で彫刻して雪祭り前には帰る、の繰り返しでした。
もう一面、真っ白。写真とっても白黒です。

だから雪祭りは見たことがありません・・・開催前に帰らないとホテルの部屋は観光客でいっぱいなので、制作者はもう空きがなくて泊まれません。

この間、ニッカステンドグラスを制作したので改めて有名な広告を見に回りました。



そしてマッサンとエリーの余市へ足を延ばして、見たかった本家のニッカステンドグラスを見に行けました。

でかいです。高さ1,5mはあります。そして参考写真では良くわからなかった髭の部分のステンド板の種類もよ〜くわかりました。百聞は一見にしかず。




北海道は昔からの文化が残っているので、いろいろとガラス初め、勉強になりました。

本日は鎌倉の花火大会ということで帰ります。見るのではなくて、花火大会終わっちゃうと道が混むからです。

今は鎌倉花火大会は7月20日ですが以前は8月10日でした。
お盆の休みになる夜だったので皆超ハイになり、それはそれはたくさんの思い出があります。

昨日、OB君と久しぶりに話して知りましたが、超スポンサーの鳩サブレにちなんで、「鳩の日、ハ・ト 8・10の日」だったからっす、とのこと。

もう50年近く経つのに、知らんかったばい・・・

鎌倉の水中花火、でかくて良いですよ。この季節、毎週どこかで花火の音がしています。

「作ったものを壊して喜んでもらえるのは、俺らくらいだね」って花火職人が言ったこと、思い出しました。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2016年07月20日 19時44分32秒  /  コメント( 0 )

色々な造形物

色々な造形物


今回はガラスではないお話を。

エッチングアートガラスをご自宅に設置したときに玄関にあったフリーザーです。大きさは1m50〜60cmほどあり一点ものと思われ、とてもグッド!等身大というやつ。ライフサイズとも言います。

オーナーは今、日本で一番売れている忍者の漫画の作者なので、ドラゴンボールの作者から直接、頂いたのかもしれません。

今の漫画界では ドラゴンボール、ワンピース、なると が3大巨匠と言われていますが、ありがたいことにこのうち2名の方から仕事をご依頼くださり、かなり大掛かりなアートガラスを設置させていただきました。

お話をお聞きしていると、どちらもドラゴンボールに影響されて漫画を描き始めたということです。たしかに鳥山明巨匠はもう40年近く前にはじめて読み切り漫画が載ったときから、他の違う印象深い作風でした。


すばらしい!欲しいです。


オイラも造形物が大好物です。
こちらは昨年、がんばった自分へのご褒美。やはり目の前に人参がないと走れません。

札幌の遊園地にあった回転木馬、1m80cmくらいあります。木馬、HRさんと40年位前に明け方の海岸線を遊び疲れて車で走っていたら、家の窓からなぜか木馬が出ていて幻想的でした。その家は日本でバレエをはじめて伝えた方の自宅でした。

それ以来、でっかい木馬が欲しかったのですが、今回、40年かかって縁あってこの木馬が我が家に来ました。
飾り物でなく、遊園地で活躍していたという木馬なので、かなりうれしかったです。

昨年 一年間の苦労が吹っ飛びました。趣味ってそんなもの。

人形も大好物。
人形師のHIさんはジュザブロウの兄弟子で仲良くさせていただいています。ものすごく優しい方。

そして販売してはいないのでまず手に入らないであろう大好きな人形作家、大野きらさんの作品のひとつ。この方はお会いしたことはありません。
初めて見たときは、もう20数年前、ズッキュンとやられました。

ぜひ「キラドール」で検索してみてください。ものすごい世界観がありますよ。


テレビでプラハにはマリオネットの人形文化があり、ショップを紹介していましたが、行ってみたい国、ベスト10に入っています。

またプラハにはミュシャのすごいステンドグラスもあるので、行きたいとずぅ〜っと思っているのですが、北欧は遠いです。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2016年06月30日 19時40分01秒  /  コメント( 0 )

ガラス家具完成 (建築用住宅ガラス家具)

ガラス家具完成 (建築用住宅ガラス家具)


超へヴィーなガラス家具、完成写真。今回は空中での作業でしたのでかなりエネルギーを使いました。これはノーマルなガラス屋さんはやらないだろうな・・・と思って組み上げてました。

でも超へヴィーでも完成すると「もう同じ仕様は大丈夫」という気持ちになります。
バカですから。

一部、1〜2日固めるために補強治具を付けておき、後日取ります。



でっかいです。でも透明質感がきれい。でかいと言うことは重いと言うこと。透明だと重さを実感しにくいので、つらさはわかってもらえるのだろうか・・・


空中に飛び出ています。
下のフロアまで3m50cmほど。その上での作業なので約4mでの組み立て。ガラス屋ではなく、もう曲芸士。

ここ数年、ガラスで組む家具が目立ってきました。ガラス家具は直角と寸法合わせがものすごく大変。1mm違えばもう組むのに支障がでます。


ガラス家具を最初に見たのはもう25年ほど前のイタリア、デパートの家具フロアでガラス家具がたくさんありました。けっこう衝撃でした。もっときわどい組み方をしていました。
やはりラテン系はやっちゃいますなぁ〜。


青い馬を見つけてきたら、莫大な賞金を出すと言うと、

アメリカ人は 見つけたら英雄だ、と勇んで探しに行く。
イギリス人は いそうな未開の土地に行く。
ドイツ人は  青い馬について図書館で調べる。
フランス人は けっして賞金が目的ではない、と理屈をこねながら行く。
中国人は   白い馬を青く塗る。
イタリア人は なにも考えずにとにかく行く。
スペイン人は もうすでに見つけた気になってどんちゃん騒ぎをする。いいなぁ〜、ラテン系。

ちなみに

日本人は   探しに行っていいか、上司の許可をもらいに行く。・・・・・

皆がラテン系だったら、地球は楽しそうだな。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2016年06月20日 19時50分35秒  /  コメント( 0 )

ガラス家具制作風景(建築用住宅ガラス家具)

ガラス家具制作風景(建築用住宅ガラス家具)


ガラスの家具の制作風景です。先月でしたがやっとご紹介する元気が出ました。

理由はとてつもなく難しかったこと。このほかに2台、計3台のガラス家具でしたが、当初予定していた取り付け3回がもろもろのアクシデントで7回になり、へこんだこと。

へこんだ仕事は元気玉がもどるまでは他の仕事に集中します。
その間もアクシデントの原因と対策は頭の中をぐるぐるしますので、元気が戻れば同じ仕様であればもうOK。

いつも元気なわけではありません、人間だもの。

それでも一流のガラス職人、MZさんは「さあ、やろう」といつもと変わらない仕事の進め方。
さすがです。このような腕に覚えのあるガラス職人さんに多く支えられています。

今回もMZさん初め、OYさん、Mさんといるだけで安心できる方々と仕事が出来ました。もちろん、他のメンバーにも感謝。




これはワイド2m50cm、高さは1mほどの長く高い椅子状のガラス家具を高さ3m50cmの空中に飛び出す仕様。

他のガラス屋さんができない、と設計家から相談され、かなりヘヴィーだけれども「出来る」と判断しました。「出来る」と判断したのだから、何があっても納めなければなりません。

通常の床であればまだいろいろと小回りが利きますが、3,5mの空中では正直、作業も気が抜けません。しかも厚いガラスなので重い。

このガラス家具は大変ながら順調に行きました。アクシデントはもっと簡単なガラス家具のほうでした。そのアクシデントも自分らではなく、他の業者の影響で発生したので「出来る」と判断したことは間違ってはいなかった。でもエネルギーは充電しないと切れ掛かります。

いろいろな問題と格闘して苦労して納まるとノウハウという宝物が手に入ります。

ノウハウは大変な思いをしながら得ることが多いので、そう簡単には教えてはくれませんし、教えません。

でも気を許した人にはすぐに教えてしまうのもクラフトマンの性。

だから大切なひとつは応援してくれる人をいっぱい持つこと。それには共に冷や汗をかくこと。
ごまかさないこと。何も出来ない若いときは元気に動くこと。

「おい、若いの。今は何もできなくてもかまわないから、挨拶だけは元気良くしようや」

これ、もう35年以上前にその時の10名のチームリーダーの大先輩、TSさんに言われたこと。それはそれは怖く厳しい先輩でした。もう人でなくて鬼。角、生えてたんではなかろうか、2本くらい、にょきっと。

仕事は教えてはくれません。話してくれたのは2週間くらいたってから。でも認めてくれてからは人一倍、何かと気にかけてもらいました。

「なんでしばらく話してくれなかったんですか?」「多くの連中が2週間以内に来なくなるからだよ。」
・・・今はお気持ち、わかります。

その後は感謝しかありませんです。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆


Posted at 2016年06月13日 19時59分36秒  /  コメント( 0 )

エッチングミラー銀挽き加工(建築店舗用エッチングミラー)

エッチングミラー銀挽き加工(建築店舗用エッチングミラー)


ミラーに銀粉加工しました。
今回はブロンズミラーでしたので彫刻の深さがブロンズ色の濃淡で立体感が増しました。

でもブロンズミラーは最大6ミリ厚なので深くは彫刻できませんが可能な限り、U氏が彫刻しました。最大で4ミリほど、感覚勝負です。


エッチング彫刻で難しいのは人物なので仏像関係も大変な素材です。また顔は横顔がベストですが正面顔は厄介。まず鼻が6ミリしかないのでそのままでは出ません。

でも仏像関係はなぜかウキウキする素材でもあるんですがね。


タイトな仕事状態の70%ほど登り切りました。あと30%です。本日仙台へ26枚、エッチングアートガラスが出発しました。
工房ではエッチングガラス、アートガラス、ステンドグラスが制作中です。

目の前の山を登りながら次の仕事のリクエストの打ち合わせを同時進行。この山が終わった後の予定のひとつは北海道ですが、なぜか夏の北海道はテンションが上がる。

北海道の前にお江戸、新宿のエッチングアートガラスですがまた寸法が出ない。建築、特に店舗関係のガラスは寸法出るのが遅い場合が多々、あります。

まわりが作れないとガラスの寸法は出ない、という仕様の場合はもうぎりぎりまで出ない。でも締め切りは変わらないわけで。

建築関係のアートガラス、これでまいっちゃう人、結構いるんだよね。独特の特殊な世界でもあります。環境、状態、人間すべて。

まあ、どんな仕事もそれぞれのカラーがあるので、不満であれば自分に合った世界を探すしかありません。100%合うことなんてないんですから、まず51%合ってれば60、70、80%合わせていくのはあとは自分しかない。

その前に「正社員になれない」と悩んでいる人が多いですが、オイラたちは若いころから正社員にはなりたくない、と思ってきたのでこのような相談は無理です。わかる人に相談ください。

ごめん。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2016年05月16日 23時21分27秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  | 次へ