メインメニュー
デザイン

アッシドエッチング制作中(建築用住宅用エッチングガラス)

アッシドエッチング制作中(建築用住宅用エッチングガラス)


ヨーロッパ技法のアッシドエッチングガラスが通常のエッチングガラス制作よりも5倍大変と書きましたが、多くはデザインを描き出すことに時間が費やされます。




今回は古い西洋館にすでに設置されている1枚のものからの復元です。数十年前のエッチングガラスですが、テクニックやデザインは素晴らしいです。
このような全体像から模写していきます。

通常のエッチング彫刻でしたら下の写真左のデザインから彫刻に入りますが、アッシドエッチングの場合はエッチング液で濃淡を出しているので右のような影があるデザインにまでしていかなければなりません。

これに時間が必要。若い人に多いのですがよく、「コンピューターで制作してるんですか」と聞かれますが、ち、が、う。
すべて一品ものなので、ハンド、手作業です。手作業のほうが早いっす。
もっともコンピューターのやり方がわからん。覚える気も今のところ、なし。

ひたすら 太さの違うデザインペンで描いて、大きな面はマジックで塗りつぶしていきます。油性は紙に滲むので水性サインペン、100円のものが塗りつぶしやすい。
でもペン先が潰れちゃうんでこのような場合は3本くらいダメにします。




全体像が見えてきました。このようなデザインが潜んでました。

これからガラス自体の下準備をしたものをFG社へ、デザインを起こしたものを特殊なマスク材にするためにAT社へと送り、特殊加工したものを送り返してもらいます。




これで制作の準備が整います。そのあとはひたすら似せるために格闘。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2016年02月17日 18時41分27秒  /  コメント( 0 )

タペストリーミラーのサイン(建築用ガラスサイン)

タペストリーミラーのサイン(建築用ガラスサイン)


クリアミラーの表面をけして薬品で浸食させたくもりガラス状態のミラーです。
通称、タペストリーミラーとかフロストミラーと言います。どちらの言葉も同じ加工状態ですがメーカーによって、呼び方が違います。

日本の建築板ガラスメーカーは3社しかありません。板ガラス以外の建築関係ガラスでは、ガラスブロックという建築エントランスや昔のお金持ちのおうちの壁に見る、ガラスブロックというガラスを作っている日本電気硝子があります。

ここは昔はメインがテレビのブラウン管ガラスを作っていたので、電気硝子。板硝子は作ってはいません。

板ガラスの3社も規模がとても大きな設備が必要なので、すべて財閥系。三菱、三井住友、宇部の財閥が起こしました。

だから横浜のみなとみらいは三菱ドック後なので、あそこのビル群の多くは三菱系の旭硝子が強いわけです。

一枚ものの大きな板ガラスが製造できるようになったのは、実は近年です。ここ40年ほど前。

子供のころはガラス面積が小さかったです。だから昔の人は小さなガラスを組み合わせる枠をおしゃれに作りました。古い家にまだ見られます。





世界で一番大きな板ガラスメーカーはヨーロッパにあります。欧米ではステンドグラス専門で作っているメーカーも10社近くありますが、日本では今はありません。

昔は2社ほど作っていましたが、商業的に存続が出来ずにやめました。

板ガラスメーカーも現在は板ガラス事態にはあまりウエイトを置いていません。現在は硝子技術を駆使したグラスファイバーや液晶関係、太陽光パネルなど、小さな設備で大きな利益を上げられる商品に力を入れています。

わかりやすく言えば、保谷ガラスはクリスタル食器メーカーで有名でしたが、現在はメガネやコンタクトレンズの HOYA となってます。昔のステイタスだったクリスタル食器は今は昔ほど注目はされません。

鉄1トンの値段とダイヤモンド一粒の値段が同じならば、企業はダイヤに行くわけです。ましてダイヤの方が価格が高ければなおさら。

鉄1トン運ぶとなると、重機やトラック、人も多く必要ですが、ダイヤはポケットに入れて運べますもんね。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2015年03月13日 23時28分56秒  /  コメント( 2 )

現代ステンドグラス(建築用インテリアステンドグラス)

現代ステンドグラス(建築用インテリアステンドグラス)


2月の大雪で屋根のガラスを雪が突き破ってステンドグラスが数枚破損したので修理交換の依頼がありましたが納品予定がめちゃ込んでいましたので時間をもらって修理交換してきた現場のステンドです。




TU君とINちゃんにお願いした現場ですが写真撮ってきてもらってぶっ飛びました!




このステンドグラスはブライアンクラークといって現代ステンドグラスの西の横綱。(東の横綱ももちろんいます。)

以前に海外ガラス本で見ましたがそれが国内のけっこう近くにあったなんて知りませんでした。

このシンプルながら色と部分的なライン構成、出来るようでなかなか出来ません。だいたいこの色のガラス材が国内には枚数が無い。

高い部分なので小さく見えてしまいますがひとマス70センチあります。早朝から丸1日、労働的には丸1,8日かけて無事に現場にて修理交換してくれました。ありがとさん。

今ステンドグラスの打ち合わせを4件していますがそれぞれ好みが違うのでストライクゾーンに近づくまでは一仕事。そして好みの色までが二仕事。

エッチングガラスやアートガラスの場合は多くは色を使わないので色の部分の打ち合わせ部分は楽ですが。

音楽と同じで個人の好みなのでこれが一番、なんてデザインはありません。音楽、車、ファッション、インテリア等々。社会に出ると1+1=2でない勉強が多くなります。でもつらいのは1+1=2の部分が基礎でその上に成り立つということ。積み重なっていくように。

だから学生時代の基礎は大切・・・と気づいたのがつい最近。イッツーレイト、遅すぎ感ありあり。


「ビートルズ」と「ローリングストーンズ」どっちが一番?・・・人それぞれであります。「ビーチボーイズ」が一番!いや「マイケルジャクソン」だ!・・・いやいや断然「八代亜紀」!

どれが一番なんて正解がないので色々な良いもののジャンルのカルチャー、サブカルチャーにアンテナ立てて電波受信しようとは思ってます。

大切なことは良い電波を送ってもらっても受信する自分のアンテナがしょぼいと電波受信できないということ。

アンテナ感度良くしていくのは「素直さ」と思いますがこれまた年齢と共に盆栽の五葉松のようにひねくれまくりな今日この頃。

人間は所詮、自分の感性以上のことは感じないのですから感度高くなりたいもんです。

(演歌でも八代亜紀は良いと思うオイラ)

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆

Posted at 2014年07月26日 20時03分06秒  /  コメント( 0 )

ガラスオブジェ1

ガラスオブジェ1

ここ数日間 イメージが京都、というガラスのオブジェと格闘してます。予定では14日間ありましたが現場の都合で寸法変更などがあり、制作にかかりだしたのが7日前ですので格闘。



オブジェですが我々の仕事は板ガラスを使ってのものです。ガラスの塊ではありません。大きさはW1400xH1800が2面、同じ物。

オブジェの一部ですが ベースがクリアミラーで裏から細かい和文様を彫刻して金粉加工してます。

表側には今回グリーンのガラスを3枚、積層接着しました。グリーン色なので3枚重ねると色の濃淡が出てきれいです。

この一部分で 〇エッチング彫刻 〇金粉加工 〇ガラス小口かじり加工 〇接着加工と4種類の技法を使ってます。

このミラーベースの前に積層ガラス、10ミリのハイクリアガラスがきます。

前の取り付け現場が2日間、予定より遅れてましたのでオブジェ制作で土曜日もフルで制作してましたが45年ぶりという大雪。見る見る積もってこちらでは場所によっては60cmくらい積もりました。 
 
本来ですと早く仕事を上げるんですが制作しないと間に合わないんで外を見ながら制作。

「なんて日だ!」

帰るのはあまり気にしなくても、おいらとHRさんは車が4駆、他のメンバー、乗せられる。札幌生まれ、育ちのU氏は「こんな雪の中、毎日登校してたんで問題なし。久しぶりなんで懐かしく歩いて帰ろう」

ソチオリンピック会場より降ってるではあ〜りませんか。

ですのでここ数日 大雪疲れでリズムがいまひとつ。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2014年02月12日 19時35分41秒  /  コメント( 0 )

驚きのアートガラス (建築用アートガラス)

驚きのアートガラス (建築用アートガラス)

何回か書きました取り付け現場の重要さ 大変さですが本日の取り付け風景です。


畳3畳ほどのスペースに男5人、写真を撮っているおいら含めて6人・・・人口密度、濃いです。それでなくてもキャラが濃い面子ですのでもう濃厚。

男連中が集まって 作ってるんだか壊してるんだか、わからないくらい大型の現場は戦場。

建築インテリアのアートガラス、特に枚数あったり、大きかったりすると他の業者さんと同時やタイムアップが決まってるんである意味、男祭り。漢字の漢と書いて「おとこ」の世界。むさくるしそう・・・

ですので大型アートガラスの世界、これで参っちゃう人、結構いるんですよ。

本日のガラス職人の一人、OU弟君が昼ごはん後、近くで施工したおもしろいガラスがあるんで見せてあげる、と連れて行ってくれたお店のガラス。



ひさびさにぶっ飛びました。ある程度のアートガラスを見ても驚かないのですがこれは興味深いです。



一枚のガラスを膨らませてこのような形にしています。
方法は型を作って曲げガラスの仕様で制作した物と思いますが、よくこの型を作ったものだと思います。

型代はとても高いので枚数を量産しなければなりませんのが、このような仕様は外国製と思われ、それ以上の情報がない今、また宿題になりました。

それにしても久々に驚きました。

ムーミンのスナフキンは実はこうもり、以来です。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2014年01月28日 19時54分34秒  /  コメント( 0 )

アートガラスの新たな表現のヒント(建築用アートガラス)

アートガラスの新たな表現のヒント



先日 アートガラスの新たな技法や表現を探したい、と書きましたがさっそくHRさんが名古屋に出張時に興味引く技法表現の素材があったので写真を撮ってきてくれました。



おぉ、クールではあ〜りませんか! 

素材はガラスやミラーではありません。写真と見た感想で技法はおおよそわかりました。
素材が違うものでも自分らの仕事に活かせる技法、アンテナを張ってると出会えます。

また街でアートガラスを見ますとどこの会社や工房で彫ったかなど大体、検討がついてきます。

本日、岐阜県の仕事で設計の方と打ち合わせましたが、アートガラスの説明や工房内を見てもらうと今まで気にとめなかった街中のアートガラスに目が行くようになる、と言ってました。

このようなことは逆に噴水デザイナーと仕事をして、街中の噴水が目に入るようになったり、鉄の装飾枠の会社とコラボして、街中の鉄装飾が気になったりと我々も街中で宝探しのような歩き方になってます。

デザイン、絵画、装飾、アートガラス、造形、他なんでもかんでも勉強になるのがアメリカ人の大人のテーマパーク、ラスベガスです。我々は賭け事はしませんが街を見るだけでお奨めです。

国内ではやはりディズニーランド&シー。最近は外回りの仕事以外、中は入ってませんが。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2013年10月21日 19時29分47秒  /  コメント( 0 )

フランスのアンティークステンド(建築用ステンド)

フランスのアンティークステンド(建築用ステンド)

リペアしたステンドグラス、フランスの絵付けはやはりフランスっぽいです。



狭いのでこのくらいしか写真は撮れません。

今回は特に一番下の青いステンドグラスが気になりました。このような色使いは今までに見たことがありません。大胆というか、ゴージャスというか。

このステンドは本来長方形でした。上の部分を柔らかいイメージのため、半円にカットしました。丁度白い花柄が半円になるようにうまく調整できたので違和感なく、はじめからこのような上が半円のステンドグラスのように見えます。

でも調整、かなり苦労しました。



細かく描かれています。このくらいの密度の絵付けですと現代ではものすごく時間と予算が必要になってきます。

このようにアンティークステンドもそうですが例えばエレキギターなんて1950年代に製作されたものを材質、音色など今では越えられないものって結構ありますね。

世の中、すべてが進歩しているわけではなく、中には後退しちゃってるものもあります、残念ですが。

2020年、東京オリンピックが決まりました。細かいことはやりながら修正していって、被災地の方々はじめ、皆が「よかったね」と言える様になりたいですね。

もう決まっちゃたんだから、良くなることにエネルギーをかけなくては。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2013年09月09日 19時20分25秒  /  コメント( 0 )

オリジナルミラー

オリジナルミラー

そういえばもう学生は夏休みが始まってるのでこちらの海岸線は平日でもいつもより混んでます。

毎週どこかの海岸で花火大会が開かれ、海の家も最近はおしゃれなイベントハウスが多くなりました。海の家なんて若い頃、泳いでてもお金がないんで入ったことありません。

アッ、でも友人SK氏やSG氏と17歳くらいの時に夜の海の家で射的や弓、・・・昭和・・・なんかやっているのでふらふらと遊んでいたら、インベーダーゲームがあり、見たのが初めてなんで100円つぎ込みましたが、おいらは才能が無いようでそれ以来、ゲームはやってません。もう40年近く前の海・・・

夏なんで湘南文化の1ページを作ったひとつ、「シードック」のオリジナルミラーです。



残念な事に今はお休み中。でも20年前はこのマークのTシャツ、トレーナーが都会まで売れてました。

いろいろなイベントで数量限定で注文されたミラーです。現在はオーナーさん、海犬茶屋とペット専門店をやってます。

また復活、待ってますよ。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2013年07月29日 20時04分51秒  /  コメント( 0 )

アートガラスの方向性

アートガラスの方向性

最近はデザイナー、設計家、そして注文される方々の感性が以前と違ってきているように感じます。

年代が若い、つまりジェネレーションギャップっていうことかもしれません。



たとえば このアートガラスはグレーのフィルム、濃淡2種類での仕様です。 しかもガラスが2重の合わせガラス。

さらに床に反射してるように反転したデザインのアートガラスも制作依頼がありました。 つまり反転デザインで2セット。(床に映ってるんではありませんよ) 

注文された方がデザインしましたが、これが今、超メジャーな海賊マンガの作者です。

このようにフィルムの濃淡で表現するという考え方は我々には無かったです。 

むずかしかったのは手カットですので、転写したデザインがグレーベースで見にくいことと、カットがはみ出したら、目立ってオジャン、ということ。

でも無事に終われば、スキルになります。 ドツボにはまる事もありますが・・・


本日、打ち合わせたアートガラスもこれまたどうやって制作したのかわからないイギリスの特注アートガラスでした。

銀箔かプラチナ箔を全面に貼ってますが、部分的に透明なんであります。 きれいに透明なのがわからん・・・。

でも制作方法を探っていかなければなりません。

やればやるほど、わからない事にあたるということ。 分かるためには前に進むしか解決方法はありません。

これはどんなことにも共通すること。 

怖い事は分かったつもりになってしまうこと。

・・・という言葉を思い出して明日もがんばりませう。

 
☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2012年10月15日 21時03分41秒  /  コメント( 0 )

アートガラス関係の本

アートガラス関係の本

数年前に買ったデジカメの調子がいまひとつ悪くなりそうなので、最近のデジカメを買いました。

前のデジカメは、その当時の最新で1000万画素で値段も高かったのですが、近くの写真屋さんが廃業してしまったので、フィルム現像してくれるところがなくなってしまい、仕方なくデジカメを買った次第でした。

でも充分な質感と写真印刷が容易に、何枚でもオーケー、は やはり便利です。

何枚撮っても確認できていいものだけを残せて消去できる、が一番魅力でした。 それまでは素人なんで、海外でのガラスの写真を撮る場合は、36枚撮りフィルムを12本くらい持って行かないと不安でしたもんね。

今は価格もお安く、1600万画素もあり、いろいろな機能も付いて進歩のスピードについていけません・・・。

でも、きれいに簡単に写真を撮れればいいので、深くは考えないタイプです。

出来るだけ細かいものを試し撮り、ということでアートガラス関係の本を撮りました。



どうかな? どうだろ〜ね? なんかいまひとつ・・・スキャナーが追いつかない感じ・・・。

こういうことはKN君に聞くと詳しいんで来週聞きましょう。 

25年くらい、コツコツと集めたアートガラス関係の本です。 1冊1冊思い出があります。 そして本は擦り切れるくらい使いたいタイプなんで、仕事の資料でけっこうダメージくらっている本もあります。

1000冊くらいになったでしょうが、もっと持っている方がいるらしいのでこれからも頑張ります。

今週は1日休日で少なかったので、6日間の仕事を5日間でこなすためにヘヴィーな動きでした。

週休2日や年間休日が多い方で仕事をこなせている方々を本当に尊敬します。 

本日打ち合わせに行き、これから新しく始まる計画現場です。



ガラスが一瞬でくもり、消し状態になり、中の景色が見えなくなる仕様です。 

デザイナーがニューヨークの人でしたので なかなか勉強になりました。

我々が思うデザインと違った感性でした。

今週はこれで帰りましょう。 また来週のヘヴィーさはしばし、明日の日曜日は忘れていましょう。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2012年10月13日 21時08分32秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ