メインメニュー
搬入・施工

ショーケース制作(マンションギャラリー)

ショーケース制作(マンションギャラリー)

マンションのエントランスに設置されるショーケースのガラスとミラーを取り付け。
六本木のマンションなのでお高そう。

ショーケースはいろいろな組み方がありますが、今回は金物で枠を組んで上からガラスを落とし込み、背面にミラーを貼って、最後に天部分にガラスの蓋を左右にとめる仕様でした。

今回は我々はガラス、ミラーと設置のみの仕事。
ショーケースが出来上がるまでには、金物屋さん、電気屋さん、人口大理石など思った以上の職人仕事が絡みます。

金物屋さん、電気屋さん、調整中。
ガラスは仮組なのでこのあとに調整します。


このような仕事ではガラス調整は0,5ミリ単位。
ガラスは正直なので直角や左右の高さの違いがどうしても出てくるので、それを可能な限り調整しなければきれいに納まりません。

とくにショーケースなどは中に高価で美しいものを入れるほど,ショーケース自体も美しさが求められます。
ですのでガラス仕事の中でも、デパートのショーケース仕事などは高度な仕事になります。



美術館にあっても良いくらい、2台、美しく出来ました。良かった良かった。
アートガラスでお付き合いのある会社で、このような仕事でお声がかかるときもあります。

本日、みなとみらいのヨットの帆のようなホテルの工房にNBちゃんとINちゃんを仕事で訪ねました。

お互いに早いもので30数年来の付き合いになりました。
三人ともに毎日毎日、3m〜20mくらいの徹夜で氷を彫る、血気盛んな若者でした。

現在、血気盛んなことは三人とも、高血圧の薬を飲んでいること・・・血の種類が違っちゃってます。

NBちゃん、「俺なんて薬飲まないと血圧160はあるからね」
オイラ、  「何の何の、俺は180超え」

INちゃん、「フフフ・・・俺は堂々の200超え」ってそりゃ、やばいよ。
そういえばINちゃん、若い頃、仕事中に鼻血よく出してもんね。

あの時は欲求不満だろ!って騒いでいたけれども、元々血圧が高い体質なんだそうで、薬飲んだら正常値になって鼻血は出なくなったそう。

お互いにまだまだこれからですが、死ぬまでお付き合い、よろしくお願いしますよ。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2017年05月12日 19時24分10秒  /  コメント( 0 )

イタリアステンド設置 3 (建築用ステンドグラス)

イタリアステンド設置 3 (建築用ステンドグラス)


上の10枚が設置完了し、下に移動です。
今回は5列を横移動。前回は7列を縦移動でしたが、横移動のほうが楽なようです。

前回ってなに? 
もう13年くらい前になりますが、日本で一番大きなステンド、71枚は横浜に設置されています。このときの苦労に比べれば、2回目なのである程度のノウハウは蓄積されているんで、前回よりは無駄な動きは少なくなります。
ですので今回は日本で2番目にでかいステンドということです。

ガラスは上から設置していく状況が良くわかる写真です。



下に来るほど楽と言っても楽ではないという状況。

鉄パイプのジャングルなのでパズルのようにステンドグラスをあちこちに動かして潜り抜けていきます。

この場合は鉄パイプとステンドグラスの隙間は狭いところで1センチ。そういう時のクッション材は指や手のひらです。まさに体、張ってます。

写真右のH君、左手がクッション中。

「いてて、早く通してくれよ」
「ゆっくりゆっくりでいこうぜ」と左のトップの職人、MJさん。

人間の身体が最も素晴らしい道具。ただオイラの頭のコンピューターは回路に少々問題があり。

素材はガラスなので鉄パイプに当てたら割れてしまう。でも呼吸があえばいけます。



設置ごとにコーキングというガラスと枠を固めるものを打ち込んでいきます。



ここで床から約14mくらい、室内なので風がない分、楽です。

外部仕事は室内仕事とはいろいろなものの条件が違うので、これまた経験を積むしかありません。

もしくは経験を積んだ協力者に聞く。ともに冷や汗を流せば、宝物を教えてくれますよ。
逆に言えば、認めてくれないと宝物は教えてはくれない。

その人の経験のお宝は血と汗と涙で手に入れたものなので学校と違い、わざわざ教えてはくれません。

学生は授業料を払っているお客、社会はその逆、人生大学校はきびしいのぉ〜。

毎年、落第しそう。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2016年11月09日 19時34分59秒  /  コメント( 0 )

イタリアステンド設置 2 (建築用ステンドグラス)

イタリアステンド設置 2 (建築用ステンドグラス)


イタリアステンド取り付け、始まりました。

現場の全体寸法をチェック、図面があっても人間のすることですから図面寸法違いはあるものです。寸法違いが途中でわかっても対処の仕方が狭まってくるので、最初にチェック。

スケールで床から測っているのではありません。
この床の下、10数m下にはISさんがスケールの先端を持ってます。

「船底 3寸、下は地獄」のようなもの。




クラフトマンは多くの人が髪の毛が長くて髭を生やしている人が多いので間違えやすいですが、写真はオイラではありません。

何気にRさん立ってるけれども、この下は床から約20mの高さ、仕事で気が入っていると怖くはないものです。



ステンドグラスは良く書くように上から設置。特に今回のようにステンドグラス自体の長さが10mと11m、その下がさらに5m開いているんで、物を落としたときに下からガラスを設置していくと当たって割れる危険性が大きいためです。

上から設置していけば、物を落としてもまだガラスは無いので安心。

これほどでかいステンドグラスですと現場の他の職人さんらも、「上から設置していくんだ」と気になるようです。

上から設置は大変そうですが、下から設置しても上には行かなくては行けないので、同じことです。気分っす、気分。




それに上から設置していけば、徐々に下の段になるんで楽になってきます。

楽って言っても楽ではないんですが、まず最上段、鉄骨の隙間10センチを掛け声かけて上げていきます。

声掛けは重要。

それに人間の最大の発明は言葉、なのでいっぱい声を出さないともったいないですよ。

もっともこのような場面では、けっして品良く優しい言葉ではないんですがね。ましてやそれぞれが一人前のクラフトマンが集まるので、各自の技を前面に出す流れになります。

それをまとめていくのがオイラの仕事のひとつ。オーケストラの指揮者のような役目。

でもこのような現場では曲目はクラシックではなく、ヘヴィメタ、ハードロックのようなので指揮棒を振るのも激しくなり、10名のクラフトマンをまとめるのは体力の消耗も激しいっす。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2016年11月08日 22時23分33秒  /  コメント( 0 )

イタリアステンド設置開始(建築用ステンドグラス)

イタリアステンド設置開始(建築用ステンドグラス)


本日からイタリアのステンド 51枚 2mx51mの取り付け開始です。

現場の都合で予定よりも2週間遅れています。
しかしオープンの日は変わらないので内装関係者はよりへヴィーになってきます。

このような20mの鉄骨足場の最上段からステンドを取り付けていきます。



仕事ではかなり高い場所でも気が張っているんで怖くはありません。

つらいのはこの20mを何回も上り下りすること。もう部活のしごきです。




金物下準備を任せて、帰社して5名で積み込み。




安全第一・・・ステンドのね。

腕や足が切れても折れても直りますが、替えがないこのようなステンドグラスは直りませんから。

「怪我と道具は自分持ち」 昔からの職人言い伝えです。

でも今の世の中ではこんなことは通用しないんだろうな。オイラにしてみたら現代社会はちょっと細かくてうるさすぎ。

批判のご意見はお聞きします。でも聞くだけで、体を張って仕事を進める姿勢は直すことはもう出来ません。

申し訳ない!

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆


Posted at 2016年11月04日 23時02分53秒  /  コメント( 0 )

アール、曲げの積層ガラス施工開始(建築用アートガラス)

アール、曲げの積層ガラス施工開始(建築用アートガラス)



記事に書いたアール、曲げの積層ガラスの設置です。
設置現場は工房内作業よりも大変というのがわかりやすいかと思います。でもこの現場は非常に仕事がしやすい現場です。車を止めた近くにガラスを置けて作業できます。

場所によっては作業場所まで延々と運ばなくてはなりません。大型のショッピングセンターなどでは搬入することだけでもひと仕事。

しかし500本以上のガラスを運ぶだけでも暑いのでけっこう大変。しかもガラスなので床に置く場合も毛布などでクッションにしなければなりません。並べただけでもガラスという素材はきれいです。


元々あったガラスを撤去して新たにステンレス枠をR.Iさんがつけます。
ガラスを撤去するのは比較的に早い。割れてもいいので気にしなく2mx1.3mガラスも、ものの10分ほどです。



今回はアール、曲げプラス模様が連想になるのでつながる様に組まなければなりません。そのためには模様の型が必要です。
この型やガラスの曲げ寸法を出すためにステンレス枠のR.Iさんと3回は現地打ち合わせしました。
水面下では必死に水をかいていると言うことです。

特に現場は段取り七分、準備がしっかり出来ると順調に進みます。そのためには何度も何度も確認作業。それでもドツボにはまってドッピンシャンなこと、あります。

何十年やってても最後は一抹の不安とともに仕事に入ります。

現代科学の頂点、NASAのロケット打ち上げも万全の計算や準備をしても最後することは皆、祈ることだけ、と聞きましたのでそんなもんです。




だんだんと組みあがってきました。
この仕事の翌日には出張で北海道でしたので、ばっちりと決めておかないと安心して出発できないため、がんばりました。




おかげさまで無事に組み上がり出発できました。完成はまた次回ということで。

北海道では仕事とプラスで動きまわり、なかなか良い収穫がありました。
またの機会にご紹介を。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2016年07月14日 20時12分36秒  /  コメント( 0 )

滝のエッチングガラス施工(建築用住宅用エッチングガラス)

滝のエッチングガラス施工(建築用住宅用エッチングガラス)


滝イメージのエッチングガラス 取り付け第3弾です。

今回は他の透明ガラスを担当しているMY社さんのガラス職人さんとタッグを組んで設置です。




前回は手上げ部分でしたが今回は小さなウインチが使えたのと人数がいたので搬入、持ち上げは比較的に楽でした。だからと言ってガラスなので注意することは同じ。

階段と壁の隙間7センチほどの間に2m70cmのガラスを持ち上げていきます。約130キロ。
本日は当工房6枚、MY社さん10枚ほどです。どれもデカい。




しかしどんなに大きなガラスも最後は人の手で設置します。
仕事は呼吸が合っている人達でなければ、うまくいきません。うまくいったとしても初めての人やアウェイでの仕事は、疲労感がまるで違ってきます。

アートガラスで建築関係に興味ある人たちはまずこの状態で多くの人は勘弁となります。
特に完成したアートガラスのきれいさだけで興味を持った方に目立ちます。

ここまで大がかりな設置でなくても、アートガラスを設置するときはガラス職人の人たちの協力が不可欠になってきます。必ず。

協力してくれる大切なことは自ら汗をかいて作業にかかわること。きれいな服着て指示だけ出しても、もう次はありません。

取り付けているものが芸術性があるかなどは職人からしたら関係がないこと。いかにうまく、安全に設置できるかだけです。この気質だけはお任せして、余計な口出しはご法度。
そして全責任を負う覚悟ができること。それは口に出さなくとも伝わります。

専門分野でなくとも、雑用はいっぱいあるんで自らパシルこと。とくに新人の頃は。(キャリアしか通用しませんので年齢は関係ありません)

そのように年月を重ねてくると、設置の仕事もわかってきて自分でもできるようになり、認められれば意見も真正面から受けてくれ、良い腕の職人さんらが応援してくれます。

建築インテリアのアートガラスは作っているだけではまだ途中。設置しなければ始まりません。

反対に考えれば、苦労を重ねてゆけば頼もしい人達の応援が得られます。一朝一夕ではできないから宝になるんです。



総勢 15名、こうなるともうお祭り状態。

「う〜ん、マンダム」男の世界。

外は寒いですがこのテラス部分は熱い、というか暑苦しいかもね。ごかんべんを。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2016年02月09日 19時34分19秒  /  コメント( 0 )

エッチングアートガラス積み込み(建築用店舗用エッチングガラス)

エッチングアートガラス積み込み(建築用店舗用エッチングガラス)


海のイメージのエッチングガラス、積み込みです。

近場であったりガラスサイズが人力で積めれば通常のガラス用トラックですが、今回は九州、博多で枚数が31枚ですので、大型トラックでなければ一度では運べません。

街で見るガラス用のトラックの荷台についているものを馬と言います。理由は知りません。
ガラスを積み込むのにはコツがあります。必ず気をつかうことは隙間が空かないようにすること。ガラスはひねりには弱いのと長距離を走るので、特に注意。




クレーン車へ積むときはガラスを鉄製の入れ物、パレットに入れます。これもコツがあります。
何枚も重ねるのであまり強くは縛れません。でもしっかりと動かないようにしなければなりません。それはもう感覚で覚えなければ、ご飯が食べれません。

このパレットというガラス専用の入れ物はメーカーやガラス運送屋さんに言えば無料で持ってきてくれます。

今回のエッチングアートガラスは3cmくらいのガラス玉がいっぱい接着しているのでガラス同士に当たらないように40ミリのクッションを挟んでラップで養生です。

31枚ですと3名で丸一日、積む準備にかかりました。
今回は施工はあちらの業者さんですが、やはり自分らでは状況がわからないことは結構気になります。

31枚のエッチングアートガラス制作や運送、施工で述べ100名くらいのエネルギーがかかってますので無事に設置できますように、と出荷しましたが、無事に31枚、設置完了のようです。

前回、仙台へ運んでもらった運転手さん、荷台に雪があったので

「この雪は先週の雪?1週間以上融けないんだ?」

「それ、富山の雪。富山からここへ来たから」

そして博多!プロの運ちゃんはやっぱりすごいよ。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆


Posted at 2016年02月01日 19時11分55秒  /  コメント( 2 )

グラフィック仕様、ガラスサイン(建築用ガラスサイン)

グラフィック仕様、ガラスサイン(建築用ガラスサイン)


本日 初荷でガラスサインを設置しました。
外部にガラスの下だけ呑み込んで、ガラスが立っている仕様です。これを自立と言います。

この方法は昨今、主流ですが取り付けはかなり気を使います。階段の手すり部分がガラス仕様のもの、注意しますと結構ありますが仕様は同じ。

まず大切なのは土台の丈夫さ。かなり頑丈にしないとガラスの重量や外部では天候、特に風に負けます。

そしてガラスを土台に設置出来たら、垂直水平をレーザーでみます。この時に水平でなければもう一度ガラスを抜いて、下に硬質のゴムを足します。
ガラスの場合、重量があるのでゴムは専用の硬質、硬いものを使用。ホームセンターで売っているゴムは軟質。これは主に揺れや音軽減用なのでやわらかいほうがいいためです。

軟質ゴムを使うとガラスの重量でゴムがつぶれてしまいます。今回のガラスは約132キロ。でも硬質ゴム、これがホームセンターでは売っていないんですが。

よく下全体にゴムを敷くと思われますが、どんな大きなガラスでもゴムは左右の小さな2か所だけ。3か所敷くと下地によってシーソー状態になってしまいます。
今回の132キロを支えているのは左右各7センチほどのゴム、片方で66キロ、7センチで支えているわけです。だから硬質ゴムでないとなりません。

どの仕事も専用の材料や道具は専用の会社から買うしかありません。道具などではメーカーによっては同じ道具でも、趣味的なものは青、日曜大工的なものは赤、プロ仕様は緑、など分けているメーカーもあります。
違いは主にパワーや材質。お値段も趣味的なものとプロ仕様とは10倍違ったりします。

垂直水平を調整しています。レベルを見るといいます。



調整が決まればガラスにくさびを刺し込んで仮押さえしてから土台の中の前後に固定材を入れます。固まるまで数分〜数十分待ちます。この時がコーヒーブレイク。




最近はグラフックフィルムと合わせ加工の技術が進んでますので、グラフィックに印刷したアートガラスもかなり出てきました。

今回もグラフィックフィルムをハイクリアな8ミリ強化ガラス2枚で合わせている仕様です。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2016年01月07日 18時41分15秒  /  コメント( 0 )

マジックミラーというもの(建築用ガラスワーク)

マジックミラーというもの(建築用ガラスワーク)


よくマジックミラーということを言われますが、マジックミラーというミラーはありません。
テレビドラマなどの取り調べシーンなどでよく出てくるミラーの奥からは見えて表面はミラー、というやつ。

そのマジックミラー効果を出す場合は、熱線反射ガラスを使います。片面に光を反射する被膜があり、強い光が当たるほど被膜はミラー状になります。

反対面を暗くすれば見えないのでこれがマジックミラーという現象。


今回はK-P社のIZさんからの依頼ででっかいマジックミラー状の演出、マンションの販売モデルの空間です。

まず普通のミラーを7枚、連想して貼ります。その表面に印刷されたグラフィックフィルムを貼ります。ガラスにフィルムを貼るのはほこりやしわ、空気などが入りやすいのでフィルムは専門職にお任せ。あれもこれもはできません。

さすがにスムースにフィルムを貼っていきます。




その前面に熱線反射ガラスの濃い色の被膜のガラスを7枚設置。
中にはLEDがあり、廊下の照明を暗くして中のLEDをつけるとマジックミラー効果と被膜面がミラー状で奥のミラーに映りこんで、映像が連続してエンドレスで中につながっていきます。

面白い効果。高級なエレベーターの天井などにこの効果のガラスワークがあります。エンドレスで光が上に映っていくガラス。




写真、ボケちゃったけども上2枚の写真と同じ面。
内部を暗くして廊下を明るくした状態。中は全く見えなくなります。表面のガラス面に仕事の道具が映りこんでいます。



今回はエレベーターが狭く、入り口とガラスの余裕は15ミリ、緊張サイズ。これを一枚一枚、14枚を11階まで運ぶのがかなりへヴィー。

でも無事にワイド6,7m、高さ2,4mのでっかいマジックミラー、完成しました。ホッ!
これもアートガラスワークのひとつです。

エッチングガラスやステンドグラス、アートガラスを建築業界で進めていく場合は、必ずガラス素材を使った演出の依頼がきます。

ガラス演出も特殊なので設計デザイナーも含めて予想がつかないこともたくさん。

その場合は小さなもので試作、そしてわからない分野は知っている人に聞けばいいんですが、専門家は心許した人にしか教えてくれません。

それがご飯の種でもあるんですから当然ですが、日ごろから信頼関係を築くことです。

良い関係になりたかったら、自分も相手の良い関係者になればいいんです。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2015年12月16日 19時45分18秒  /  コメント( 0 )

アートガラスの取り付けについて(建築用住宅アートガラス)

アートガラスの取り付けについて(建築用住宅アートガラス)


アートガラス 特にステンドグラスやエッチングガラスを制作している方や大きいアートガラスの分野に進みたい工房の方によく施工の相談を受けますので今回は施工のご紹介。

ステンドグラスなど色を使うアートガラス関係はドアも多いですが、明り取り部分にも多くの要望があります。明り取りの大半は高い場所。

この高い場所は取り付けがしにくい場所でもあります。足場がまだある場合でしたら容易ですがアートガラスの場合はもうすでに足場はまず撤去されていますので、自分たちで工夫しなければばなりません。

3mの脚立のてっぺんに立ち上がることもしばしば。本当は現場では禁止されてるんですが。




手頃な大きさのアートガラスでしたら1〜2名で容易ですが、仕事のクオリティが上がってきますと大きなアートガラス、特にエッチングガラスでは大きな面積が避けられない日がきます。



まず、施工相談される方々にいうことは、良いガラス施工会社さんを探すこと。呼吸が合う職人さんに出会うまであきらめないことです。

でも価格の張るアートガラスを気持ちよく受けてくれる職人さんもなかなか少ないことも事実。
万が一、破損させちゃったら、とリスクも大きいのでもっともなこと。

ですので破損責任は制作者がすべて持つ、と伝えることです。だから制作者はとても現場ではエネルギーを消耗しますよ。

そして職人さんには上から目線では絶対に対応しないこと。そんなこと、と思うでしょうが腹の底から相手の仕事を尊重しないと伝わっちゃうものです。

第一、制作者が上で職人が下、なんてのが間違い。前にも書きましたがものつくりの人間はろくでなしから出発していると思うので、偉くできるのがわからん。プライドと見栄は違うもんです。

どんな職人も受けた仕事は最善を尽くすサガがあるので、信頼することです。場数を踏んでいけば自分でも取り付け内容が自然と見えてくるのでともに施工できるようになります。



多くの方々は出来上がったアートガラスのきれいさや建築住宅インテリアに進みたいのだけれどもこの取り付けの部分で参っちゃう人も多いのも事実。
逆に言えば、施工経験が増えれば仕事も広がると考えるか、その方次第。

作ったものを取り付けて代金をもらって初めて仕事は完成ということ。学校の図工と違って作っただけでは完成ではありまっしぇん。

でも下の写真のような10mのステンドグラスを7本設置するような仕事は、我々も平常心ではできません。大げさではなく、もう隣に死神が並んでいるような極限状態。命がけ。仕事を終えると数キロはやせます。

一番高い部分で15mあるので写真右は落ちても途中で引っ掛かるように網、ありますもんね。

ここまでは正直、お勧めはしません。
でも来年秋には同じ仕様の10mステンドグラス、5本の取り付けが待っています。

まだ、イケルね。





☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2015年12月10日 20時11分13秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  | 次へ