メインメニュー
制作・加工

カラーガラス、サンドブラスト加工(建築用店舗エッチングガラス)

カラーガラス、サンドブラスト加工(建築用店舗エッチングガラス)

ブラックなカラーガラスの裏からランダムな四角を向いて、LEDで照らした仕様です。
表面には波イメージをぼかしています。

カラーガラスは数種類、メーカー品がありますが、大きくてもワイド2,4mほど。
今回は4ヶ所あったうち1箇所が2,6mなので、通常は2分割しますがこのくらいではどうしても一枚物で納めたほうがきれいなのは確か。

ですのでブラックガラス、他の3枚はメーカー既製品で2,6mの1枚は自分らで作ります。

ただしガラスに黒そのまま塗装したら、黒い中に白い白粉のような現象が必ず出ます。
その現象を出さないためには、工夫をしなければなりません。

この工夫ができれば、金、銀はじめパステルカラーまで自由な色のガラス板が制作できます。

ティファニーブルーが好きな方が、キッチンの壁一面にティファニーブルーガラスを設置したこともありました。



ランダムな四角が舞っているイメージを見ていると、ここ数日前からひらひらと桜が散っていることを思います。

心地良い動きですが、桜の花びらが散る速度と粉雪が舞い散る速度、蛍が飛ぶ速度は同じだそうです。

あの速度が人間に優しく気持ちの良い速度、とむか〜し読みました。

もっともオイラの家は山の中で入り口の駐車場にでかい桜の木があり、この時期はクルマは桜の花びらだらけ。

情緒あるなんて言ってられない状態でもありますが、なぜか嫌ではありません。

毎日洗車が出来ないので、そのままお江戸に打ち合わせに走っています。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2017年04月19日 20時11分08秒  /  コメント( 0 )

サモトラケのニケ、エッチングミラー(建築用店エッチングミラー)

サモトラケのニケ、エッチングミラー(建築用店エッチングミラー)

先週に説明しました薬品処理前のマスキングしたガラス。


薬品処理をしてマスキングを剥きとこのようになります。
シルキーなケシガラス状態と透明。

このシルキーなケシの薬品が出来ると表現方法が広がります。
このあとにまだまだ彫刻加工を足していきます。

このベースが出来て、全体の30%くらい。


先日 もう10数年前に作ったエッチングミラーを打ち合わせの街で久しぶりに見つけました。
写真の写りが悪いですが、けっこう大きなエッチングミラーです。

高さは2mくらいあります。額縁も20cm巾くらいあります。
階段上なんで、皆で足場悪い状態で取り付けた思い出があります。

ガラスを取り付けるときに階段上がよくあるのですが、階段の形はけっこう厄介。
すごく高いときは、自分らで木材をその場で作ってフラット状にします。
このほうが安全で仕事は数段、やり易くなります。
苦労して考えるよりも、木材でフラット状に作ったほうが早い。

F の字はミラーのままで、ベースを上の写真と同じようにシルキーなケシでマット上にして、サモトラケのニケを彫刻しています。

大理石の本家、サモタラケのニケはルーブル美術館の入り口正面の階段上に設置されています。
もう30年以上前に初めて見たときは圧倒されて、本家は思った以上にでかく迫力満点。


いつも思うのですが、数百年前に軟らかいとは言え電動工具も無い時代、よくぞあれだけの彫刻や建物を作れたものです。

日本でも同じように五重の塔などの寺社仏閣建築もうなることばかり。
七重の塔もあったそうですが、崩れたって言っていました。

昔の人より現代人のほうが優れているなんてイメージは間違い。

各時代、各分野で一部の天才が時代を引っ張っていった、という説、オイラはこの説にかなり納得しちゃってます。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2017年04月17日 19時46分07秒  /  コメント( 0 )

日本のアンティークステンド(建築用ホテルステンド)

日本のアンティークステンド(建築用ホテルステンド)

雨の箱根、ひと時の曇り空がありましたが、冬のように寒い日。

箱根は車の免許を取ってから、仲間たちと夜中でも誰かが言い出すと割りと近いので遊びに行った場所であり、何十回と来ていますが、やはり何度来てもいい雰囲気です。

あの時代、コンビニも無ければ、お金も無い、ただ皆で車でワイワイして車で寝て、それだけで愉しかった時代。


今回は歴史ある富士屋ホテルの大正時代のステンドグラスの撤去、リペア、復旧の仕事の現場打ち合わせ。
仕事は来年ですが、全体の大掛かりな改修だということで、早め早めに現場は動いているようです。

日本の観光リゾートとホテル建築の歴史的価値、宿泊者の歴史、また建築主の歴史的な物語などなどいっぱい情報があり、興味ある建物です。

特に外部、内部の日本独特の遊びある素晴らしい建築様式や匠の仕事が現存しており、一見の価値はあります。


今回の大正時代の日本で作ったステンドグラスの一部。
でかいです。ワイド2,3m、高さ1,5mあります。

大正時代にこの大きさを一枚物で作ったことに驚きと、一体いくらかかったんだろうといろいろなことの思いがめぐります。

西洋のアンティークステンドに比べて、柄はシンプルですが我々にしたら柄がシンプルのほうが仕事の緊張感は高いのであります。

計画を練って、安全に進めましょう。(ステンドの安全ね。)


箱根や小田原に仕事に行くと、ほぼ必ず寄ってくるところがこの建物。

お城ではありません。
個人のお店とお住まい、「外郎家」の建物。

外郎と書いて、ういろう。
そう、もちもちした食べ物のういろう。

名古屋のういろうも名物となっていますが、小田原が本家。
名古屋のういろうよりもコシがあって、断然好きです。


こちらも小田原では600年、外郎家は1000年の歴史がしっかりと紹介されています。

もともと、外郎家は薬屋さんでしたの(と言っても600年以上前)店内の3分の1は見た事もないような薬を売っています。

歴代の当主はこの形の家が壊れたら立て直すことが決まりと言うことで、600年前に小田原に来たときからの建て直しで、小田原にあった大きな地震の記録がわかるそうです。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2017年04月12日 19時20分01秒  /  コメント( 0 )

エッチングミラーバラと飾り枠(建築用店舗用エッチングミラー)

エッチングミラーバラと飾り枠(建築用店舗用エッチングミラー)

バラのエッチングミラー、納品完了。
バラ、優雅に咲いています。
ワイド800x高さ1800ミリと住宅では少し大きなミラー。

ミラーにエッチング彫刻ですと、周りに飾り枠を希望されることが多いです。
また、飾り枠だけのご依頼もミラーではあります。

今回はオイラの好きなアールヌーボ調でミュシャ仕様のしなやかだけれどもちょっととんがっているようにしました。



飾り枠、と聞くと楽そうですがいやいや、油断してはいけましぇん。
飾り枠のお好みは各人、いろいろあるので決定するまでが難しい作業でもあります。

アールヌーボやアールデコ、幾何学や曲線などなど、お好みは十人十色、千人千色。

下の写真のような希望のデザインもあります。
ちなみに「ホストクラブ」の飾り枠のお仕事。

いろいろな店舗の仕事をさせていただいていますが、もう10数年前に渋谷109のショップで打ち合わせに行ったときに店長と打ち合わせましたが、お店の部屋で待っていると

「お待たせいたしましたぁ〜」

と金髪、ガングロのバッリバッリの山姥ギャル、丁寧にご登場。

ちょっとたじろぐオイラ・・・

でもさすが、ギャル界では有名なお店の店長さん、中身はしっかりとしてちょっとカルチャーショック。

3店舗ほど仕事をさせていただきましたっけ。2店舗目からはもう免疫つきました。




飾り枠を枠ではなく、植物でデザインすることもあります。
枠を周りにまわすと重い、と言う方にはこちら。



さて明日は打ち合わせで箱根の山を登らなければいけませんが、気温冬並み、とかラジオで言っちゃってる。

寒いのと雨が多いこの頃、先週末は雨ばかりで花見の予定の人は残念でした。

我々はCSホテルのAさんら4人と雨の中、ずぶぬれでアンティークステンド200枚をクレーン車で移動していましたので、ものすごくかわいそうな状態でした。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆





Posted at 2017年04月10日 19時43分51秒  /  コメント( 0 )

水イメージのエッチングガラス(建築用インテリアエッチングガラス)

水イメージのエッチングガラス(建築用インテリアエッチングガラス)

今年の年末予定の水イメージのエッチングガラスのサンプル作り。
5パターン要望があり、そのうちのシンプルな仕様2パターンです。

この仕事はデザイナーがアメリカ人の設計で、依頼はNB社のAD氏ですので、オイラは打ち合わせには同行していません。

「打ち合わせで、どのようなイメージって言っていた?」
「通訳の人が業界用語がわからないんで、よくわかんないんだよね。でもけっこう枚数はあるよ」
「じゃあ、早くイメージ決めないと、やばいじゃん」

ビジネスイングリッシュってやつですかね?
各業界、専門用語やスラングがあるんで仕方が無いことです。

もっともオイラの英語力なんて、ピコ太郎レベルなんで何も言えませんばい。
進行してくれば、方向が見えてくるでしょう。


こちらは別の依頼の水が落ちているイメージサンプル。

右は特殊な技法で、「なると」のご自宅で作ったものと同じ。
左は1mm〜2ミリの細いラインを彫刻。


こちらは現在進行中の和の水流れのイメージです。
このあとに細かい四角形がランダムに散ります。

全部で12枚、まずこちらから今月設置なんでがんばらなければ。


我々の仕事は文章や写真でも伝わりにくいものでありますので、必要であればサンプルを作ったほうがお互いのイメージのためには早いわけです。

でもサンプル提出してから期間が長く空くと、忘れてしまう注意事項もあるので決定時は再確認しながら進めます。

春になり、夕方暗くなるのが遅くなって、ありがたいです。
やはり若い頃よりもうす暗くなると目が見えにくくなっているんで、明るいほうが気分も良い。

体力や視力などが落ちたな、ってある日、自覚する。

これが「老いるショック」です。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆


Posted at 2017年04月06日 19時59分37秒  /  コメント( 0 )

ステンドグラス、薔薇(ガラス墓石)

ステンドグラス、薔薇(ガラス墓石)

桜開花情報が盛んにテレビで言われ始めて、やはり春は良いものです。

春らしく、お花系のガラス、先月納めました薔薇のステンドグラスです。
薔薇の字、未だ書けませんが、変換で容易になりました。その分、漢字はどんどん書けなくなってきとるがな。

今回のリクエストのベースがあちら側が見えない希望でしたので、乳半色のガラスを使っています。乳白とも言います。

オパールセントとも言いますが、この色で有名なのは100年ほど前のガラス作家、ラリックのオパールガラス、これは深みがあって美しいものです。

100年前ですのでガラスに動物の骨を混ぜたなど、様々な工夫で色を出していったそうです。


ステンドガラス材で一番高価なのは、今はピンク色。昔は赤色もべらぼうに高かったですが、昨今は人工物で出るようになったので、お手ごろになりました。

それでも赤、オレンジ、黄色などはツーランク、お高い。

それでも未だ、ピンク色は「金」を混ぜないと出ないために、お高い。
赤色も金を混ぜたもの、「金赤」というガラスはお高い。

こちらも昔、ガラスで赤色が出せないときに、偶然にも溶けたガラスに金の懐中時計が落ちて、冷めたガラスが赤色だった、という話があります。

焼き物の世界でも、柿右衛門の赤、などいろいろな伝説がありますが、焼き物は詳しくはありません。
焼き物で興味があるのは、埴輪くらいまでかな。(ハニワってこういう漢字なんですなぁ)

マイセンの白、大倉の青、オオクラブルー、大倉陶園の経営一族、同級生ですがいままで、あまり焼き物の話はしたことがありませんねぇ〜。遊びの話だけ・・・


こちらは彩色エッチングガラス。


エッチングガラスは細かい部分まで表現できますが、多くの色は屋外では退色しますので、室内のみでしか使えません。

屋外でも経年変化が少ない色は、白くらいだと思っています。

ミラー、鏡も裏が変質してくるんで、外部では使えません。

ミラーの裏が弱いのは、「湿気」と「酸」、ですのでお風呂のミラーをサンポールなどできれいにしようとすると後日、やばいことになりますよ。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2017年04月04日 19時05分57秒  /  コメント( 0 )

十字架のアートガラス(結婚式場アートガラス)

十字架のアートガラス(結婚式場アートガラス)

大分県に出発した十字架の設置完了の写真をいただきました。
SJ社、K女史、ありがとうございます。

このように全体像の写真ですとやはりイメージイラストよりも現実感が良くわかります。
この十字架の壁面は滝になります。



苦労した取り付け方法も無事に納まり、良かったです。

壁面は斜めになっており、十字架が120ミリ出っ張る仕様でした。
難しかったのは、この十字架はキリスト式の挙式のときだけ設置されて、他のときは取り外されること。
ですのでスタッフさんが容易に取り外せて、なおかつ安全に取り付けられること。

チームの金属制作のR工房さんが良い仕事をしてくれました。



ステンレスの十字架にハイクリアガラスを接着。

よくガラスの十字架のリクエストがありますが、我々の仕事は大きい十字架の要望ですので、ガラスだけでは安全面でお断りします。

短期間だけ安全であればガラスだけでも可能ですが、これから数十年単位で使うことを考えたら、やはりこのようなステンレス材の芯は必要。




十字架は大きさワイド60センチ、高さ1mですので、かなり重いです。
男性2名で扱うようになります。

ガラス色のアクリル材だとアクリル単体でもOKですが、アクリルは外部使用では弱い素材なので室内に設置の場合はガラス色のアクリルも要検討です。

アクリル材は専用の特殊な技法なので、ガラス屋では加工できません。
アクリル屋さんがガラスを加工できないのと、同じこと。

アクリルはガラスに比べてわたくしのように傷つきやすいので、扱いに注意。
すぐに傷ついちゃうもの。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆


Posted at 2017年04月03日 18時38分13秒  /  コメント( 0 )

飾り紋アートミラー(建築用店舗アートミラー)

飾り紋アートミラー(建築用店舗アートミラー)

ミラーの上下に飾り紋を彫刻したミラー、設置完了写真。
裏に照明が入っているので美しく、印象的に豪華なミラーになりました。

ノーマルなミラーのままより、人手間かけることで印象がリッチに温かくなります。
ミラーと言う素材はそのままだと冷たいイメージですが、手加工での作業が加わると冷たさはなくなります。






この現場では一階と地下のスペースを2回に分けての仕事でしたので、先に作ったベース透明の飾り紋とはまた違う、ベースミラー残しの飾り紋の2パターンを作るました。

この写真のほうが実は手間がかかっているのですが、第一印象では上の写真のほうがインパクトがある感じ。あとはお好みです。


ミラーはまだまだいろいろな可能性を秘めている素材ですが、使いこなすことがかなり難しい素材でもあります。

その昔は鏡はとても高価な貴重品であり、ベルサイユ宮殿の鏡の間では製造できる一枚の大きさが小さいものでしたので、何枚も装飾的に組み合わせています。
と言っても、TU君しか当工房ではベルサイユ、行った事がないんですが。

これはミラーに限らず、ガラスでも大きなものが作れるようになったのはここ30〜40年とけっこう最近です。

聞いた話ですと、ベルサイユの鏡の間のミラーは当時では貴重な素材だったので、現在の価格に換算すると鏡素材代だけで、10億円したそうです。

今はどの家庭にも一枚はある素材なんで、驚くほど高い素材ではなくなりました。

どんなものでも、大量に早く作れるとコストダウンと価格競争になってきます。

もっとも我々の仕事は大量には作れないので、数が多くなってもべらぼうには価格は下がりません、というか手作りなんで下げれません。

大量になればなるほど、加工作業は大変になってきてしまいます。

以前、親しい大手有名飲食店舗の先輩が我々の仕事に気を使ってくれましたが、数を聞いて気持ちだけありがたくいただきました。

「全国キャンペーンでガラス素材でなにかできるかい?」
「何個くらいっすか」
「最低10万個」
「・・・・すみません、無理っす」

あの時のお気持ち、ありがたく今でも感謝しています。
この先輩らとは年に3〜4回は会って騒ぐので、あらためて感謝を伝えることにしましょう。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆


Posted at 2017年03月29日 19時21分26秒  /  コメント( 0 )

ブラック硝子エッチングライン(建築用店舗エッチングガラス)

ブラック硝子エッチングライン(建築用店舗エッチングガラス)

ブラックガラス、波ラインエッチングの取り付け風景。

長い開口では7mありますのが、ブラックガラスが基本最大寸法が2,4mほどなので分割して貼ります。
特注だともっと長いものが可能ですが、今回は時間がありませんので規格の材を使用します。

この分割する寸法は、店舗の状況、席などの間仕切りの真ん中にしたいので、ぴったり同寸法での分割ではありません。
微妙に数ミリ単位で、各ガラス寸法は違ってきます。

これを計算で出しておかないと、納まりがつかなくなります。



この現場は波ラインのもっと派手なデザインのアートミラーも個室に設置されました。
こちらはワイド5,2m、ミラーは長さか優に3mものはメーカー在庫あるので、大きく分割できます。


いろいろな業者さんが限られた期日で造作していくのが店舗の常ですが、完成すると美しく収まってくれます。

来月にもブラックガラスの波ラインエッチングがあるのですが、図面見ていると開口2,6mほど。
2分割するには少々短い感じまので、時間が取れれば1枚物のブラックガラスを作ろうかとも考えています。

ブラックガラス初め、色ガラスは自社で制作できるので無理が利くのですが、それでも優に10日間は必要。



もの作りではこの時間とそして忘れやすいことですが「お金」が必要です。
材料や人件費、移動費、光熱費、消耗材費などなど、先にけっこうなお金が必要となります。

これ、もの作りだけではなく仕事全般の事ですが、希望する人が先に目を閉じちゃう部分でもあります。希望して計画しているときは誰でも、とかく良いことのみ考えてしまう。

でも現実は大きな仕事ほど先に必要なお金も大きいですよ。ご注意ください。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2017年03月27日 18時58分30秒  /  コメント( 0 )

モザイク (建築用モザイク)

モザイク (建築用モザイク)

今朝 テレビで西陣織の弟子募集で、仕事は教えるけれども半年間は無給、その後仕事の保障はなし、の問題で、「ブラックだ」「いや、ありがたいことだ」と騒がれている内容をやっていました。

文面だけ切り取ると確かに ? が飛びますが、当事者の西陣織の職人さんが出て、現在の西陣織りの現状を説明していて、誠実なこの方はなにも人をこき使おうとして募集しているのではないことがよ〜く理解できました。

詳細は長くなるのと説明が文章ではオイラの文才ではちと辛いので割愛しますが、西陣の技術が若い方に受け継がれなく、途絶える危機感での行動がよくわかります。

一人前の職人であるご自分も、45歳くらいで一日西陣を織って¥6000だそうです・・・高校生のバイト以下です。

そういえば、以前に大島紬職人の伝統工芸士のおばあちゃんが、ビルの清掃でしのいでいる、という悲しい話も聞きました。

それで無くとも、もう技を教わりたくても募集は出来ない状態になっている業界もたくさん。
理由は、法律で最低賃金や残業給、社会保障、休日を最初から考えないと罰せられる制度になったので、弟子をとりたい親方も無理な状態。

最近はテレビでよく職人仕事をやっていますが、単純に「日本の職人はすごい」だけでは絶滅していきます。
それに世界中、その国の文化を支えるものすごい職人さんがいっぱいいます。
テレビでのイメージで日本の職人が一番、と植え付けられることが危険です。

技は仕事とともに上達、発展していくのですので、生かせる場が無くなれば人もいなくなっちゃう。


写真はフィレンツェで知り合った石のモザイク職人、F氏。
無口ですが軟らかい笑顔と、けっして制作の手を止めないことが印象的です。
14歳からもう30数年間、手加工だけで石を削って、ぴったりの象嵌を制作しています。

もう数百年間、同じ作業が受け継がれている豊かさを感じます。




この小さなピースを組み合わせて大きなものを組み立てていきます。
隙間、ほぼ無し、どんな複雑な形も手作業で石を切っていきます。



豊かって何だろうか・と考える瞬間です。

この国が生き残っていく大きなひとつに観光産業がありますが、ハード面を支える人々が居なくなると文化財も荒れ放題になり、廃れていってしまう・・・

時代が変わった、って言いますが、重要なのは 良いほうへ変わったか、悪いほうへ、かです。

本日は西陣織りの職人さんの話を聞いて、かなり考えさせられました。
またうまく書き表せないこと、申しわけないです。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2017年03月22日 18時48分53秒  /  コメント( 0 )

前へ |  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  | 次へ