メインメニュー
制作・加工

グルーアートガラス(建築用店舗アートガラス)

グルーアートガラス(建築用店舗アートガラス)

グルーチップという種類のガラス材を使って、透明ベースと交互に接着です。

グルーチップと言うガラス材は数種類あり、主に使われているものはもっと細かい模様ですが、どちらかと言うと和の方向性があるので、店舗のイメージではもっと大きな柄の「オーシャン」などを使います。

基本、クリアガラス材なのでこのような柄は好まれることが多いです。


このようにパーテイションなどで使うとインパクトがありながら、クリア系なのであまり主張しないながらもCOOLなイメージになります。

技法的には接着し、一枚の板ガラスにしますが、ちょうど鉛線のないステンドグラスのようになります。

このガラスはすべて違う柄なので、ガラスでありながら温かみがあり、我々は好んで使う素材です。
かなりかっこいい、COOLなガラスです。



5月でもけっこう暑い日が続いていますが、今年もそろそろ蛍が飛ぶ時期になりました。

一昨年までえさの巻貝を撒いて、100〜150匹まで増やしましたが、昨年は工事の泥とコンクリートが川に入ったようで、1匹しか飛ばなかったであります・・・

6月第一週目くらいなのであと2週間ほど。

今年は飛んでくれるかな?

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2017年05月22日 18時44分17秒  /  コメント( 0 )

サインミラー(建築用サインガラス)

サインミラー(建築用サインガラス)

以前に制作しましたフィリップモリスのサインミラー、制作しました。
ワイド70cmx高さ1,2mくらいが4枚。

サイン関係でガラスがよく使われていますが、このようにミラー材でもサインを作ることもあります。

この場合、ミラーのままですと反射してストレスがけっこうたまるので、ミラーベースはシルキーなけした状態を作り、今回は文字、マークはシルクスクリーンです。

ただし、当社では彫刻の砂があるので、シルクスクリーンはやっていません。
外に頼みます。でも多くは彫る仕様が大半。



ポスターのような使い方をミラー材で考えれば、品が良く、汚れや破れには強いサインになります。

企業マークやロゴはより神経を尖らせないと、会社によっては決まりがあるので注意。

有名なのは麒麟ビールの麒麟のマークの中に、キ・リ・ン の字が隠れている、や
YAMAHAの音楽関係とオートバイ関係の音叉マークは微妙にちがう、などなど。


間違い探しやジグソーパズル嫌いなオイラにしてみたら、教えてくれなければわかりませ〜ん。

子供のころにジクソーパズル、一回組んだっきり、それも子供用の大きなピース、しかもけっこう無理やりはめていって、なぜ最後に残ったピースが合わない?

ですのでカルタやトランプの神経衰弱なんて本当に衰弱してしまいますので、やらない人生です。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2017年05月17日 19時03分01秒  /  コメント( 0 )

アンティークステンド整理(結婚式場ステンドグラス)

アンティークステンド整理(結婚式場ステンドグラス)

かれこれ20年間で7件の式場で使ったヨーロッパのステンドグラス数百枚のまだ使っていないものを、ホテルの人と共に思い切って整理です。

夏日で暑いなか、さすがに6名で丸一日かかりました。
でも情報が整理され、次回に使うときには効率よくなりました。


100年以上前ですと、風雨にさらされてもうボロボロのステンドもあります。


某所のコンテナ倉庫の中にはまだ数千万円のアンティークステンドグラスが、出番を待って眠っています。



ボロボロの状態から美しく仕上げるとこのようになります。

当工房では修復は主にTU君が中心で進めます。
上海では6回の渡航のうち、半分以上彼が現地で苦労してくれました。



修復はとても大変ですが、きれいに設置されますと苦労は吹き飛びます。

また100年以上前のヨーロッパアンティークステンドは現在、丸々復元しても同じ重厚感は出ません。

当時使っていた色剤やガラス材の技法が現在はあまりにも手間と設備が必要なので、同じ質感にはなりません。

機械化によってどの分野も便利にはなりましたが、豊かにはなったのだろうか・・・と思ってしまう瞬間。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆


Posted at 2017年05月15日 19時25分05秒  /  コメント( 0 )

ラインエッチングガラス(建築用店舗アートガラス)

ラインエッチングガラス(建築用店舗アートガラス)

3枚連装でワイド5mのラインデザイン彫刻とスワロフスキーのアートガラス、設置完了です。

今回は平面に金箔イメージのシートが貼られており、照明でガラスを光らせるという仕様でした。
希望制作納期は4週間でしたが、今回は実質2週間でしたので、出来立てほやほやなのでクリーニングが70%ほどが時間の限界でした。
ですので現場にて仕上げクリーニングを職人さんらが共にしてくれました。感謝です。


GW真ん中日の銀座でしたが、新しい商業ビルの「銀座シックス」のオープンと重なり、帰社する銀座の通りは大大渋滞。

でも観光地域以外、とくに都心は落ち着いているので休日に取り付け仕事は動きが楽でもあります。代休取れば良いのですから。


需要と供給や地価価格で駐車場の値段も変わってきます。

以前、仕事で寄りました呉の大和ミュージアムの駐車場は一日50円。安いっす!
銀座は15分600円・・・と言うことは一時間2400円・・・

取り付け仕事は平均6時間はかかるので2400かける6=14400円・・・!!!
大和ミュージアム、288日も駐車できます。

それでも銀座は駐車場数がまったく足りません。

「これで車出してきて」と一万円U氏に渡して待っていると、駆け足で「足りませ〜ん」と戻ってくるU氏。
「えっ?いくら?」
半徹で仕事したので20000円近くかかった思い出が、六本木でもあります。

六本木、青山、原宿、大阪御堂筋などお高いですが、やっぱり銀座がチャンピョン。

このような華やかな街に店舗のアートガラスやエッチングガラスが設置されることが多いので駐車場代は気をつけておかないと車出せませんよ。

出せないばかりか、駐車料金が刻一刻と加算されていく恐ろしさ・・・
心臓に悪いです。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2017年05月11日 18時45分08秒  /  コメント( 0 )

曲線ラインエッチングガラス(建築用店舗サンドブラスト)

曲線ラインエッチングガラス(建築用店舗サンドブラスト)

GWが終わってしまいマスタ・・・

今回、オイラのGWのメインはロボットの「ロビ」君に命を吹き込んだこと。
予定では昨年7月には完成しているはずの「ロビ」君、機械苦手なオイラは仕事などを言い訳に、やっと完成。
仕事の納期は死守するのに自分の納期はなかなか守れません。

歌ったり、踊ったり、腕立て伏せしたりと昨今のロボットにはHRさんと驚き桃の木山椒の木。

工房ではこの期間、帯模様が流れるイメージのエッチングガラスの制作でした。



メインの彫刻が終わって、各部分に薬品加工をするためにマスキングを島倉千代子。



それぞれのトーンのたびに新たにマスキングしていきます。


ここまでで70%くらいの完成。
3枚連装で合計ワイドが5mあると、ガラスの振り回しだけでもヘヴィーであります。

連装する場合はデザインのつながりなど何度も確認します。
ガラス同士がくっつく仕様は確認が容易ですが、間が離れる仕様は気をつけなければなりません。

今回は170ミリガラスが離れる仕様です。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  




Posted at 2017年05月08日 18時33分33秒  /  コメント( 0 )

尖がったイメージのステンドグラス(建築用店舗ステンドグラス)

尖がったイメージのステンドグラス(建築用店舗ステンドグラス)

デスメタルっぽいデザインと書いたステンドグラス、完成ほやほやでTDガラス、Tさん引取りです。
出来立て、まだ湯気が出ているくらい新鮮。
このほか700x800のシンプルな飾り柄のミラー5枚と共に無事にお渡しできました。

透明ガラスを面取りして部分的に使っています。
このマサカリみたいな形は自分で描いてみてけっこう好きです。


上のステンドと似ていますが、ガラスピースの形は違います。

各2枚、計4枚、グラブの室内ドアに設置されます。
ですので少々、尖っているデザインがお好みでした。


TさんことT社長とはもう33年のお付き合い。あっという間です。

Tさん、身長が185センチくらいあって、知り合った頃なんてプロレスラーのようでした。
お互いに歳とったねぇ〜、って言いますが、まだまだ20歳はお若い感じ。

娘さんが和紙の世界で修行が終わり、工房を岐阜県で始めたそうです。
今、和紙はパリで人気だそうで楽しみですね。
これからの季節、岐阜県、良いですねぇ〜。

いつの日か、おじゃまできればうれしいです。
テレビで見る和紙を漉く作業、やってみたいんです。

Tさんと知り合った頃は、オイラも氷彫刻からアートガラスの世界に移ったばかりでしたので筋肉質でしたが、今はもう田舎のプロレスラーのようになっちゃいました。

お互いにまだまだよろしくお願いしますね。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2017年05月02日 18時53分12秒  /  コメント( 0 )

流れるイメージのエッチングガラス(建築用エッチングガラス)

流れるイメージのエッチングガラス(建築用エッチングガラス)

3枚でワイド5mの流れるイメージのエッチングガラス、格闘中。

ハンドカットで流れるラインをきる場合は、自分がコンパスの芯になるイメージでカットしていきます。
右利きであれば右上から円を描くように下にカット。

もっとも原寸下絵ではおおよそのラインしか描けませんので、そのラインを清書することから入ります。
大きな均一でない曲線を描く定規は市販されてはいないので、定規は自作。

けっこうマニアックな業界なので、道具は自作するものが多いであります。


このようなデザインは頭がこんがらがってきますので、なんども確認しながらの作業。

流れるイメージは決まると気持ちが良いので限られた時間の中、一生懸命な作業が続きます。


こちらは以前制作した流れるイメージのエッチングガラス。
このようにケシのトーンと細かい柄を入れて彫ると引き締まると思います。

このエッチングガラスはうっすらと青紫を希望されましたので、部分的にグラデーションで入っています。



GWの谷間の平日。
でもインテリア業界はGW中も仕事が動いているので、カレンダー通りに休めれば上出来。

この土日もたまっていた家の仕事をちょっと進められて、そしてデビュー40年、聞いて40年、恒例のヤマタツライブに今年も無事に行けました。

プレミアムチケットであるヤマタツのライブに毎年行けて、感謝。

夜に40年前から共に聞いている友人から「今年は金曜日に行ったよ」と連絡があり、なんかうれしいもんです。

夏までに予定しているライブがあと3個あるんで、がんばらなくては。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2017年05月01日 19時15分28秒  /  コメント( 0 )

デスメタルっぽいステンドグラス(建築用店舗ステンドグラス)

デスメタルっぽいステンドグラス(建築用店舗ステンドグラス)

大きな釜のような形の面取りガラスが組み合わさっているステンドグラス。
GW中に施工とのことなので4枚、Hさん、TU君がんばって制作中。
応援に入りたいけれども他のメンバーはこれまた違う物件でGW中施工するというエッチングガラス、5mを制作中なので応援に入れません。

このような形はかなり好きです。
アメリカンなバイクや車業界ではけっこうハードなデザインを使って、イラストや部品をオリジナルで作っています。

ガラス材をきらきらにするとデスメタルっぽいイメージ。

デスメタルって意味、オイラも詳しくは解説できません。雰囲気です。

音楽用語ですが、ポップスやフォークに対してロックが出てきて、その後もっと激しいハードロック、ヘビーメタル、さらにがなりたてているようなデスメタル。

音楽ではデスメタルは好きではありませんがデザインではけっこう好きです。
音楽で好きな分野はハードロックまで。
70年代の洋楽ロックシーン、邦楽フォークシーン語るとご迷惑なくらい、止まらなくなります。


原寸型から作って特注の異型面取りガラスを作りますが、面取りガラスはステンドグラス材に比べて傷が付きやすいので養生、マスキングをします。

私と同じくらい、すぐに傷ついてしまう・・・


きらきらなガラスではなく、すべて透明な面取りガラスで組むと、まったくイメージは違ってきます。上品です。

この左右のオパールブルーもガラスです。
イタリアのムラーノで作られているガラス。50cm角くらいあります。
お値段はかなりしました。

きれいで素敵なガラス材でしたが、今はもうこの大きさは輸入されていないようです。



良いと思っていても輸入されなくなってしまうガラス材はけっこう多く、我々のようなアートガラスでオリジナルの仕事をしている者にとっては「ひじょうぉ〜にきびしいぃ〜」と財津一郎状態っていっぱいあるんです。

でもそれを逆にチャンスと捕らえるようにしたいものです。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2017年04月27日 19時46分00秒  /  コメント( 0 )

アートミラーの効果的演出(建築用店舗アートミラー)

アートミラーの効果的演出(建築用店舗アートミラー)

飲食店のカウンターテーブルの真ん中にミラーを使ったパーテイションを設置しました。

ミラー素材を使うと圧迫感がなくなり、また目の錯覚で開放感もあります。
まるで透明ガラスがあるような錯覚になります。

そのために物をぶつけやすくなるので、当たり止めのためになにか演出することをお奨め。

ビルなどの透明ガラスにも当たり止めが貼られていますが、当たり止めがないとうっかりしていると顔面から思い切り当たりますのでご注意。

人は歩いている速度で無防備に当たるとかなりの衝撃です。鼻血ブーです。


ミラーの効果として物を映すことがメインですが、壁などに貼って限られた空間を2倍に演出することも店舗ではあります。

以前設置したこの写真の現場は一枚物のミラーではなくて、変形ミラーの面取りを組み合わせています。
このくらいの変形になると、ものすごく手間をかけないと隙間が大きく空いてしまうのでとても手間がかかる仕事。

完成すると手間をかけた分、素敵になります。


ミラーの演出的な仕様でエッチング彫刻をしての工芸的なものもありますが、機会がありましたらご紹介していきます。


GW前であり、さらに暖かくなってきました。
GWは工房の地域はまず動けないくらいの車で大渋滞やアメリカンな店は大行列なので、毎回昼間は動かないようにしています。

ですので動くときは夜。
好きな店のひとつ、横須賀どぶ板通りの「ハニービー」という人気のアメリカンダイナーなんて夜行くと、毎回店長ふらふら。

横須賀の街はドルが使えますので、面白いですよ。
街の30%〜40%はアメリカ人。ぜひお越し下さい。

(でも海軍の街でもあるんで、日米の軍人さんたちは今、忙しいと思うけれども)

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2017年04月24日 19時45分10秒  /  コメント( 0 )

和のイメージエッチングガラス(建築用店舗アートガラス)

和のイメージエッチングガラス(建築用店舗アートガラス)

和のイメージのエッチングガラス、グリーン色のガラスがきれいです。
色でもグリーンを嫌い、という人は少なそうで、普通のガラスを使用する場合に比べて高級感が演出されます。

場所は六本木、ギロッポンのど真ん中なので、これからさらに増える観光の外国人受けするデザインがご希望なのかな?とも思いましたが、詳しくは聞いておりません。

今まで六本木には取り付けで朝、昼、深夜と何十回と通っていますが、この現場は朝から取り付けが出来ました。この街は深夜のほうが人が多い街。

ここ六本木や新宿や渋谷の街、深夜取り付けにも行くのですが、みんな、帰らないの?ってくらい人いっぱい。

町内に家が9件しかないところに住んでいるオイラにしてみたら、なにやっているか不思議。

やはり朝から仕事をしたほうが健康的なのでしょうが前にも書きましたが、集団登校が出来なかったオイラには、早起きは何年経っても辛いであります。

諺にもあります。

「早起きは三文の毒」って・・・




さてさて4月も後半になってきまして、今年もGWがやってきます。

この仕事をしているとGWの休みの間に店舗造作をして、休み明けにはオープンという現場が必ずあります。

今回は3物件、うまく段取りをして制作していけば休める日は増えます。
ですのでGWやお盆中は予約して旅行なんて行けません。
それがこの業界の宿命でもあります。
それでも以前に比べて業界は落ち着いてきたようです。

もっともどこに行っても混んでいるんですが、困るのは我々の工房の地域が行楽地と重なっていること。

暖かくなってくると多くに人が海を目指します。

太古の昔、先祖は海から陸に上がって進化したのだから、DNAの奥底で海が恋しくなるそうです。と学者が言っていました。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2017年04月21日 19時11分28秒  /  コメント( 0 )

前へ |  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  | 次へ