メインメニュー
制作・加工

エッチング彩色仕様(建築用エッチングガラス)

エッチング彩色仕様(建築用エッチングガラス)


打ち合わせ時に質問されることも多く、また打ち合わせ中の仕事でも質問されましたので、エッチングガラスに彩色のお話を書きます。

彩色する場合も彫刻技法は変わることはありません。


彫刻したあとに透明系の薬品で陰影つける代わりに、彩色は色をつけます。

この色も透明系、不透明系に分かれますが、まずエッチングガラスで希望される方は透明系、光を通す色使いを希望されます。

不透明の場合は主に文字やマークなどの場合です。

しかし色によっては光を通しにくい色もあります。白、黒、金、銀などは光を通しません。ですのでこの色が入る混色、たとえばグレーや紺色などは光が通りにくくなります。

対処方法は薄く彩色することである程度は解決できますが、薄くすると艶がなくなるのでさらにクリアを重ねて艶を出します。

この牡丹の花は半透明色、光が入ればきれいに色が出てきます。

色は濃い色からつけていきます。マスキングを各色にしますが細かい部分から色が抜けても、濃い色が先ならば薄い色が被っても悪影響は少なくなるからです。

この牡丹の場合は最初の色は茎、次に葉、そして花びらの影、最後は花びらの白系。
茎には3色、葉にも3色、花も3色と同じ系統の色でも濃淡ある色を混色していきませんと、立体感は得られません。

エッチングガラスの場合は彫刻面の多くは裏面なので正面の反対側から彩色となり、少々の慣れは必要です。


このような大胆なデザインは彩色は映えやすいですが、細かすぎるデザインではあまりお勧めは出来ません。

色を好まれる方はステンドグラスのイメージが強い方ですが、色自体はステンドのガラス色には彩色は艶っぽさではかないません。

ステンドグラスには出来ない自然の質感やグラデーションは彩色のほうが表現可能ですが、あとはお好み。


不透明系の色のトマトです。イタリア料理店の入り口ドアに設置され、トマトが宙に浮いているイメージです。

様々なガラス工房さんも彩色を独自でしていますが、大切なことは剥がれない事。ガラスは浸透性が無い素材なので、ガラス専用の色剤でなければ剥がれます。

色の部分にガムテープなどを貼って、ビリっと剥がせばすぐにわかります。でもこの剥がれない色剤はガラスメーカーや問屋さんでは扱っていません。

もうひとつ注意することは、耐候性。外部では白以外、多くに色は退色します。

ものつくりで悩んだら、自分は自動車の製造仕様を考え、解決策を見つけるようにすることもあります。

現在、外部の過酷な環境でみじかで最高技術の集まりが車だと思ってますので。

超最高技術のロケットを見たいけれども、ちょっと無理っぽい。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2016年10月12日 18時52分21秒  /  コメント( 0 )

アシッドエッチング、ステンドグラス段取り中(建築用住宅用アートガラス)

アシッドエッチング、ステンドグラス段取り中(建築用住宅用アートガラス)

先週は制作段取りや現場下見打ち合わせで、あっという間に1週間が過ぎたように感じます。

まとまった仕事の期日がだんだんと迫っており、なにか追い立てられるような感じなので一日一日の段取りが予定通りに進まないと、けっこう焦りが貯金されていきます。


鹿児島からのリクエストのアシッドエッチングガラス、ベースの薬品処理を終えて返ってきました。

アシッドエッチングは合計4社ほどかかわりますので、これで2社分は完了。次は細かい柄のデザインをガラスに彫刻する準備です。

アシッドエッチングガラスはこのベースの薬品処理が出来るかどうかで決まるくらい、重要な仕様。ノーマルのくもり加工ではなく、4倍細かいシルキーなくもり薬品処理。

もっとも薬品会社はガラスに薬品加工をしてくれるだけなので、下準備はしっかりとしておかないといけません。
今回は透明部分の細かい花柄やBARの文字、ここは薬品がかからないように、また薬品漏れがしないようにしっかりとした順備をして出します。



ここ2〜3日、TU君中心で、そして担当仕事の合間に他のメンバーも手伝って、4羽の鳥のステンドグラスを制作順備中。

こちらはテレビ番組の「ビフォー・アフター」で設計のSP先生のリクエストで段取り中です。




大きな仕事やまとまった仕事の前に、気になる仕事の目途を付けておかないと、リズムに乗れませんので少しピッチを上げて、がんばるわけです。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2016年10月11日 19時22分18秒  /  コメント( 0 )

音符のステンドグラス墓(フューネラルアートガラス)

音符のステンドグラス墓(フューネラルアートガラス)


この夏、制作紹介をさせてもらった音符ステンド墓の完成写真です。

なんだかんだと仕事に追われて、夏からもう秋になってしまいました。デザイナーMJさん、お世話になりました。


このステンドグラスは風で動きますので、さらにかわいいイメージ。動くことでステンドグラスプラスアルファで価値がより増します。

努力したやじろべえのバランスも取れました。またこの大理石の形も印象的でした。石ってこんな形にぴかぴかに磨けるんですね。・・・やしろべえって誰だろ?

このような素敵で清楚なデザインは女性の感性でないと、なかなか形には出来ません。

我々の仕事はご注文された方のイメージを形作ることですので、こころは常にニュートラル状態にしておきたいと思っています。

ニュートラル状態であれば、どのようなご要望デザインも入り口は開けやすくなります。

今、携わっている仕事も、100年前のヨーロッパアンティーク、ハワイデザイン、童話風デザイン、日本庭園の風景デザイン、寺院での墓石に使うガラスデザイン、おしゃれなビューティーサロンデザインなどと多種多様のガラス。

でも全部、興味があります。だから世界中、日本中、行って見たい所だらけ。

この間、何気にやりたいこと数えていたら、あれ?寿命が足りない。

作家ではないので、独自の作風はありませんもの。例えれば、他人の歌をより良く歌っちゃう「ジョー・コッカー」のようになりたい。

「ジョー・コッカー」中学生のとき、深夜放送で聞いて依頼、好きなひとり。お互いにもうヨレヨレ。
(ここ最近、気にしてなかったんで気が付かなかったけども、コッカー先生、お亡くなりになりました。またおひとり、好きな方が旅立ってしまった。)


話は変わり、昨今テレビでは豊洲問題初め、様々な事件がまたまた増えてきました。

皆が、誰が悪いと言ってるとぐるぐる回って誰も良い人はいなくなるわけで、「俵越山先生」のように、多くの人が感じれば、もっと愉しい世の中になると思うんだけども。

入り口はこう感じて、勉強していけば世の善悪はたいていわかってくるはず。

大切なのは「せいかも、の かも」 けっして私のせい、ではなく、「かも」で考えていけばステップはアップすると信じたいっす。

やっぱ、越山先生に会いたいわぁ。





☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2016年10月05日 19時44分43秒  /  コメント( 0 )

文字のエッチングガラス(建築用エッチングガラス)

文字のエッチングガラス(建築用エッチングガラス)


お得意様の寺院のガラス文字です。
このお寺は尼寺でスタッフ初め、すべての方が女性です。

女性ですので、ガラスを使った仏像や設備がふんだんに使われ、現代的な清潔感がある洗練された空間です。

大きさは300ミリ角ですが、文字を彫るのですからガラスの特性を生かした彫り方をしました。

15ミリ厚さのガラスに10ミリ彫っています。砂、入れてポンとすれば文字の形が出来ます。

この習字で書いたように、きれいな立体に彫るのはちょっと技術が入ります。だいたいが深ければ深いほど凸凹してきてしまう。

コツは書くように彫る、ということ。

元々、レタリングがデザインの勉強の入り口だったので、文字は好きなんです。でも書く字は漫画文字ですが。

漢字は「永」の字にすべてのエレメントが収まっているんで、この字が上手な方は字がきれい。



ガラスに光が入れば、深く彫刻した部分に影が出来、立体感が出ます。背面にはソフトにけしたブロンズミラーを重ねてあります。

ソフトにけしたブロンズミラーは品が良く、高級感も増します。

ガラスでなければ表現できない、を目指さなければガラス屋の意味はありません。

「木の方が良かったかな。や、石の方が良かったかな。」なんて思われたら、ものすごく落ち込むわけです。



昨今、寺院関係でガラスを使用する場面が多くなってきたようです。

ネットなどで見ますと、全国のガラス工房やステンド工房さんらが努力している様子がわかります。

我々も様々な寺院関係の仕事をお声をかけていただきますが、営業をしていないのでネットで探していただくことが大半です。申し訳ありません。

ですので制作したガラスが営業マン。

やはり、職人集団ですのでどこにも負けない、でなく、どこにも出来ないレベルまでを目標にします。

この仕事に就いた数十年前から寺院文化、特に欄間彫刻には惹かれています。富山県の井波という欄間彫刻の町はお勧めです。

4回ほど行きましたが、もうそろそろ行きたくなっています。中心のお寺の山門、先祖が造ったというTJさんにも仕事で知り合い、共に苦労できてうれしかったです。

先日、仕事半分で行った京都で、風神雷神と共に天井にあったでっかい龍、20mくらいかな?日光でも鳴き龍見たときにも思いましたが、あれくらいでっかい龍のエッチングを皆で作ってみたいもんです。

あと、原寸大のティラノサウルス、T-REXも。

人間が小さいもんですから、大きいものを造りたがるわけです、ハイ。

ここ1週間、微熱が下がりませんでしたが良くなったようで、明日からもう少し働きましょう、俺。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2016年10月04日 19時34分46秒  /  コメント( 0 )

京都で見たアートワーク

京都で見たアートワーク


京都に出張したときに、街に貼ってあったポスターで見つけた小さな美術館の明治の刺繍です。


時間はさることながら、技術を追求していく迫力が100年経っても伝わってきました。


近年、人気の若冲などの影響が感じられます。



この時代は仕事に打ち込むことに1日の大半を費やす環境も大きいと思います。

現代は電気の普及で、夜明るかったり、テレビを見たりゲームをしたりと一日の中でたくさんの誘惑があります。

現代の方が便利で面白いことも多いですが、現代だからできないこともあります。

何よりも、ものすごく時間をかけて超絶技巧のものを作っても、売れなければ続けることができません。

この葛藤にものつくりは悩み続けるわけです。




☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2016年10月03日 22時30分58秒  /  コメント( 0 )

オリジナルガラス器

オリジナルガラス器


HRさん担当のステンドグラスが完成しました。

現在 100年前のアンティークステンドを修復中なので、現在のステンドガラス材との違いが良くわかります。

一般的には現在のステンドグラス材の美しさは最もですが、ガラス屋からすると汚れてはいますが100年前のガラス材のすごさにしばしば感心しています。

この時代前後はガラスを溶かすのなんて、石炭や国によっては木材を燃やして溶かしていた時代、素晴らしいガラス材を作ったものです。
北欧などでは 器ガラスで森林ガラスと呼ばれているものがありますが、ガラスを溶かすために伐採しすぎて山、死にかけました。

残念なことに現在ではガラスに限らず、再現不可能な材料はいっぱいあります。



先週仕事で行った、京都の祇園で偶然に見つけたポスターで、100年前くらいの日本刺繍の展覧会をやっていたので寄ってきましたが、びっくりするくらいの技法と技量。

細い刺繍部分などはくもの糸くらいでしたが、現在では絹をとるカイコの品種改良で太い糸しか出さないので、再現は不可能とのことでした。

この刺繍の様子は機会があったら載せます。まだ本が家に置きっぱなしなので。



UZさんから再発注のオリジナルガラス器。

今度は連結です。制作にあたり、マスキング状態はミイラのように全体ぐるぐる。




大きな丸い穴、これは彫刻でなければあけられません。

近年、ウォータージェットというマシンがあり、様々な形にカットできますが、このように穴とガラス小口の間が狭いと無理です。

ガラス小物は思ったよりも時間がかかるります。UZさんのお家、歯医者さんですがエッチングガラスやアートガラス、ガラス器など20年間でたくさん使っていただいています。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2016年09月29日 18時00分24秒  /  コメント( 0 )

アシッドエッチング制作開始(建築用店舗エッチングガラス)

アシッドエッチング制作開始(建築用店舗エッチングガラス)


北海道の仕事をしているときに相談がありました鹿児島の仕事です。

お店をオープンするにあたり、手に入れたヨーロッパのエッチングガラスを割ってしまい、復元したい、とのリクエスト。

まずは隠れている絵を探しながら清書していきます。ここまで3日間。この後の作業はまだ山ほどあります。アシッドエッチングは国内でできる工房はまずないと思います。

当社含めて、薬品加工などで4社がかかわります。この薬品加工は神奈川、東京では条例でできません。




現在はメールがあるので遠方でも写真などのやり取りでかなり詳細や希望がわかるようになりました。

しかし細かい部分は現物を見なければ分かりませんが、遠方なので今回はできるだけ写真からの復元。


オイラが初めて就職した会社は全国に代理店があり、そこからのデザインは速達でした。
ファックスすらありませんでした。

その時はデザイナーは男女で6名ほどいましたが、仕事に追われると封を開けていない速達がたまっていきました。今考えると、忙しいと言いながらも、のんびりしていた時代です。

日本中どころか世界中の出来事が数時間後にはニュースなどで分かりますが、江戸時代なんて長崎の情報は早くても数年後でないと噂になりませんでした。

現在、情報はリアルタイムですので、どなたも忙しい。

アシッドエッチング、ヨーロッパの技法ですがこの技法が本来「エッチングガラス」というものです。

今ではサンドブラストも含めて「エッチングガラス」と言われていますが、本来は薬品で腐食させる技法です。

銅版でも版画などで「銅版エッチング」という技法があります。

他のメンバーは100年前のアンティークステンドのリペア、その中でHRさんが新規の丸いステンドを組みはじめましたが、新規のガラスはやっぱりピカピカしています。





☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆


Posted at 2016年09月27日 22時15分25秒  /  コメント( 0 )

アンティークステンドグラス調整(建築用住宅用ステンドグラス)

アンティークステンドグラス調整(建築用住宅用ステンドグラス)


100年前のアンティークステンドグラス、寸法と形を調整中です。

今回はワイドを狭くして、上部飾りの空き空間に色ガラスを埋めていきます。



この時代のステンドグラスの形は大胆なので、同じシリーズでも細かい部分は同じ形はありません。納まり、取りつけ方法も石に埋め込んでますので、多少大きさが違っても問題は出ないのですが、現在は金属などですので大きい誤差でも5ミリまでしか許されません。

一枚一枚、手加工で削っていきます。

光が入った時の質感重視なので、まずは形調整に集中。この後に光を入れながら色調整をしていきますが、いろいろな仕事と同時進行してたら、最初の20枚の形調整だけでもう3週間もかかってしまった。

あと100枚くらいあるんで、ちょっとやばいっす・・・



ヨーロッパのアンティークステンドは文字を読めない人にキリストの話を絵で説明するために発展したので、現代の住宅などではデザイン重視のステンドグラスが多いです。

最近はデザイン重視、しかもあまりこってりとしたデザインは少ないようです。

使用目的も間仕切りや目隠し目的が多いので、特に住宅ではステンドグラスは脇役の役割が多いであります。脇役でも名脇役にならなければ次はありません。



今回はイタリアメインのアンティークステンドです。

友人MTが大学生になった時に外国語選択で「トタリア語」という科目があり、「これはきっと古いヨーロッパの国の言葉で、誰も話せないから話せるようになれば役に立つはず」と気張って科目選択。

期待して授業に出たらイタリア語。印刷ミスで「イ」が「ト」になっておりました。

イタめしと思ったら、イカめし的な・・・

イタリアの仕事があると、いつも思い出します。それ以来、我々はイタリアをトタリアと言って早40年。

そんな彼とも45年の付き合い。お互い、イタリア語は今もしゃべれません。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2016年09月20日 19時27分45秒  /  コメント( 0 )

ミラーエッチング(建築用店舗用エッチングミラー)

ミラーエッチング(建築用店舗用エッチングミラー)


ミラーの表面にエッチング彫刻加工です。

今回のミラーはダークミラーという濃いグレー色。もう黒に近いっぽい。

ミラーには クリアミラー、通常良く見るミラーですが、本当はクリアではなく少し緑ががっています。白い紙や服を映すと真っ白でないのでわかります。

美容院や高級服店ではそれではまずいってことでハイクリアなミラーを使っています。
顔や服も、より健康的に映えます。

あとはブロンズミラー、グレーミラー、そしてレアなゴールドミラー、もうそのまま金色のミラーです。レアなのでまず見ません、昼間は。

夜主体の高級クラブなどの装飾で使われます。でもゴールドミラーは超お高いので大量に使うことは稀。本当に高い。通常のミラーの10倍はします。

ハイクリア、クリア、ブロンズ、グレー、ダーク、ゴールド この6種類がミラーの主な種類ですが、ノーマルなクリアミラー以外はホームセンターなどでは売っていません。

そのような色のミラーは映す目的より、装飾的な目的が多いです。

数字がデザイン的にランダムに踊っています。なんか良い、って思っていたら時計メーカーの
「フランクミュラー」の店舗用でした。

フランク三浦ではありません。



イメージ図を見ますとこのエッチングミラーの間にそのままのダークミラーを交互に並べて、その前に時計のショーケースが並びます。

前面の時計のショーケースの中がより輝くように、背面には濃いグレーのミラーを使用しているのがわかります。




高級時計、好きな方、特に男性に多いです。世界には大小2000あまりの時計メーカーがあるそうです。

精密機械の世界観と男性は社会人になると女性よりも装飾品が限られてくるので、時計は人気。
同じように、かばんや筆記道具も雑誌によく特集されています。

ミラーも映す以外の演出効果がたくさんあります。ガラスも同じ。ガラス本来の仕事は光を取り込みながら外部と内部を仕切ること。気温や風、埃や虫などから。

どこの家庭でも必ずある、ミラーとガラス、日ごろ見慣れているのですが、この素材は魅力的でそして気難しい。

誰にでも身近な素材なのに、自由には扱えない。

だから面白いんですがね。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2016年09月16日 18時59分14秒  /  コメント( 0 )

バラのステンドグラス(建築用ステンドグラス)

バラのステンドグラス(建築用ステンドグラス)

さわやかな夏の北海道で設置させていただいたバラのステンドグラスです。

第一陣、二陣が出発するときは日ごろのおこないが悪いので、台風が3個も同時に来てましたが,
がんばって予定通りに設置完了してくれました。
私が合流した日はおこないがいいので、良い天気!どやさ〜。

工房内で最終クリーニングしてから車に積み込みです。

今回のバラのステンドグラスは枚数が8枚、ワイド500くらいx高さが2450と長いので当社の車に積んで行きました。

運送会社にお願いすると引き受けてくれるとこでも美術品扱いとなり、仰天値段が出てきますのと、やはり慣れている道具、今回は車ですが安心感があります。

この8枚とご紹介したクリアステンド、ワイド1,8mが4枚、計12枚の積み込みだけでもほぼ半日かかります。

ガラスの積み方や縛り方はコツが要りますが、ステンドグラスはもっとコツが必要です。特に今回のような枚数が12枚と大きくて形が違うもの同士を安全に積むのには経験が必要です。

きつく縛るとまず割れます。でも数百キロ、動かないように縛らなければなりません。この矛盾をクリアする積み方があります。

もうひとつ気を使うことが荷重。今回の12枚のステンドグラスでは一番奥、最初に積むステンドグラスには11枚分の重量がかかってきます。11枚分で約270キロが奥の一枚のステンドに荷重されます。

この重さの問題をクリアするには積む方法の前に、ステンドグラスの組む材料と仕様から考えていかないといけません。




ステンドグラスは光を見ると言っても良いので、設置されるとガラスの色と質感がきれいです。
3色でもガラス質感は7種類、組み込みました。




部屋全体に設置されて、ひと安心。

指示ですこし光のトーンを落としたイメージでしたので、以前制作させていただいたバラステンドグラスと同様、良い発色をしてくれたと思います。




ステンドグラスの特性で、昼間は室内から見たときに輝き、夜は外から見たときに輝きます。

建物の横を道路が平行しており障害物もないので、運転している方々に建物全体をアピールしてくれるポイントになってくれたら、我々もうれしいです。

IS社、NGさん、UNさん、MTさん、MDさん初め、施設責任者のYTさん、大変にお世話になり、ありがとうございました。

まれに見る台風のなか、無事予定どおり完成して、また良い思い出ができました。感謝します。

TU君は鮭が200匹ほど遡上しているのが見れたそうです。(オイラも見たかったよぉ〜)


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2016年09月14日 19時53分59秒  /  コメント( 0 )

前へ |  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  | 次へ