メインメニュー
2017-03-09 の記事

イルカのアートガラス...

イルカのアートガラスキッチンパーテイション(住宅用エッチングガラス)

ここ2〜3日、夜はまだ寒いです。
そういうときはいつものように南国テーマのアートガラスをご紹介したくなってしまう。
気分だけでも暖かくなりたいもので。

キッチン周りを目隠しする目的のパーテイションです。
ベースの台もガラスでTの字に接着して立ててます。最近の接着材は良い物があるのでクリアにきれいにそして頑丈につきます。

ただし市販されている1液と2液を混ぜて使うガラス用の接着剤はダメです。
きれいにつかないことと、けっこう弱いですから。

やはりプロ仕様のガラス小口専用の接着剤、紫外線で固まるものよりも可視光線で固まるタイプが水に強くて良いです。


イルカちゃん、人気者です。
プルメリアも人気です。プルメリア、良い香りがします。
南国で地面に咲いているプルメリア、花の肉質がプリプリ。

イルカはエッチングガラスで彫る場合は陰影をつけなければ、のっぺりとしてシルエットのようになりますのでご注意。うろこが無いですから。彼らは泳ぎがうまいですが魚ではありませんので。
鯨も同じ、こっちはでかいイメージの分、陰影はまた違う仕様になります。
プルメリアの花も同じき陰影が必要。

イルカを観察すると筋肉や肌の色の質感はけっこうあります。
このイルカは25センチくらいですが、大きいイルカの場合は瞳をもっと細かく彫れば生き生きしてきます。
そ〜だなぁ〜、50センチくらいあれば瞳がウルウルに出来ます。
その分、肌の質感がより表現が難しくなってくるのですが。


ハワイの文化は大人気。
異国の文化の違いは知ると愉しいですからね。

もっとも文化の違いで、終戦後に上陸した米兵が漁村で村人が海苔のおにぎりを食べているのを見て、
「日本人は子供の頭を食べている!」、とびびったそうですが、聞くとなんか納得。

海苔を目いっぱい巻いた丸いおにぎりが置いてあったら、海苔を知らない異国の人は
「・・・子供の頭!?」

アメリカには黒い食べ物はあまりないようなので食文化の違い。
イタリア人だったらイカ墨スパゲッティがあるので、黒い食べ物の違和感は薄いかも。

食欲がわかない色は青だそうですが、横須賀ベース内で青いドーナツ売ってました。
こういうチャレンジはアメリカの人は好きですよね。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2017年03月09日 20時04分53秒  /  コメント( 0 )