メインメニュー
2016-10-26 の記事

金箔のアートガラス(建...

金箔のアートガラス(建築用店舗アートガラス)


金箔をガラスに貼る、という加工依頼がたまにあります。

基本的には金箔は表面を見るので、ガラスですと貼った面を見ることになり、金箔の裏側がメインになります。

この裏側ということが厄介なこと。表面ならば修正などかけていきますが裏面ですと修正は出来ません。

またテレビなどでやっているように、金箔はものすごく薄く、静電気ですぐにしわになるためにとても大変な作業。ですので限界があります。

その限界点を高くしての承認となるので、このようにサンプルを作って確認してもらう方法がベスト。

以前、金閣寺の修復作業で職人さんが外部で金箔を貼っていましたが、本を読んで金閣寺の金箔は通常の5倍以上の厚さがあり、大きさも4倍近いものでした。

ですので一枚あたり、とてもお高い。でもあの作業はすごいです。



ここ数週間、仕事の流れのひとつでイタリアから到着したステンドの枠入れ作業に終われました。51枚、無事に枠に入って固定しました。

大きさがワイド2mx高さ1mなので、枠に入る前はけっこうゆらゆらで運ぶのにはコツが要ります。


本日、取り付けの現場に行って、足場確認。



グフッ!

この鉄の森のような中をでかいステンド51枚、高さ20mから設置です。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2016年10月26日 19時56分11秒  /  コメント( 0 )