メインメニュー
2016-08-15 の記事

フューネラルのステン...

フューネラルのステンドグラス(建築用ステンドグラス)


約2ヶ月間、制作中の2グループのステンドグラスです。毎日2〜3人の担当ですので2ヶ月、約50日で100人から150人の延べ人数になります。大きさはワイド1800ミリx高さ760ミリくらいが4枚。

こちらは色がなく、クリア系のガラスで表面の模様、質感が違うガラスの組み合わせ。
落ち着いてシックなイメージになります。

クリア系なので色の影響を受けにくく、住宅のドア関係などでも人気です。この場合、部分的にクリアカット面ガラスを使うと効果がより増します。

カット面に光の屈折が出る効果と、ガラスの模様だけの圧迫感がクリアカットガラスによって和らぎます。

今回は幅25ミリで長さが600ミリ、60センチの長いクリアカット面ガラスを部分的に使いました。長さ600ミリのカット面ガラスは結構レアな素材です。



こちらは色系のみのステンドグラス。ワイド490ミリx高さは2450ミリが8枚。
ご要望のひとつで色のトーンを落とす方向へ、とありましたのでブルー系とグリーン系、イエロー系の3色グループでの構成。

視覚変化をつけるために、同色でも模様、質感の違うガラスを組み合わせています。



お盆期間ですが、当工房は毎年順番で休みを取っていくので今週も工房は制作中です。

毎年、進める仕事があり世の中の動きが止まる1週間のある8月は、逆に1週間得した気分になります。

ラジオやテレビで見聞きする渋滞情報や混雑する場所が皆 苦手なのでこの方が適しています。
高速渋滞、35キロとか45キロとか聞くと、「無理!」ってなりますもの。

電話が少ない分、制作に集中できるのでけっこう好きな週かもしれません。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2016年08月15日 19時23分57秒  /  コメント( 0 )