メインメニュー
2016-02-08 の記事

ステンドグラスの方向...

ステンドグラスの方向性(建築用住宅用ステンドグラス)


装飾金物会社さんからの依頼で青いステンドガラス材を3色使った装飾金物です。

実物はきれいに濃淡の3色の青がきれいです。希望は表面の質感が細かい凸凹でしたが、中間色の青には細かい凸凹のガラスは存在しません。

ですのでクリアの細かい凸凹ガラスと中間の青ガラスを重ねて一枚のガラスにし、3色同じ質感にしました。

マンションエントランスの装飾の一部になるということです。




ステンドグラスというと色ガラスを鉛線でつないでいるものがほぼ100%、イメージされます。
本来はステンドガラス=スティンドガラス、 汚したガラスという意味ですので海外では鉛線での制作にはこだわっていません。

この写真は大阪のお客さんが参考で送ってくれましたが、このように色ガラスを演出したイメージが特にアメリカでは多いです。

ステンドグラス材自体、数千種類あり、きれいな色や質感が多いので活用しない手はありません。たまにステンドグラス屋さんの中には邪道だと聞きますが、我々はステンドグラス屋さんではないんで、へのかっぱ。

職人集団なのでお客さんが要望されているもの、希望しているイメージを形造り、喜んでいただけたら自分らもうれしいということが仕事。




週末は19歳の時にアルバイトしていたKFCの社員であった方々に本当に久しぶりに会いました。中には40年ぶりの方もいて懐かしくもうれしい時間でした。

話していて、思い返せば40年前のKFCもまだまだ店舗も少なくて、若い社員の人たちはいろいろな商品開発やシステムを考えながらチャレンジしてました。

あのころ40年前のKFCはまさにアメリカでした。またあんなにうまいもの、食べたことなかった。今でも仲良くしていただける諸先輩方に影響されていることは多いと思います。

若い社員の方々も今やトップクラス、社会的にはお偉いさんですが皆、あの当時のままでちゃん付けで呼べることに感謝。

「進められたようにあのままKFCに入社してれば、って思うこと何回もあったよ」

「お前はあのころからものつくりの世界に行きたいって言ってたように、KFCは続かなかったね」といた全員に言われる始末。

もっとも皆、笑顔で言うけれども1200店舗まで広げてきた最前線の人たちの言葉はいろいろな意味が含まれていて、その通りでごぜえます。

15歳から20歳くらいに出会ったカルチャーは生涯影響される、と言いますが本当にそう思います。今振り返れば同級生や諸先輩方はあの時代のカルチャー最先端の人たちが多かったので、おいらのようなとりえのない坊主には新鮮で、時間が経つほどありがたく感じます。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2016年02月08日 19時52分29秒  /  コメント( 0 )