メインメニュー
2016-01-21 の記事

エッチングガラスサイ...

エッチングガラスサイングラデーション(建築用エッチングサイン)


昨年から制作中の仕事とともに進んでいるガラスサインです。
今回はこのエッチングガラスの後ろにもう一枚、桜の花びらが両面まっているエッチングガラスが重ねります。

そしてこの文字マークには金箔が入ります。今回は先方の金箔職人さんが金箔を貼るということですので、この段階で埼玉の金箔張り場所へと土曜日に搬入です。

大きさはワイド800ミリx高さ2m20センチくらい、このXのかすれ部分、細かいところは1ミリほど、すべてハンドカット。U氏、半日無言でカットしてました。お疲れ様です。



今回は上部分 600ミリ ボカシ加工指示です。
ボカシ加工、ケシ部分を徐々にうすくしていく加工、グラデーションとも言います。

上が100%ケシで600ミリが0%になるように感覚でぼかします。消しゴムが効かないので一発勝負です。

U氏、ボカシがきれいに出ました。下の写真ですとよりケシの粒感覚がわかってもらえると思います。

ボカシ加工は直圧式のサンドマシンでなければきれいに大きい面積はできません。また機械加工ではできず、手感覚でないと表現できません。だからいいんです。

決まると手加工感があり、日本人好みの印象が出せます。現在制作中の博多の海のイメージもボカシを多用しています。



様々なアートガラスのご要望を頂いてますが、どれもみな違うデザイン、場所、使用目的なので
より良く表現できれば、と思っています。

結構、シビアなことやへヴィーなことも多々ありますが

「趣味であれば、やりたければ続けられる、仕事であったら、やらなければ続けられない」という言葉を思い出して頑張りませう。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2016年01月21日 19時46分15秒  /  コメント( 0 )