メインメニュー
2016-01-12 の記事

グラフィック仕様 ガ...

グラフィック仕様 ガラスサイン完成(建築用ガラスサイン)


グラフィックフィルム、ガラスサイン、設置完了です。
このような自立ガラスは強化ガラスを使用します。普通のガラスではまず大風で割れます。強化ガラスと強化ガラスの間にグラフィックフィルムを挟んで合わせます。

強化ガラスはガラスをカットすると爆発するので寸法通りに作らなければなりません。
また強化ガラスは専門の強化ガラス会社で作ります。我々は30年来の仲が良いAD君が強化ガラス会社で偉くなってくれたので、いろいろと親身になってくれてありがたいです。

今回もグラフィック含めて2か月余り、打ち合わせてくれてバッチグゥ〜でした。この青系のグラデーション、決定までエネルギー、かかりました。各人好みの色は難しいです。




設置している人と比べると大きさがわかりやすい。高さは2mです。ガラスは一見、透明なので重さが実感できないですが思った以上に重い。比重は水の2,5倍。

今回のガラスサインは132圈∪瀉屬癸玉症要になります。持ち上げるだけだと2名で持ちあがるけれども、ガラスは1ミリ2ミリ単位で設置するので人数は必要。

ここ数年、グラフィックフィルムが進歩してきましたので合わせガラスも様々な仕様ができるようになりました。




当工房はエッチングガラス、サンドブラストやステンドグラスなどが主体ですが、このようなガラスサインも含めて特殊なガラス仕様のガラスも要望あります。基本はガラスという素材を加工する仕事だったらすべて受けます。
ガラスを加工する、ですから窓ガラスなどはおこなっていません。電話で窓ガラス割れたので交換希望がきますが、そのような場合は町のガラス屋さんを紹介します。

特殊なガラスだったら他のアートガラス屋さんが出来ちゃって、自分らが出来ないなんてことは、悔しいっしょ。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2016年01月12日 19時06分41秒  /  コメント( 0 )