メインメニュー
2015-08-31 の記事

液晶フィルムガラス(...

液晶フィルムガラス(建築用特殊ガラス)


8月も終わりです。
近年は暑すぎるので辛い夏ですが、やはり想い出が多いのも8月なので、ちょっとさみしい気持ちになる月でもあります。

♪一番、素敵な季節がもうすぐ〜終わる〜さよなら〜夏の日〜僕らは大人になってゆくよ〜♪

秋にはヤマタツのコンサートなんで、毎年恒例の生ヤマタツ、楽しみましょう。




結婚式場のガラス液晶パネルの交換です。
大きさは900x2200ミリほどですが、エレベーターには入りません。
で、チャペルは13階・・・階段手上げです。

で、持ち上げるだけなら二人ですが、ぎりぎりで階段を持ち上げてゆくので、7名です。
ガラスと壁の隙間は3僉慣れていてもかなりへヴィーです。

液晶フィルムでくもり〜透明に自由に変化します。



電気信号でパッと透明!
おお!素晴らしい100年前のステンドが美しい!



リペアに3か月はかかったことも懐かしいです。今年後半から新年にかけて、高さ10m位のイタリアステンド取り付けのこのお客さんの新しいプロジェクトがあります。

そのステンドグラスは今、イタリアで制作中。ですのでそれを取り付け。
イタリアのステンドグラス責任者のおばちゃん、こわいぞぉ〜。イタリア語でバンバン、言ってくる。それに責任者のオイラがバンバン、イタリア調の日本語で答える。

「ワタシィハ ニホンゴシカ ワカリマセ〜ン」「グラッチェグラッチェ、カルボナ〜ラ
、アルデンテ ボ〜ノボ〜ノ」

イタリアのおばちゃん、おいらのことはあまり良く思っていないようですが、そんなことは請け負う仕事を仕上げるには関係ありません。

が、ステンド全体で5000〜8000万円するので、ノーマルなガラス屋さんは嫌がるわけです。
アブノーマルなガラス職人が請け負う。

この結構式場、ホテルのステンドリペア、エッチングガラス関係、修復、制作や施工、今度で7会場目。
オーナー初め、スタッフの皆さんと我々が、ともに苦楽を共にしてきました。まさに理想の仕事スタイル。

本日は上野にエッチングガラス取り付けで5時起きで、おいちゃん眠いんで、あがります。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2015年08月31日 20時39分49秒  /  コメント( 0 )