メインメニュー
2015-04-16 の記事

エッチングミラー、デ...

エッチングミラー、デザインの地域性(住宅用インテリアエッチングミラー)


狭いといわれても、やはり日本は地域性があり、好まれるデザインの方向性も様々。テレビの県民ショーなどを見ると、地域文化の多様性がおもしろく素敵です。

植物のデザインを彫刻するエッチングミラーですが、こちらは広島の仕事です。関西や中国地方や九州地方は関東地方よりも、派手目のデザインを好まれる傾向にあるようです。

沖縄までいきますとまるで違う文化なんで、ほぼ外国。名古屋は関西よりも派手さは控えめですが関東とまた違う感覚の印象。京都や金沢はまず和が中心。









植物のデザイン、派手目でレイアウトも大胆です。

もちろん地域性のみでなく、個人の好みにも関係ありますが、日本全国、仕事をさせていただいていて,やはり地域性の違いは感じます。

それが文化なので、とても興味があることです。ご要望に応えるためには勉強、というかいろいろな分野にアンテナを張り、浅くても興味を持つことが大切と感じます。

秋田、岩手、山形、高知、鳥取、島根県がまだですが、この6県へ行ければ全国制覇!できるかな〜。どうだろ〜ね。




エッチングガラスの加工では、よくボカシやパラケシという呼び名の技法がありますが、写真の下部分の半分ケシであるのがその技法です。

この表現は手加工なので、ケス濃さが調整できますが、反面消しゴムが効かないので濃くなったものは薄くはできません。

サンドブラストの仕事では重要な技法ですが、実はむらなくパラケシにするのは簡単そうで難しい技術なんですよ。



☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆


Posted at 2015年04月16日 23時59分02秒  /  コメント( 0 )