メインメニュー
2014-11-12 の記事

曲げガラスアート(建築...

曲げガラスアート(建築用インテリアガラスアート)




曲げガラス12ミリ、6枚にスワロフスキー14000個、貼りまくり完成。

建築インテリアのガラスアートを担当してると、平板ガラスの大きいものや厚いものの指定は避けられませんが、曲げガラスも同じ。

とくにおしゃれな空間には良く使います。でもいろいろな癖があるんでなれるまでは厄介で怖いガラス。持ち方ひとつでも、フラットなガラスとは違います。

今回はエレベーターに入ったんで、5名で6枚、比較的に順調に設置できましたが、エレベーター入らんかったら階段で5階、手上げなんでよかったよかった。



ワイド1800ミリ、高さが1200〜1500ミリの曲げガラスアート、左右で計6枚、奥にシャンデリア見えます。ガラスの、と書きましたが、今はアクリルのシャンデリアもあるので、あえてスワロフスキーのシャンデリア、と伝えなければ。

お値段が数倍、違うんでね。このシャンデリアで車1台、買えちゃう。2年前の銀座、OD社さんが担当してたシャンデリア、家一軒、買える。

このお店は床も石模様の強化ガラス、下から、照明で光る床、カッケ〜。壁もヒシ形の面取りミラー、3000枚、こちらは仕事いただいてるガラス会社、TGK社、TR社長の仕事。

TRさん、知り合って早いもので30年、オイラが28歳、TRさん、37歳。ということは67!

180センチ以上であんなパワーの67歳、勝てません。思えば若いころはプロレスラー並みだったもんね。同級で通用しますよ。

職人は年齢よりも若い人、多いので、自分はまだ若造、の年齢。20代なんてまだ赤ちゃん扱い。30代で学生さん、40代で社会人、50代でやっといろいろ認めてくれる。

本日、広島からTU君、帰ってきて 今度はおいらが明日から仙台へ打ち合わせにGO! TU君、新年、上海、頭入れといてね。

仙台の仕事、これまたヘヴィー。

「いろいろ探したんですけど、どこも無理、といわれて電話しました」と住友R社の設計。

このような分野の仕事をしてると、普通の社会ではなかなか知り合えない、いわゆる大手、東証1部上場の会社さんからも声をかけてくれ、クラフトマン冥利に尽きます。

昨日も8年前に共に現場で苦労した、東証1部金属メーカー大手の会社のSTさん、8年経ったら天辺近くまで出世しちゃって、わざわざ来社してくれて、特殊生産プロジェクトに、御社の技術、使いたい、相談乗ってチョーダイ、とありがたいお言葉。
「この金属とガラスの技術、まだ世界でもやってなんで、チャレンジしてみたいんだよね。それに御社と8年前にやってみて成功してるからね」

数人の社会的には小さな集団に、ありがとうごぜぇますだ。これで正月にお餅、買えそうです。

「どこもやっていない」「どこも無理」という大好物であるけど、ある意味、我々の短所でもある突撃しちゃう言葉に、それでも仙台の仕事内容、考えること1ヶ月、様々な智恵、出して「出来る」と判断。

「ええ〜い、乗りかかった船でぃ」


と、HRさん「乗りかかった船、多すぎて、股、裂けそうになってるよ」

「大丈夫、足、長いから。若いころなんて、足、もっと長かったんだぜぃ」


留守中、今日打ち合わせてきたステンド、5枚、決定したんで下準備、よろしく。

牛タン、買ってくるからさ〜。(食べてもくるけどね)

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆

Posted at 2014年11月12日 20時01分55秒  /  コメント( 0 )