メインメニュー
2014-11-11 の記事

ガラスシャンデリア(...

ガラスシャンデリア(建築用インテリアアートガラス)


ちょっとヘヴィーな日々が落ち着きました。

建築ガラスアートを担当していると、昔から納期が重なることが日常で、そうなると巷で言われている、ブラック企業なんてもんではありません。漆黒の闇。

騒がれているブラック企業であれば、辞めればいいのに、と思います。現時点でやめれない事情があれば、やめる努力をすればいいこと。

まあ、「楽で、休みが多くて、給料良くて、楽しい仕事」なんてまず無いよ。あっても評判になって、募集しなくても人は集まる。そんな仕事があったら、わしがいきたい。

それが希望だったら自分で起業して、理想形を築くこと以外ありません。でも起業したら、もっと過酷になることが多い、と思ったほうが正解。

要は好きな分野の仕事であれば、多少の過酷さは耐えられる、と思います。

オイラは若いころから、働くのが嫌い、でも働かなくてはならないんで、好きな分野の仕事に就く努力はしたつもり、ものすごく辛い修行を。

ほんと、生きていくのがいやになるくらい、辛かった。

と、たまに若い人に相談されるけれども、若い時期、数年、我慢してやってみればその後、行くべき道はなんとなく見えてくるんではないかい?

カリスマ経営者の本、読んでも、まず身にならん。それよりも自分の回りにいる人に聞きまくるほうが、身になること、多いと思う。そもそも動いてる舞台が違う。

「こうすればあなたも儲かる」なんて、そんな人、本出しません。「この本、買ってくれたら私が儲かる」ってこと。ってオイラは思っとります。

「誰でも、けっして無力ではない、微力ではあるけれど無力ではない」って言葉、好きであります。



と、この期間、仕上げた仕事のひとつ、シャンデリアでございます。

シャンデリア、専門ではありません、が設計のD先生から「シャンデリアもガラスなんで、頼むよ」の一言で、チャレンジ。D先生、ユーミンの歌にでてくる「ドルフィン」デザインした人。

「シャンデリア、こんなデザインでどうすか?」「・・・昭和だな、ボツ」

いや〜、苦労したね。写真に撮れば天井からきれいに下がってるけれど、スワロフスキーのシャンデリアパーツ、一粒、一粒組んでいって30000個、2,7mのガラスレース、260本、重さ130キロ。


こういう細かい作業、好きだけど、時間頂戴、とHRさん。




でも苦労した分、シャンデリアの知識とノウハウ、当社のカテゴリーになりましたぜ。

シャンデリアだけの担当だったらまだ時間的に調べたり出来るんですが、この現場はスワロフスキー曲げガラスアート、6枚、エッチング楕円ガラス、1枚も担当したんで、結構大変。

同時進行で広島ガラスアート20mも日曜日にTU君、広島まで高速で走って、無事に設置完了との知らせ。

HRさんはステンドグラスと格闘中、U氏とYM君はエッチングガラスとガラスアート制作でバタバタ、お疲れさんでした。

やはり遠いと、すぐに対応できない分、エネルギーは使います。といいながら、今週後半は仙台へGO ! 寒そう。

そろそろ、来年の仕事の打ち合わせが数件、動き出してきたんで、今年も後半になってきたな、と感じ始めてます。

その前に今年中に仕上げる仕事、まだヘヴィーな仕事あるんで、みなさ〜ん、がんばりませう。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆

Posted at 2014年11月11日 19時17分33秒  /  コメント( 0 )