メインメニュー
2012-11-21 の記事

ヨーロピアンエッチン...

ヨーロピアンエッチングガラス2

下絵を描いていることをご紹介したエッチングガラスが取り付きました。



以前も書きましたがエッチングガラスと日本で呼んでいるのは実はサンドブラスト後、エッチング液で腐食させる事を指していますが、サンドブラストのみもひっくるめて「エッチングガラス」という呼び名になっています。

正式にはエッチングガラスは彫りません。 エッチング液というガラスを腐食させる液体の濃淡で表現します。

ヨーロッパの昔の技法ですが、少なくとも日本国内ではやってません。 

でも破損しちゃった場合などは 今ある技法で近い表現にすることは可能ですので、今回もその技法で感謝されました。

イラストレーターの鈴木英人が建てた家なので久しぶりにお伺いしましたが、最高な室内の雰囲気です。

いろいろな場所から集めたエッチングガラスをあらためて写真を取らせてもらいました。



それそれ寸法が違いますがガラスに合わせてドアをアンティーク調で作ってあります。
数年前にこのインテリアを見て、自分の好きな方向性を出せばいいんだ、と教えられました。

この6枚の写真のなかで3年前に当工房が制作復元した物が1枚あります。

さてどれでしょうか?・・・わかんないでしょ?

わかんないほうが仕事としてはいいんです。

さて明日もヘヴィーですが皆さん、がんばりましょう。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2012年11月21日 20時37分43秒  /  コメント( 0 )