メインメニュー
2012-08-08 の記事

フィージングアートガラス

フィージングアートガラス



ハートのガラスです。 中にピンク系のガラスを入れて、透明ガラスの粉と共に窯で高温にて焼きます。これ、スゲーです。

窯から出てきたときはまだくもり状態ですのでそれを磨きまくります。

今回は大きさは20センチ、厚さが60ミリととても厚いのと正面がレンズ状にとのご希望でしたのでかなり磨きは苦労してくれました。

このような熱を使ったフィージングアートガラスは仲間の溶かしたガラス専門工房と打ち合わせて進めます。

むずかしいのは陶芸と同じでわずかな温度違いや時間で色が微妙に違ってくる事です。

それが冷えてからでないとわからない、という状態です。

急ぐと温度管理に失敗して割れます・・・一度、割れて2度目のチャレンジです。

でも国内でこれほどの大きいフィージングが出来る工房は数少ないはずです。

光が入ると更に美しい!

NGちゃん、Hさん、ご苦労様でした。

色々なガラス技法の工房が集まらないと注文される方の希望が形になりません。

ですので チームで仕事をすることが重要になります。 

さてさてもうすぐお盆ですがなんか仕事の打ち合わせが立て込んできました・・・

休めるかな・・・


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/ ☆

Posted at 2012年08月08日 18時57分04秒  /  コメント( 0 )