メインメニュー
2012-07-13 の記事

上海のアートガラス 1

上海のアートガラス 1



上海へ打ち合わせ、無事に行ってきました。 
今回の取り付け場所は以前にイギリスが統治していた特別な場所でしたのでありがたいことに超ハイレベルでした。

飛行時間だけですと羽田から3時間、いま九州長崎、佐世保に行っているHRさんは国内ですがドアツードアでもっと時間かかってます。

建物には会員以外は入れないと言う事と、スタッフは英語が出来ると言う事。 と聞いて街に出てみると英語、ワン、ツー、スリーレベルも通じませんでした・・・(ToT)

曰く 英語は覚える気はないそうです。ただしエネルギーはものすごい。昭和40年くらいの日本、高度成長期のようでした。

明暗ありますがエネルギーがすごいと言う事はやはりこちらも躍動してきます。もうなんでもありって感じ。

火が点いた現場の空気感にも近いものがあり、オイラはすぐに溶け込みました。 ですので順次、仕事で行くメンバーたちもOKでしょう。

人当たりは良く言うように怒っているように接しますが、世界一と言われている日本の接客レベルが今回のような超高級な設備に入れば評判と可能性が大きいとガラス屋のオイラさえも感じました。



石造りの建物でその屋上です。 ここも今回の仕事に関係します。 ここから見る景色は超一等地でやはり優越感を感じる場所です。



そして今回の室内から見た景色。 中国では初のアンティークステンドとエッチングガラスが納まる計画です。 大陸的なので何でも大きいですが今回の場所も500坪くらい室内があります。

超一等地を中心に見ましたがエッチングガラスは小さな物が数枚、発見しただけでした。
向かいの有名な景色の新天地は現代的なんでアートガラスがあると思います。

完成まで何回か行きますので探検してきます。または担当メンバーに見てきてもらいます。

ゼロからの組み立てですがチャレンジし甲斐があります。

今回のアートガラスの情報は順次、載せていきます。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2012年07月13日 18時33分22秒  /  コメント( 0 )