メインメニュー
2011-08-18 の記事

百の説明よりひとつの...

お盆期間中に仮組みし始めたステンドグラスランプが、今朝来たら崩れてました。 まあ、仮組みだから仕方がありませんが、Hさん、お疲れさんです。 また一から仮組み、頑張ってください。


お盆を過ぎると、日差しと風に秋色がほんの少し、感じます。 人間の五感ってすごいです。 

暑い中、だんだんと仕事が詰まってきており、かなりヘヴィーな感じ。 ひとつひとつ、無事に乗り越えていけるように、先に先に段取りをとっていきたいのですが、相手がいることなので、なかなか良いペースになりません。 ですので、さらにヘヴィーになっていきます。

2〜3日前に来社いただいき、注文されたご夫婦にも「お盆中もよく働きますね」 と言われましたが、本来、働き者ではありません。 よく間違われます。

若い頃に、働く事が好きではないが、一生働かなくてはならないので逆転の発想で、「だったら好きなことであれば、続くんじゃないかな?」 と思ったことをしてきたわけです。

あとひとつ、「社会に馬鹿にされたくはない」 って思ったこと。 学校嫌い、規則嫌いのおいらは、それだけで以前の社会ではスポイルでしたので、もう技を持つしかなかったわけです。

以前の日本社会では学歴=立派な人生、なんていう感じでした。 でも、高学歴だからイコール高人物なわけではありません。 若い頃に、無学でも社会に必要な方々にいっぱい出会えたことは幸せでした。

営業も事務も社会すべて技ですが、自分は、ものつくりの分野の技を目指したわけです。 ただ生きる技はいまだヘタ。

スタートはそういうこと。 以後、いろいろな人に出会い、助けられて自分の中の境涯を成長させてもらいました。 まだ道半ばですが。

若い人にはいっぱいの人に会うことを勧めてます。 口下手でもいいんです。 若いってだけで大概の事は許されますから。

一度の出会い、一度の言葉が人生を変えてくれることがあります。 

そんなこんなで、来週納品の和柄のエッチングガラスのサンプルです。 百の説明より、ひとつのサンプル。



設計デザイナー、SKさん、どうでしょう? 

2011−08−18 19:36

Posted at 2011年08月18日 19時36分37秒  /  コメント( 0 )