メインメニュー
2011-07-04 の記事

S字曲げガラスオブジェ


体調が元に戻ってきました。 やっぱ、普通っていいわ。

またまたよくわからない写真です。 以前、S字曲げガラスの話と写真を載せました、完成アートガラスです。

1面のみの写真ですがこれ柱状で、四方に横に太い柱が伸びてます。

1枚1枚、S字曲げガラスを合わせて、彫刻してます。 これが約300枚、高さは5メートルほどです。 デパートの広場の真ん中に設置されました。

下の部分のみでガラスが支えられてついていますが、ガラスを被せてますので、取り付け部分はまったく見えず、どうやって取り付いているのか、一見わかりません。

1枚1枚にエッチングガラスの技法で彫刻しています。 下から光が入り、色が変化します。

これはものすごく各自、苦労しました。 でも一度経験すれば、その経験は宝になります。

若い頃に言われたました。 「ただ流されてした経験なんて、無駄なだけ。 その物事に正面から向き合わなければ意味が無いよ」 と。

例えれば、物を食べる時によく噛んで食べれば栄養になるが、噛まずに食べれば腹壊すのと同じ。

流されるのは楽なんだけど、いつまでも流されてはいられないもんね。

いやーこのアートガラスは、よく出来ました。 まず、合わないと言われたガラス同士の誤差が1ミリあるかないか。 計算で出した寸法もぴったりでした。

先に取り付くベースがあれば寸法も出すのが楽ですが、すべて同時進行なので、図面と現場の状況から寸法出しをします。 何も無い空間で、この途中の柱の当たる部分の寸法はこりゃ、むずかしい。

それぞれのプロのクラフトマン、お疲れ様、ありがとうございました。

今、打ち合わせている曲げガラス階段、これもまだ各自思案中。

同じチームでまたよろしくお願いします。

2011−07−04 18:36

Posted at 2011年07月04日 18時36分24秒  /  コメント( 0 )