メインメニュー
2011-07-01 の記事

重要な事は存在感

今日からもう7月、暑いです。

ガラスの話を書くのも時間が空いてしまいました。 先週に感染症になり、炎症おこして微熱が続いてます。 まだしばらく治りそうにありません。 ですので仕事を終えると、心折れてすぐ帰宅してます。 仕事は長イスに横になって5分の1のスピードでやってます。

ロサンゼルスのガラスクラフトマンの話の後に、ジョイが来日しているご主人を連れてきてくれました。 ミスタートム、うーん、アメリカ人だ。 小学校の先生でまたグローバルフレンドが出来て嬉しいです。 サンフランシスコでの再開を約束しました。


小窓のステンドグラスです。 大きさは200ミリ、20センチ各くらいです。 注文された方が写真を送ってくれました。 嬉しいです。

「小さいですが丁寧な仕事、感謝します。」 とあり、T君、よかったね。


自然の素材で出来た素敵な家で、ステンドグラスが設置されるとさらに全体の空気感が引き締まり、清楚に感じます。

大きさではなく、存在感が重要ということでしょう。

オイラはいま体調悪いので、まわりから魂抜けてる、と言われていますので存在感はありません。

きっとあっちの風景、オイラの体から透き通って見えます。

2011−07−01 17:14

Posted at 2011年07月01日 17時14分34秒  /  コメント( 0 )