メインメニュー
2017-07 の記事

アイスカービング

アイスカービング

本日は外でのアートガラス設置でしたので、暑い一日でした。

夏なので、メディアでは涼を呼ぶ内容の番組が目立ちますが、ここ数日、知り合いの氷彫刻家が数名、いろいろな番組で活躍していましたのでご紹介を。

映画になった「ジョジョの奇妙な冒険」のスタンド、クレイジーダイヤモンドを製作発表会でお披露目した、とKS君から連絡がありました。

多方面、世界中でがんばって活躍していて、こちらもうれしくなってきます。
また、オイラもがんばらねば、と思います。

素晴らしい!

ジョジョは長いっスよね。
30年前くらいかな?初めのころは毎週読んでました。

このスタンド、背後霊のようなもの、作者はオイラと同じように60〜80年代の洋楽から名前をつけているので、親近感があります。

見なくなって久しいので、今まで様々なスタンドが出てきたと思いますが、その中でも好きなスタンドは、犬のイギー、フールです。

犬のイギーのほぼ原寸大のフィギア、机の上に数年乗っかっているくらい、好きです。



他の番組には群馬県在住の氷彫刻家、NKさんのドキュメンタリーが2週に渡ってありました。
今年でもう最後の氷彫刻、80歳・・・

諸先輩方、元気っす。

先輩、同期、後輩、後輩の後輩などテレビなどのメディアでよく見ますが、皆さん、がんばっておられて、こちらもエネルギーをもらってますよ。

活躍特集されている氷彫刻の方、ほぼ全員が過去に交流があり、うれしくなります。
これも、亡くなってしまいましたが、氷彫刻の師に鍛えられたおかげです。

その当時は明日はやめよう、明後日こそやめよう、のヘヴィーな毎日。
でも自分なりに結果が出せて、今日のアートガラスにつながっていますので、心より感謝。

最後に涼を呼ぶ夏の氷彫刻、彫っているほうは全身汗、びっちょりでめちゃ暑いです。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2017年07月31日 19時11分34秒  /  コメント( 0 )

桜のエッチングガラス...

桜のエッチングガラス(フューネルラルアートガラス)

フューネラル、葬儀関係のエッチングガラス、ステンドグラスが、4物件続きます。

今回は大きなお寺の納骨堂の扇状のアートガラス。
このお寺はこれで3箇所目です。ありがとうございます。

石とガラスは愛称がとても良い素材。金属、特にステンレスもガラスとは相性が良いです。
愛称とは、見た印象のこと。

店内装飾とは違い、外部のアートガラスの場合のデザインは、大胆な中に繊細さを入れたほうがよろしいかと。

店内では近くからゆっくりと観察できますが、外部の場合は離れた場所からの観察となります。
ですので全体的なイメージは大胆でシンプルのほうが彫刻が活きます。
その中で繊細部分を作ると、全体感が落ち着いてきます。

もうひとつは彫刻を深くすること。
太陽や月の光で彫ったエッジが光、引き立つように。

彫刻が浅いと、ガラスが大きいほど薄っぺらな印象となってしまいますので。

この桜も花びらが大胆でシンプルなデザイン、でもおしべはデザイン的ですが細かく。
花びらが160個くらいあるので、細かいおしべをひとつひとつ大変ですが、完成すると全体感に深みが出ますので、大切な作業。


近年、墓石や集合納骨墓などでガラスが多く使われるようになってきました。
とても興味あり、うれしいことです。

我々は建築アートガラスの世界が長いので、建築関係での経験がとても役に立っています。

ガラス材の種類や加工、技法方法、そして外部なので問題がある点や風圧に対してのガラス強度などなど、建築業界で苦労した点がお宝となっています。

それにガラス材などを初めとした、様々な専門メーカーとのお付き合いも財産です。

いつか、日本古来の伝統彫刻の欄間をガラスで表現できるのも、目標の一つ。

そうしたら、富山の井波という町に久しぶりに視察に行きたいものです。
夏の岐阜県から富山県の奥深い山の景色は最高です。(しばらく行けていませんが・・・)

♪〜木曽は〜山の中ですぅ〜誰もぉ来やしません〜♪
☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆


Posted at 2017年07月29日 19時03分57秒  /  コメント( 0 )

特殊加工のアートガラ...

特殊加工のアートガラス(建築用アートガラス)

絵的には地味な画像ですが、アートガラスなどを制作する材料としてガラス屋にはとても重要のひとつ。

最近の仕事で以前制作していた会社や工房は聞いた所すべて、今はもうやっていない加工です。

大きな原因のひとつに、使用するにかわの材料が以前は鹿、そう動物の鹿でしたが、今はその職人さんが引退して後継者がいなくなりました。

今手に入るにかわはウサギから作るもの。

ウサギは鹿に比べて繊細さにかけるので、出来上がる柄が大きくなってしまいます。
ここで多くの人は断念。

でもあ〜だこ〜だ、と考えれば鹿に近い質感まで持っていくことが可能になります。

使い方が決まれば、とても評判の良い質感です。


こちらは今打ち合わせ中のアートガラス材のひとつ。

希望は違うアートガラス材でしたが、一枚の寸法が小さいために使用困難でしたので、こちらをご提案。
このガラス材でしたら、W1600xH2400近くまで一枚で取れます。
その他のアートガラス材の多くは、W600xH1200くらいまで。

これは一枚での仕様を当初から考えていないガラス材なので、仕方がありません。


このガラスは洋画、特に中世を描いた映画のなかでよく見ます。
最近では、パイレーツオブカリビアンやハリーポッターでも見ます。

もっとも映画を見ていてガラスを見ているのなんて、ガラス屋しかいないでしょうがね。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2017年07月26日 18時44分32秒  /  コメント( 0 )

蓮、蛙、、蜻蛉のエッ...

蓮、蛙、、蜻蛉のエッチングガラス(納骨堂エッチングガラス)


納骨堂の装飾で蓮の花のエッチングガラス、U氏、進行中。

蓮のリクエストは多いのですが、かなり花の形や実の形が難しく、葉も特殊な形です。
でも日本人でしたら、子供のころからなじみがあるので、かっこよく気を使わなければなりません。

彫刻後の陰影作業中。

陰影をかけるかどうかで評価がまったく違ってきます。ですので彫刻する時間ほどの陰影作業もあります。
トンボを立体加工中。羽が2枚、見えます。トンボの羽はイメージで透明です。

茶色い羽のトンボもいますが、子供のころから透明の羽のほうが、ランクが高いトンボでした。
おにやんまなどを捕まえると、1〜2日はヒーロー。

セミもアブラゼミよりも透明な羽のセミが人気でした。


そんなこんなで今回は、カエル君とトンボ君を一部に入れました。

蓮の花だけではなく、お参りに来た女性やお子さんが見つけると、喜んでくれます。
また生き物を入れると、生命感も出ます。

カエルやトンボ、魚や鳥などの小動物の注意点は、ちょっとリアルにすること。
小動物なのでちょっとリアルにしなければ、漫画チックになってしまいます。

幼稚園などの場合は、漫画チックなキャラクター的にデザインしますが、冠婚葬祭関係はリアル感があったほうがよろしいかと。



カエル君、愛嬌のあるつぶらな瞳です。

瞳の大きさは4ミリから5ミリくらい、つぶらなキラキラ、ウルウル感をこの小さい中に彫刻するのは、ちょっとコツがいります。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2017年07月22日 18時41分47秒  /  コメント( 0 )

楕円のステンドグラス...

楕円のステンドグラス(ヒューネラスステンドグラス)

楕円形のステンドグラス、完成です。
デザイナーのイメージは木漏れ日。

ですのでブルーや黄色は少し色を押さえたものを使いました。

光が入っていないとガラスの質感がよくわかります。



光を入れると、色味が違ってきます。
でも写真ですと本当の色は表現が出来ません。

実際の色は全体が深い色です。
今回の青系のガラス色は、考えたら幼稚園の頃から好きな色。

おばにたくさん色が入ったクレヨンを買ってもらい、この青、ブルーグリーンのクレヨンばかり使っていました。
もう花も車も、なに塗るにも、ブルーグリーン。

緑系は抹茶色、この色も好きなガラスです。
黄色系はアンバー系、いい色です。



外部に取り付くために、前後両面に強化ガラスを当ててさらに防水加工をします。
強化ガラスは衝撃に強いことが知られていますが、熱にも強いです。

ですのでキッチンのコンロの前などのアートガラスでは、よく使います。
耐熱ガラスと言う板ガラスもありますが、通常は黄色味が強く、クリアな耐熱ガラスは超お高く、メーカー納期時間もすごくかかります。

通常のキッチン前でしたら、強化ガラスで対応は十分。
そんなに熱かったら、ガラスの前に家、燃えますから。

昨今の殺人的な夏の暑さでは、車のボンネットが80度くらいになるとのこと。
湿度も高いので、不快指数は上がっていく日本の夏。

聞いたところ、熱帯地方のジャングルよりも過酷だそうです。

もう、今までの働き方や生活の仕方は見直す状況になっちゃっているかもしれません。
とくに外仕事の重労働の方々、お互いに工夫していく時期のようです。

高校野球の球児たち、さすがに若いってすごいと思う。
我々ではもう死にます、確実に。

夏の時期はオイラは中、高校と水泳部でしたので、暑さの記憶はありません。
しかし、部長が練習熱心だったんで、毎日毎日いやと言うほど泳いでいると、新しく入れ替えた水だと泳ぎながら、汗が出てくるのがわかります。

水泳部の辛いところは、夏が終わった秋から冬、春まで嫌いなランニングメインです。
もっとも3年になったら海岸までちんたら走って、相撲とって、帰りは電車で一駅帰ってくるようになりましたが・・・

膝くらいの水位でもおぼれる、と言いますが、あれは水を飲んで器官が閉じちゃうからです。
オイラも一度経験があり、息が出来ないので無理やりに指を突っ込んで器官を広げました。

ですので競泳では呼吸は吸い込みません。パクッと空気を食べるイメージ。
そうすれば器官までストレートに空気は入ってこないので、水を飲んでも器官は閉じません。

一生分以上、泳いだのでもう泳ぎたくありません。
というか、もうあんなには泳げましぇん。

リゾートプールのパラソルの下で、椅子に寝転がって花火がパチパチしている、冷たい飲み物を飲んでいたいです、外国映画のように。

でも、それもまた出来ません。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2017年07月19日 17時14分34秒  /  コメント( 0 )

モダン柄エッチングガ...

モダン柄エッチングガラス設置完了(建築用ホテルエッチングガラス)

先月から今月初めまでに制作納品したホテルのエッチングガラス、無事設置完了のご報告と写真を送っていただきました。

この写真のエッチングガラスは15ミリ厚で一枚が100キロほどあります。
L字形に下を飲み込ませて、立て部分をコーキングで止めて立たせる技法です。

このような仕様は枠などがない分、シャープなイメージで店舗などでも多用されます。
ただし、きれいに収めるには柄の配置など、設置する職人さんとの打ち合わせが必要になってきます。
下の飲み込む部分と縦のガラス同士が合わせる部分、ここがかなり重要なポイント。

工房内で制作しているのとは違い、設置されるとモダン柄もきれいに見えます。
絵画やイラストが額縁に入るとより良くなる印象と同じです。


静岡のG−Kさん、大変そうな現場みたいでしたが、お疲れ様でした。
G−Kさんとのお付き合いも、早いもので15〜18年ほどになるでしょうか?

またお役に立てることがありましたら、お声をかけてください。
ありがとうございました。

写真で見ますと、まだ大工さんの材料がありそうですがお疲れ様です。

ホテル関係は部屋数が多いので、ガラス、ミラー関係も部屋数分、限られた時間で設置していくため大変です。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2017年07月13日 18時20分26秒  /  コメント( 0 )

鯨の尾、ハワイエッチ...

鯨の尾、ハワイエッチングガラス(建築用住宅エッチングガラス)

お若いカップルが新築した玄関に、ハワイの大好きなイメージをレイアウトしたい、とのリクエストでラフスケッチをもらい、エッチングガラス用にデザインして完成。

エッチングガラスやステンドグラスはこのようにご希望をラフスケッチや箇条書きで頂いて、進めていく方法も多くあります。

鯨の尾が波間に消えていく様子がお好きとのこと。
オイラも何度か見ましたが、あの悠々とした雄大さを見ますと、よ〜くわかりますよ。

ハワイの鯨はザトウくじら。
日本近海でも最近はホエールウォッチングが盛んになってきたので、うれしいです。

ハワイ島もそうですが、九州のどこかの港でも漁業よりも鯨やイルカを見るツアーのほうが利益があり、しかも喜んでもらえるので魚とらなくなっちゃった、ってニュースで言っとりました。

カメさんのペトログリフ、大人気。
漂流して住み着いた人が、ハワイ島の溶岩に刻んだというペトログリフをいつの日か、見たいものです。

島と言っても、ハワイ島は四国くらいでかいので隣の町まで50キロとかあり、(湘南〜東京間くらい)一面溶岩なんで、見る目的で行かないと見れない。

ご自分達の希望がガラスに刻まれて、世界でひとつのMYエッチングガラスになり、大変喜んでいただけました。


でも残念なのが、まだまだ日本では船が漁船なんで、ちょっとチープ感。

ハワイなどではもうそれはかっこいいクルーザーに乗って、ご飯もバイキングで自由で、素敵感、満載。
海外リゾートは大人が楽しむために、随所でセンス抜群です。

ヨットやクルーザーの趣味は、お金が出るばかりなんで趣味の王道のひとつだそうです。
海洋国なのに、税金や維持費が高すぎ。

鯨といえば、高知県で40〜50年前くらいは弱った鯨であれば捕っていい、と言うことで、

「だったら、弱らせたらいいんじゃね?」

と屈強な猟師たちが元気な鯨を弱らせるために、海へ出て行ったとのこと。
でもでかいので、大勢の屈強な猟師でも弱らせるのに10時間くらいかかった。

そう、オイラの子供時代は、鯨は食べ物でした。

・・・お馬さんのお肉も好きです。(馬肉の熊本人、職人AHさんの豪快な馬肉話、機会がありましたら書きます。)

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2017年07月12日 18時55分47秒  /  コメント( 0 )

ミュシャのエッチング...

ミュシャのエッチングミラー(アートミラー)

先日 中学校3年の同窓会があり、皆からのリクエストで担任の先生へプレゼントしたアートミラーです。

本日、お礼の手紙を頂き、大変に喜んでいただけ、良かったであります。


英語の女性教師で新卒で先生になったばかり、その時 我々は中学校1年生、3年生のときに初めての担任を受け持ち、初めての卒業生でした。

ですので年齢も10歳しか違わず、ご本人もとてもお若いのでどんどんと年齢が近づいてくるように、先生と言っても年齢が増すごとに近くなる感覚で、親近感が増してきます。

若い先生でしたので、フォーク音楽などクラスでサブカルチャーを盛んに催してくれた先生でした。
その分、ベテランの怖い女性の先生に、職員室で小言を言われていたそうです。

まっ、怖い女性のTK先生、オイラも何度か職員室に呼ばれましたよ。
晩年、テレビを見ていたらその怖い先生がどこかの中学校の校長で、出ていました。

相変わらず、超厳しそうだった。こぇ〜よぉ〜。

おかげさまで勉強よりもサブカルチャー好きなオイラには、その後の活動にとても良い影響を頂いた方です。

いまだ英語力はピコ太郎レベルですが・・・先生、すみませんです。
アートミラーの下の感謝の英語文、間違っていたらそれはヤフー辞書のせいです。
今も現役で英語の仕事をなさっているので、英語文ちょっと心配。

仲の良いガラス作家のジョイはサンフランシスコへ帰っちゃたから、アドバイスもらえんかったしね。

毎回、幹事をかってくれる同級生らがいることで集まれますので、そちらにも感謝。
ありがとう。

中学3年生と言えば、最近将棋で29連勝した彼と同じ年。
いやー、彼はしっかりしとりますな。

我々は帰宅の途中、セミの抜け殻見つけたら服にバッチのようにつけていたやつもいましたもの。

いや〜、しかし見事なほど、勉強しなかったねぇ〜。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2017年07月10日 19時17分25秒  /  コメント( 0 )

アルチザンという生き方

アルチザンという生き方

ここ数週間、国内ではほぼ途絶えてしまった2つの技法でがんばってきましたので、ふと思い出した職人さんのお話です。

写真の彼はI君、日本人です。単身で靴の職人の修行に来ています。素晴らしいっす!
昨年イタリアのフィレンツェに職人さんを尋ねていったときに会いました。でも彼は靴の職人修行中。

ですのでフランス語のアルチザンでなく、アルティジャーノ・・・なんかカッコいいな。

イタリアは革製品の国なので、靴やバック、財布など特に女性には超人気のようです。
しかもブランド物ではなく、カジュアルな普段使いの革製品の色の素敵なこと。興味がうすいオイラでも美しいと思いますもの。
しかもやすいこと。日本の同用品の2分の1〜3分の1くらいでイタリアの皆さん、普段使いしています。

彼は20後半、いろいろ話していて、

「日本のどこから来てるの?」

「神奈川県からです。」 「おっ!同じ!神奈川のどこ?」

「横浜、湘南方面です。」 「おっ!同じ!どこ?」

「金沢区です。」 「おっ!20年前くらいまで住んでたよ。」

「朝比奈の三信住宅と言うところです。」 「おおっ!オイラも三信住宅!」

「小学校は朝比奈小学校です。」 「おおおっ!学年が違うけれども息子と同じだ!」

と遠い、フィレンツェの町で同じ町内で息子の後輩でした。
悪いことは出来ません、と言うこと。
世界はひとつ!地球は狭い!


そんなこんなで、時差ボケで疲れていながらもうれしそうなおっちゃん・・・・
って、おれだおれだおれだ!

I君、物を作って40年もすると、ひねくれてこんなになっちゃうからね。
ボキも20代は剥いた卵のようだったんだよ。

・・・若い頃のピュアな私が懐かしい・・・

がんばってね!一人前になったらたずねて来てちょうだいね。
ず〜と待ってるから、ゆっくり一人前になって下さい。
そしてそのあとは長い道程だけれども、一流になって下さい。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2017年07月07日 18時24分45秒  /  コメント( 0 )

ドルフィンエッチング...

ドルフィンエッチングガラス完成(建築用エッチングガラス)

ドルフィン サンドブラストガラス完成です。

原画では星空と細かい波しぶきですが、それぞれをスワロフスキーのクリアカットガラスで装飾。ガラスベースは上部分がハーフケシ。
TU君が現場へ搬入してくれましたが、とても喜んでいただけたようです。

イルカや鯨は哺乳類なので、肌がツルツルなために陰影で立体感をつけないと残念なことになります。
多くの人に好まれているため、よく見ているのでそのようなモチーフは難しいわけです。

無意識にインプットされるものは、評価のレベルが自然に高くなります。
人間関係が一番難しい、生まれた瞬間から毎日、見ているわけですから。

龍、鳳凰などは見たことある人いないので、このような場合はカッコ良くする、がテーマになります。

サンコンが言ってました。
「自分の村ではライオン見た人、いません。見たら食べられちゃうからです。」
アフリカンジョーク!

イルカに限らず、最後に目を仕上げますが、それぞれの目は気を抜けません。
どちらにしても、平面レリーフで彫る作業は消しゴムか効きませんので、いつまでも難しい。

もっとも、だんだんと難しいレベルにアップはしていきます。
現在おいらが担当しているアートガラスは、2つの技法が途絶えちゃってますんで、もう大変。


ず〜と思っていることのひとつで、原寸大のくじらや恐竜、T-REXをリアルに彫ってみたいであります。1mx2mのガラスには、以前彫ったことがありました。

絵で描くよりも数段へヴィーでしょうが、特にT-REXはめちゃくちゃかっこいいと思います。

せめて頭部だけでもいいです。そのための資料はそろえてありますよ。

おぉっと、最近の研究でどんどん恐竜のイメージが変化しちゃってますが、やはり映画のロストワールドの恐竜たちのイメージが一番好きです。
簡単に言うと、ゴジラみたいなごつごつしている感じ。

(ゴジラ世代の我々には、シン・ゴジラ見て、「ただ歩いてるだけじゃん」と不評。鎌倉上陸したのだったら、鎌倉大仏ががんばって戦い、小さいので奈良の大仏が応援に来て、まだまだ奈良の親分でも小さいので、そこで牛久の大仏親分、登場。これまた応援の千手観音が目にも留まらぬ速さでパンチを繰り出していると思ったら、止まっても手が1000本。こんな映画が見たい。)
なんか妖怪大戦争の映画みたいになりそうだけれどもね。

最近のT−REXなんて、羽毛が生えちゃってますから。

恐竜でまだ不明なのが、体色ですが、これもいつの日か解明されるのでしょうね。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆


Posted at 2017年07月04日 19時05分43秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ