メインメニュー
2016-12 の記事

天使のステンドグラス...

天使のステンドグラス(建築用ステンドグラス)

エレベーターの天井に設置される天使のステンドグラス、900ミリと1000ミリです。
エレベーターの組み立ての都合と検査の都合で、最初に900ミリのほうから設置して、後日1000ミリを設置します。


なかなか見れないエレベーターの天井の中です。

いろいろな機械が乗っかっているので、映画のように閉じ込められたら天井から脱出、なんてことは出来ません。あれは演出。

昔の西部劇で格闘シーンにビール瓶で頭殴って、ビール瓶派手に割れる演出と同じです。

あと窓ガラスにガラスカッターで丸くカットして、ポンッって取れるやつ。
あんなことできたら、ガラス界の神です。ガラス屋が言ってるんだから確かです。


光が入って天使の肌色が自然に見えるようにするので、制作時は天使、けっこう日焼けした感じです。
照明テストで左半分が光が入った状態の見え方。
あと1000ミりの天使ステンド、年内に設置です。


今年も、いつも以上に時間に追われているように暮れていきます。
当工房は27日までですが、今夜からオイラは出張なので今年は記事のご紹介は本日が最後です。

今年もお付き合い下さり、ありがとうございました。
質問などで、少しはガラス関係や希望者のお役に立っているようで、なによりです。
「微力だが、無力ではない」これも好きな先輩の言葉。

今年も冷や汗をかきながら、様々なガラス制作に携われました。
人間ですので何十年やってても、失敗することがあります。

「失敗は成功の母」とエジソンが言い、大人にもそうやって教わってきましたが、できれば失敗はしたくないもの。

それにオイラ自体、一度の失敗を2度と繰り返さないほど利口ではありませんもんね。
やはりこちらのお言葉のほうがオイラにはしっくり来ます。

今年最後は大好きな越山先生のお言葉で、

来年もよろしくお願い申し上げます。
☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2016年12月24日 18時13分16秒  /  コメント( 0 )

ガラスの光柱(建築用...

ガラスの光柱(建築用ガラス柱)

空間で構造的にどうしても柱が必要なことがあります。

大きな建物ほど太い柱ですので、気になる方は柱にすべてミラーを貼り、視覚的に気にならない仕様にする場合が、とくに店舗などであります。

今回は大型住宅の吹き抜け部分での柱を、見上げたときに光っている柱にしよう、とのインテリアコーディネーター、KMさんからのリクエストでした。


様々な色の輸入ガラス材を数種類送り、好みの色や模様のガラスを選んでもらってから国内在庫確認後にGO!

海外はガラス文化が進んでいるので、良い色のガラスがたくさんありますが、国内入荷数に限度があり、在庫が無い場合は半年待ちなど少々厄介です。

日本は木と紙と土の文化、西洋は鉄と石とガラスの文化がそれぞれ発達してきました。
古来の建物は日本は木、西洋は石、ですので窓が横長と縦長となります。

ただ今まで数十年、自分なりにアートガラスの勉強してきて、彫刻ガラス、エッチングガラスと呼ばれているカテゴリーで深くリアルに彫刻するガラス技法は、海外では見ません。

30数年前に「ZANPA」というアメリカの工房が素敵な仕事をしているのを見て影響されましたが、今はありません。
それに「ZANPA」もそれほど深くは彫っていませんでした。

ですのでこの分野を極めたいと思って、30数年。まだまだ道は長いでありますが、彫刻ガラスの未知な世界は我々の大好物。


この光柱の中にはLEDが入っており、光らせるのでガラスのままでは光源が点々と気になります。
ですのでガラスの裏にはアクリルの乳半という白い光を通すものを当てています。

このアクリル乳半も濃さが数種類あります。
現在進行中のイタリアステンドグラス、数百枚にもすべて使っていますが、この光柱よりも光源が遠いことと、よりステンドの一色一色が鮮やかに出るような少し白のトーンが薄いものを使用しました。

あまり流通していない分、お高いのですが実験すると多くの色を使っているステンドグラスでは明らかに違いがわかります。


LEDを最大MAXにした状態。これだけ元色と違う色になります。

調光のスイッチで好みの色味を合わせれば、より演出効果はあります。
このような場合は一色でなく、色が混ざり合っているガラスがきれいです。

ガラスを裏から光で煽る場合に注意することは、光漏れ。
これは一箇所ずつ、光漏れをうめていく以外、ありません。
何気にガラスがついていますが水面下では足、バタバタさせているわけです。

現在進行中アンティークステンド、数十枚設置した分も最終的には光漏れを確認してうめる作業が来年、あります。
あれだけの枚数と細かさですと数十箇所は細かくうめていかなければなりません。

取り付けたときに出来ればいいのですが、今回は他の業者さんも同時進行でしたので埃や触られることを考えると、大変でもあらかた工事が終わったころのほうがいい場合もあります。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2016年12月21日 19時29分51秒  /  コメント( 0 )

アンティークステンド...

アンティークステンド設置 (建築用ステンドグラス)

イタリアステンドの現場、20m上から徐々に下に来ました。
左右の壁に修復した100年前のアンティークステンドグラスを約60枚、設置です。

やはり床に足がつく高さはやりやすいです。と言っても一番高い部分、ステンドの頭で4mですがそのくらいは20mに比べれば、大丈夫。


壁に照明が埋め込まれています。
ステンドグラスが嵌まっていきます。


このステンドグラスはアンティークでもかなり古いようです。
古いほど、絵柄が細かく分かれていて、色で演出する仕様で、これ以降ですと絵も画家が描いて、組み込みはステンドガラス職人、と分業になっています。

画家が描いた絵のガラスも一枚一枚がもっと大きくなり、ガラスというよりも光の絵画的になります。
焼付け技術や材料、そして焼き付けた高温のガラスを徐々に覚ましてゆく釜も大きくする技術が確立など、さまざまな要素で時代によって、アンティークステンドの仕様は違ってきます。


それぞれの時代でそれぞれの美しさがあります。

先日、京都の金属の象嵌仕事をテレビで見ましたが、現代ではもう過去のような手の込んだ仕事は無理、と言っていました。

ステンドグラスも同じ。

日本も西洋もアンティークの時代は「パトロン」というお金の心配をしなくとも、とにかく手の込んだすごいものを作れる環境でしたので、現代では無理なのです。

技術的なことではなくて、手の込んだ仕事をしても売れなければ食べていけない、と言うこと。
作れない環境だから、技術的にも後退してしまう・・・という負のスパイラル。

これだけだったらまだしも、利益を上げるために安い国で作らせる、ということをしてきてしまったので、気がつけば国内では作る人が絶滅寸前な仕事、多々あります。

日本の大きな文化の「うるし」なんぞ、今や国内産は数%、90何%は中国産。

国内産のうるしはやはり素晴らしい質、それが少ないので価格はお高くなってしまう。
高ければ売りにくいので、うるしを採る職人も後継者がいなく、また高齢になって仕事が出来なくなり、減ってゆく・・・

中国産のうるしを使って、多くの日本伝統工芸は作られています・・・

紙漉きの和紙や織物、鉄加工品、木工など、多くの日本伝統のお宝が枯れていってしまう危機感が現実味を帯びてきました。これ以上、絶やさないでほしいです。

それにこれから日本が延びてゆく要素の産業、観光業にとって全国の文化財は絶対必需品。
風景や建物を見るだけの見物旅行から、各人学ぶための見学旅行へ、さらには文化を感じる体験旅行までに持っていかなければ、リピートはありません。


今回のステンドグラス、約60枚の修復と調整、各担当の仕事がめいっぱいでしたので、ほぼTU君一人で1ヶ月間、他の仕事と平行して頑張ってくれました。お疲れ様サマンサ。
新たな別物件のステンドグラス、4物件控えているんで、もうそっちの仕事に突入中。

年末はいつも時間に追われているように、せわしなく過ぎていきます。

あと、ごふんばり・・・と思っていたら、本日、急ぎでプラス一物件。
なのであと、ろくふんばりです。
☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2016年12月19日 20時02分02秒  /  コメント( 0 )

ベベルドクリアステン...

ベベルドクリアステンドグラス(建築用住宅ステンドグラス)

ベベルド=面取りしたガラスを組み込んだ、クリア系のステンドグラス、設置完了です。

まだ取り付け現場は工事真っ最中でいろいろな道具が置いてあり、写真にも何気に写っています。

建築アートガラス界ではこのような状態がノーマル、となります。
大きな住宅や店舗などはどうしても最後に担当する仕事はタイムリミットが目の前、という状態。・・・慣れます。


工房内で製作中の写真よりも、現場に取り付くとステンドの素敵さは増します。
額縁に入れたポスターや絵画のように、ドア枠によって締まって見えます。

今回は色は使用せずにクリア系のガラスで組むリクエストでした。
波が流れるようなガラス材、しばらく手に入りません。

これ以外のガラス材も海外の大手のステンドグラスメーカーが廃業、と今年の夏にステンド業界を震撼させられました。

しばらく引き継ぐ会社が現れず、覚悟したなか、違う会社が別の国で引き継ぐ、となりましたが、それでも1年以上は入荷困難になります。

建築ステンドグラスではかなり厳しいことになりそうでしたので、在庫としてよく使うガラス種類だけは数百枚、買っておきました。
もうステンドガラス材、置き場所 あふれています。

ですのでしばらく入荷しなくても、廃業でなければ今のガラス在庫で安心です。


海外の大手ガラスメーカーの廃業理由は、リーマンショック以降の売り上げ減少。
先日書きました、文化や継承者の減少にもつながる話です。
ここ20年で、ものつくりの街、大阪では4万社、なくなったそうです・・・

いつも感じるのでけれども、株価や為替、リーマンショックなど他の国の しかもマネーゲームのような仕事の後始末で、コツコツと仕事を努力している多くの人たちが苦しむことに納得がどうしても出来ません。

「人生、勝ち負けや成功、失敗で語られますが、そんなことよりも大切なことはその人自身が納得できたかどうか。
 やってきたことに納得できた失敗であれば、また希望を見つけることが出来る」

以前、話してもらった言葉、思い出した年の暮れ、あと納品7物件、ななふんばり。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2016年12月15日 20時01分13秒  /  コメント( 0 )

桜とバラデザイン(建...

桜とバラデザイン(建築用アートガラス)

以前、ご紹介しました桜のベースです。
今回はケシ~透明のグラデーションで空気の流れをイメージしています。

このようなイメージの模様は古来の着物や日本画が素晴らしいヒントをくれます。


桜のリクエストも多いですが、バラもアートガラスではとても多いモチーフ。
ブドウも多かったですが、以前ほどではなくなりました。

こちらは比較的に小さなステンドグラスのバラ、いろいろ。
たまたまどれも楕円ですが、ドアや墓石などワンポイントで、女性からのリクエストが多いです。


日本、古来の美術からの影響が大きい、と書きましたが、昨今、美術含めて日本文化の危機が言われています。

単純に仕事が少なくなると、携わる人も後継者もいなくなってしまうわけで、そうなったら復活することはものすごく困難になってきます。

日本が不景気に突入して長いですが、これからの産業で復活できるのは得意の製造業や技術では限界があり、また人口も減っているので労働者も減っていく、GDPとやらも増えない、と元気がなくなる話。

島国なので移民を受け入れる土壌もまだまだですが、であれば短期移民イコール観光客で潤うしか、成長産業は残されていない、と。

ですのでここ数年、外国観光客の話がいっぱいメディアで取り上げられています。
爆買いやオリンピックだけではなく、日本全体に残っている文化財の活用のあり方に今後はかかってくるそうです。

このことを真剣に考えて活動している、京都在住のイギリス人の方のわかりやすいお話を今、勉強中です。
「灯台もと暗し」 海外の方のほうが日本文化の理解が深い部分、あります。
もっとも、オイラも若い頃からアメリカ文化を追いかけてきてしまったんですから。

西洋は新しい文化が起こると古い文化はすべてなくしてしまったけれども、日本は古い文化のうえに新しい文化がプラスされてきた、世界でも稀なお宝的な国ということ。

このお話はまた時間に余裕があったときにでも、興味があったならお付き合い下さい。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆


Posted at 2016年12月14日 12時41分50秒  /  コメント( 0 )

金箔アートガラス完成...

金箔アートガラス完成(建築用店舗アートガラス)

金箔貼り、完成しました。

引き取りに来られて 無事に設置完了と連絡もらってひと安心。
このような工芸的なアートガラスは制作したものが設置も担当することが安心なのですが、今回はアートガラス業界では大手の会社の依頼なので、打ち合わせ、制作、納品、施工 すべてその専門が分担します。

この金箔アートガラスは細かいエッチングの模様が前面に入っており、あえて質感がある金箔の表現でした。

以前、金箔破れても とにかく貼ってゆく、と書きましたが、破れた部分は細かく金箔を重ねて できるだけ隙間なく、敷き詰めていきます。


こちらは1,5mx1,5mくらいのガラス。中央部分に貼っていくと腰が痛くなります。

全面敷き詰めたら真綿で超優しく押さえます。
真綿も静電気が置きにくい素材。フィレンツェの金箔貼りは真綿ではなかったような記憶がありますが、素材 忘れました。


ひっくり返してチェック。

ガラス素材で金箔貼りが厳しいのは、本来金箔は貼った面がメインなので状態がわかりますが、ガラスは裏面で金箔を貼るので、表面がどのようになっているかは最後でしかわかりません。

ホコリなどが入っていたりすると、また裏返して修正です。

ガラスの表と裏では金箔の輝く色は変化します。
金箔は変色しない素材なので、風雨が当たらなければ太陽光でも劣化しません。

その点、銀は変色するので、劣化しない銀はプラチナ箔を使わないとなりません。
プラチナ箔は金箔よりもずっとお高い。

箔が弱いのは擦られること。ですので裏面にはコーティングをしますが、それほど強いわけではありません。
この様ないろいろな制限があるので 取り付けも担当したいわけです。

だから誰でもわかるようにガラスに注意事項を大きく貼っておきます。


アートガラスの技法でベストスリーで金箔貼りは難しい、と書きましたがその他はガラスを平面で接着するもの、この平面接着の大掛かりなアートガラスは東京駅のステーションホテルのロビーに20枚ほど設置されています。

これも難しかった。

大きなガラスの家具も難しい。
考えるとガラスに接着するものは難しい、ということです。

もっと詳しく言うと、美しく接着することが難しい。

新年明けてすぐ取り掛かる予定のエッチングガラス、担当設計DA先生が金箔作業見て、一部金箔にしよう、となりましたが、もう感を取り戻したのでOKです。

来年は国内では途絶えてしまった金箔サインの復活をしたいとも思います。

海外ではかっこいい金箔サインがあります。そしてこの間読んでいた記事で金箔サインの作家さんが京都に工房開いたとありました。

我々は作家さんでなく、クラフトマン、職人なので建築で容易に使える価格での仕様を目指しますが、どの分野も作家さんの技法に劣るわけにはいきません。

言うなれば、表舞台に立つミュージシャンでなく、様々な曲をレコーディングするスタジオミュージシャンと同じ。

アメリカの「スタッフ」というバンド、もう数名亡くなっちゃたけれども、彼らのスタンスが30年前から好きなので このほうが性に合ってます。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2016年12月12日 20時05分22秒  /  コメント( 0 )

桜のエッチング曲げガ...

桜のエッチング曲げガラス(建築用エッチングガラス)

前回 デザイン的な桜のエッチングガラスをご紹介しましたが、今回は今進めているひとつ、具象的なデザインの桜です。

こちらは下絵、デザイン自体を先方のデザイナーから原寸で指定されました。

ガラスの面積の4分の1ほどに彫刻ですが、しかしガラスがでかい。1800x2100 15ミリ 145キロくらいあり、しかもご丁寧なことに曲がっています。
これが4枚。持ち上げて移動するのに大男、6名必要です。

曲げガラスはそれはそれはバランス悪く、持ちづらい。
ガラスなんでバランス崩したら、割れます。

応援で彫刻することになりましたが、納期が非常にヘヴィーなことと、自分らの仕事の予定をやりくりしての作業なので、こちらも非常にタイト。


4枚あるので2枚ずつしか彫るブースには入りません。
ですのでブースの外側でカットを進めていきます。

このような場合は重く、しかも曲がっいるので作業テーブルには容易に寝ませんのでガラスを立てたまま、ハンドカットしていきます。

寝かせてカットするよりも数倍、しんどいです。
そして自分ら以外のデザインは少々やりにくいであります、上等兵殿。


どうにかこうにか、この4日間で3枚、進みました。どうしてもとめられない仕事もあるので、夜中までかかって・・・

あと一枚、無事に完成して出荷したら、遅れちゃった自分らの仕事に突入です。
こちらも時間、取り戻すのが大変。


今年中に完成、納品、設置、1.2.3・・・10件・・・枚数だと100枚はある・・・

本日はもう数えるのはやめます。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2016年12月08日 19時47分06秒  /  コメント( 0 )

桜のエッチングガラス...

桜のエッチングガラス(フューネラルエッチングガラス)

外部の墓石に設置される桜のエッチングガラス、完成です。
1mx1mくらいが3連装。ガラスは10ミリガラスです。

外部ですのでデザイン的に第一印象を強くしたい、ということで桜もデザイン的にしています。

細かく具象的な桜は、室内だとじっくりと観察できますが、外部では周りが広いのと、比較的に高い場所に設置せれるので、このようなデザインですと印象に残りやすいと思います。



しかし ただ桜を彫っただけではチープに見えてしまうために、各部分を陰影加工します。
この加工を施せば立体感が出て高級感も出ます。
今回はマスキングで写真では見えませんが、ベースも特殊な模様にしています。

写真が撮れたらご紹介したいのですが、撮るまもなく嫁いでしまうかもしれません。
出かけているときに出荷しちゃうタイミングもけっこうありますので。


今回のアピールポイントのひとつは、おしべめしべ。
デザイン的な場合は出来るだけ、きれいな丸で細かく、おしべめしべを表現したくなります。

花が大胆な分、一部を繊細にすることで高級感が出ます。
またこのようにしますと、全体がグッと絞まった印象にもなります。

様々なモチーフ、花や波などいろいろな表現がありますが「和」の場合、参考にしているひとつは掛け軸などのレイアウト。

流れやそして空間の取り方、空け方でなく意図的な取り方、は やはり古来の文化は素晴らしいものが多くあります。

西洋美術はプラスの美術、これでもか と描きこみ、日本美術はマイナスの美術、いかに空間を生かすか。

どちらも素晴らしく、学べるものがたくさんあります。

とくに我々は己のモチーフがあるアーティストではなく、様々な対応がレベル高く出来たいクラフトマンなので、世界中の勉強をしていかなければ、発注される方々の仕事を続けることが難しくなってきますので、常に学ぶ気持ちが重要。

そうすれば無知なことは恥ではなく、また知識が増える良い機会になります。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2016年12月06日 20時08分55秒  /  コメント( 0 )

デザイン的な花のエッ...

デザイン的な花のエッチングガラス(建築用店舗エッチングガラス)

高級な和食を展開している店舗のエッチングガラスです。
W600xH1600くらいが2枚。8ミリ厚ガラスです。

デザインは抽象的な花と葉っぱ。
粗彫りが完了した状態で、これから埼玉県のガラス薬品会社へ特殊な薬品処理をしてもらいます。

それが帰ってきたら、最終の陰影加工で完成の状態。もう現場に設置されました。


このエッチングガラスはすでに店舗内に何箇所か、設置されています。

ただし当社が制作したものではありません。担当者も制作した会社はわかりません。
それと同じデザインと技法で、隣の部屋に設置したいとの仕事です。

そのような場合は現地でのトレースや技法表現を見に行きます。
基本、他の工房が出来たのだから出来ないことはないはず、のスタンスですのであまり不安はありません。

トレースのやり方もノウハウがあります。大きなものを正確に早くトレースする方法。
紙当てて、鉛筆でこすれば・・・ブブゥ〜、不正解。
鉛筆の粉をこすれば・・・ブブゥ〜、不正解。鉛筆関係では細かい部分がわからなくなります。これもご飯の種です。


気をつけることは可能な限り、以前のエッチングガラスと同じようにして、新たに制作した印象を出さないこと。

このような他社さんが以前制作したガラスと同じものを希望されることがあります。

いつも理由はあえて聞きません。

伝えたい理由があるのでしたら、先方から言ってきます。
会社がなくなったとか、技法的に不満とか、お値段が法外とか、いろいろ。

しかし他社や他人が制作したものと同じものを作るのは、クラフトマンとしてはやりにくいもの。どなたも他人の仕事を引き継ぐことは、そうだと思います。

これがステンドグラスなど、他社が制作した修理ですと「自分でリペアすればいいのに」と正直、思います。

中には作るだけで、「修理は出来ない」というか 「修理 が 出来ない」という場面もあります。
基本、制作者は制作責任と施工責任をほぼ永久に持っていかなければいけない、との思いですのでなにか不完全燃焼で取り組む仕事もあります。

「修理が出来ない」ものを蘇らせなくてはならない我々としては、そりゃあ大変。それが他人が作ったものとなるとさらに大変。

理由は制作手順から探らなければ、リペアができないこと。自分らの仕事は制作手順、施工手順がわかるので、リペア方法もおのずと出てきます。

本日も急遽、過去、他社が施工した特殊なガラスの交換の仕事を下見してきました。
担当者が懇意ですとがんばらないわけにはいきません。

困るのは間にいる担当者の人なので、気持ちよくがんばりましょう。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆


Posted at 2016年12月05日 19時48分23秒  /  コメント( 0 )

イタリアステンド設置...

イタリアステンド設置 5 (建築用ステンドグラス)

正面のイタリア、巨大ステンドを設置後、左右の壁に100年前のアンティークステンド、20枚設置です。

大きさは500x1500ミリと扱いやすいのと100年前のステンドを修復しての作業なので、万が一割れちゃってもまた修復すればいいので気持ち的にはこちらのほうが楽。
100年間で数十箇所、割れちゃってますので。

それに取り付け場所は高さ12mくらいなんで、上り下りもまだ楽。

と言っても、今回は70枚近いアンティークステンドの修復をTU君中心に進めているんで、彼もけっこう大変。
応援に入りたいけれども、各自担当の仕事でいっぱい。

修復の仕事だけでしたらまだしも、皆、他の仕事の制作や昼夜関係なく取り付けなどもありますので、めいっぱいな状況が続きます。

70枚のアンティークステンドの内容がわかっているのは、TU君ひとりなのでがんばっておくれ。設計もわからないほどややこしい状況。

他の職人さんが興味もって見にきます。
左のゆるきゃらの「ちっさいおじさん」見たいな人はかなり面白い人でした。チャペルの入り組んだ天井を作る方でしたが、仕事ぶりはやはりプロ。

このように見た目とのギャップで、仕事がすごい人って現場にはけっこういます。だからヘヴィーだけれども面白い。


制作や設置、打ち合わせの合間にこれからの仕事のサンプルを作ります。

今回はアメリカ人のデザイナー関連の仕事。イタリア人のあとはアメリカ人。オイラはどこの国の人でも若い頃から大丈夫。

言葉がわからないのだから、訳わからなくて当たり前、なので。
逆に日本の人のほうが言葉が共通なので失礼がないかなど、気になります。

これまた波のイメージのリクエスト。

仲の良いNS社のAD氏が大方イメージを固めてきてくれました。付き合いも25年ほどなんで当工房の仕事内容を把握しているんで、阿吽の呼吸です。

この波は以前に制作した平面から飛び出ているように見える波。

でもこれハンドカットがめちゃくちゃ大変ですが、できるととても評判呼ぶエッチングガラス。
錯覚でガラス平面から山なりで飛び出てきます。


そしてこちらは特殊ラバーでの波。水墨画的な表現。
アメリカ人はこちらのほうが好みかな?

来年の計画ですがどんなリクエストになるんでしょう?

というか、その前に今年中の仕事をなんとか乗り越えなくてはね。12月は倍のスピードで過ぎていきます。
☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2016年12月02日 19時48分05秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ