メインメニュー
2012-09 の記事

ユリのエッチングガラス

ユリのエッチングガラス



ドアに入るエッチングガラスでシンプルなユリのデザインのリクエストです。

ユリって色々な種類があり女性にはユリ好きな方が多くいらっしゃいます。



ご予算を抑えてシンプルに、とのご要望でしたので基本的なユリのデザインの提案をさせていただきOKが出ました。

写真に映っているガラスの上の形、これを「陣笠」って言います。 武士がかぶっているものに似てるからジンガサ・・・外国ではなんて言うんだろか?

シンプルって言ってもただサンドブラストしただけではユリのような花びらが重なっている花はまず見栄えがしませんので 陰影と模様を出します。

せっかく特注で作るのですから クラフトマンはちょっとしたサービス精神と他の工房との差別化をしたい、という気持ちを注ぎます。


9月に入り、だいぶ日差しがゆるくなってきたようで 工房内も温度が下がり、うれしいです。

いや〜 良かった!って本気で思っちゃう今日この頃。

そういえば土曜日に軽井沢に出張行ったとき、ものすごく気持ちの良い空気感で「これが避暑地!」って実感しました。

避暑地でテニス、乗馬、ゴルフ、サイクリング・・・している人々を横目で見てステンドグラスの修復の仕事をしてきました・・・

ちなみにこの中で出来るのは自転車に乗れることだけ・・・


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2012年09月04日 17時53分46秒  /  コメント( 0 )

ミラーエッチングガラス

ミラーエッチングガラス



先日 打ち合わせに東京へ行った時に 以前設置したミラーのエッチングガラスのお店の近くでしたので数年ぶりに写真を撮りました。

デザインは サモトラケのニケ です。 店名の F が大きくミラー残しになっています。大きさは高さが2m以上あります。
Fの字だけでも1mはあります。

少し離れた暗い場所でしたので写真写りがいまひとつ。

ガラスの仕事に携わったばかりのころは今よりも社会が元気でしたので様々なデザインの要望がありました。

サモトラケのニケ ってなんだ? シャケならわかるけど・・・て皆で思ったころが懐かしいです。あっという間に時はたってしまいました。

実物はパリのルーブル美術館のメイン入口に入るとけっこう広い空間の真正面にあります。

このニケ像しか広い空間にはなく、その演出効果と実物のでかさ(かなりでかいです)に圧倒されて感動します。

このエッチングミラーがあるお店は六本木交差点近くですが おかげさまでこの界隈の仕事を多くさせてもらってます・・・が当工房のメンバーの多くはお酒があまり飲めないので仕事のみでお店には行けません・・・

久しぶりに制作したガラスを見ますとけっこうタイトでヘヴィーだった仕事ですが懐かしさしか感じません。

またおもしろい仕事ができたらいいな、と思います。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2012年09月03日 19時07分17秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2