メインメニュー
2012-06 の記事

ティファニーステンド...

ティファニーステンドグラス組み立て 2



大きなステンドグラスを組み上げる場合はまわりが強度がないと無理ですので左の写真の真鍮素材を使います。

これにハンダを被せてブラックパティーナという液でアンティーク色にします。
(蚊取り線香はステンドとは関係ありません、念のため。)

ステンドグラスは言うなればガラスのジクソーパズルのようなものが形合せが紙ですと楽なんですがガラスですとテクニックは必要です。

右は仮組みして部分的により良い色に変更中なところ。



今回は高さが2150ミリありますので制作は2分割でして 最後に合体させる方法です。

最後の最後まで寸法チェックに神経を使います。 計算で寸法出しても「ありゃ?」ってこと、あります。

実物を組み立てて寸法確認すれば安心です。 ですので色の調整や寸法確認で組みあがったステンドを何度も寝かして起こして、を繰り返します。

相手がガラスなのでこの作業にもコツがあり、むやみに寝かしたり起こしたりすると弱い部分から割れる危険があります。

設置されれば垂直なので強いのですが、斜めは荷重がかかるので気をつけなければなりません。

このあとは搬入 取付けです。 ステンドグラスは車に積む時にもきつく縛ればいい、とはいきません。

きつく縛るときつい部分から割れる危険があるため、簡単に言うとゆるいけれどもしっかり、と縛ります。

工房によっては板やダンボールにサンドイッチして運ぶところもあります。

またロープなどをそのまま縛ると思ったよりガラスはとまりません。 けっこうぐらぐらします。ですのでロープを束ねて棒でよじっていきます。 これを「しぼる」といいます。

今回はステンドグラスなのでゴム製のロープでとめます。 これは比較的に覚えるのは簡単。

今回は軽井沢まで他の寸法違いのエッチングガラス3枚と共に出発進行。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2012年06月30日 18時45分00秒  /  コメント( 0 )

ティファニーステンド...

ティファニーステンドグラス組み立て



ティファニーステンドグラスも最終段階になってきた様子です。

ここまでTU君とHRさん担当でスタートが1月6日くらい、途中に他の仕事を担当した時もありましたがまるまる6ヶ月かかってます。

お疲れさんです。

組み立ても最終段階に入った様子です。 これから細かい部分の色調整をします。



ステンドグラスが一番いい色で見れるのは北側の窓、と昔から言われています。

その日差しが一番よい光り加減ということです。 今はアクリルでのライトボックスがありますので夜でも制作できますが、昔は明るい時間しか作れなかったわけです。

冬なんて夕方4時半くらいで暗いんで夏より制作時間は厳しいです。

ここ、数週間、東京駅のアートガラス、エッチングガラスの過酷な制作をしていた反動でまだまだ本来のペースにもどってません。 

が、ありがたいことにいろいろな物件のご相談を頂き、制作の他、出張などが重なり、組み立てに時間をとられております。

そんなわけでしてティファニーステンドのプロセス報告もままならず、申し訳ありません。

昨日 ミュシャのエッチングガラス 4連をU氏中心に設置が終わり、今月は大きい動きはあと、軽井沢に取付です。

軽井沢取り付けの時に1日くらい、探索できるかなとひそかに楽しみにしてましたが、上海の仕事が決定!で取り付け後、とんぼ返りで翌日打ち合わせです。

上海のアートガラス事情はどんななんでしょう? 


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2012年06月27日 18時53分20秒  /  コメント( 0 )

アートミラー

アートミラー



先日 納品しましたアートミラーに額が付き、設置された写真をデザイナーのIHさんが送ってくれました。

今回はアートミラーのみの仕事で額や設置は携わりませんでしたので、写真をありがとうございます。



おぉ〜、美しいではあ〜りませんか! (チャーリー浜、好きなんです)

もう作品のようです。

工房内で制作過程で撮る写真がどうしても多くなり、設置した写真もまだまわりが仕事中のためになかなかいい写真が取れませんので、ありがたいです。

 
先日 東京駅の前に昭和26年に建設されたビルにある古いステンドグラスの修理打ち合わせに行った時に、車にもどる途中、缶コーヒーでも買おう、としたらなんと¥50でした。

大阪の新世界、下町でも¥50の販売機があったけれども東京駅の真ん前の販売機でこの値段はけっこうインパクトありました。

工房のメンバーに証拠としてとった写真です。 こういう話でけっこう盛り上がるわけです。



この下のサイダーは¥60でした。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2012年06月22日 19時17分04秒  /  コメント( 0 )

パラケシと接着サンプ...

パラケシと接着サンプルガラス



エッチングミラーのサンプルです。

葉っぱ部分はこれから陰影を入れますのでまだ地味です。 今回のサンプル要望はベースをパラけしにしたイメージ確認です。

パラけし、ハーフけしなど正式名称はありません。 メーカーでは作っていませんので自分らで名づけちゃうわけです。

当工房はよく使う技法です。 けしにすると圧迫感があり、ミラーのままですと見えすぎる、どうしよう・・・という場合は半分見えて、半分けしっぽいこの技法はお奨めです。

慣れてくると0%〜100%、クリア〜けしまでグラデーションも出来ます、むずかしいけれど。



こちらは今打ち合わせ中の噴水部分のガラスオブジェの接着サンプルです。

右がノーマルなガラス、左が高透過ガラス、1枚ですとあまり気になりませんが重ねて厚みがでるとこれだけ色が違ってきます。

右のグリーン、きれいですが奥行きが厚くなるほど黒く見えちゃいます。
左のハイクリアなガラスはものすごくきれいなんですがアクリルっぽく見えちゃいます。しかもお値段はノーマルの4倍以上・・・どちらも一長一短あります。


色が変わらないので美術館や宝石ショウケースに使われてます。 超高級なミラーにも使われてます。 

通常のミラーは右のグリーンがかっているガラスにミラー加工ですが5ミリと厚さが比較的に薄いので気になっていませんが、ハイクリアなミラーと比べると顔色や白い服などはきれいに見えます。


実物サンプルを見てイメージを固めるのが一番です。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2012年06月20日 20時18分19秒  /  コメント( 0 )

勉強になるガラス

勉強になるガラス



ガラスの仏像です。 大きさは15センチくらいかな。

現在 打ち合わせ進行中の仕事で紹介されました方の扱っているガラスです。

制作は台湾、これを見たときは完成度の高さに脱帽しました。

ガラスの世界の前は氷の立体彫刻の世界でしたのでこの完成度はすばらしい。小さいほどむずかしいのですが、日本ではガラスでここま立体造形は無理と思います。

完成度が高い、というよりものすごい!レベル。いつか台湾へ行って作者に会って見たいです。

この彼は大阪人で大阪弁ですが外見はスペイン人、スパニッシュ。二枚目です。

Heart-Train でHP検索できますよ。 スペイン、ガウディー、見たいな〜。

そんな彼が板ガラスにサンドブラスト、エッチングしている当工房のガラスを見て、サンドブラスト、エッチングガラスではサイコー、と評価してもらい、とてもうれしいです。

オイラの次の世代は否が応でもアジア圏まで仕事のテリトリーが延びるのでは、と思います。


この仕事で新たに知り合えた方々、HGさん、TJさん、そしてOGさん、お声をかけてもらってとてもうれしいです。

HGさんは我が工房ととても近く、当社を探してくれました。そこからはじまり、TJさんは本社が富山県の井波という欄間彫刻の有名な町と聞き、とてもうれしかったです。

若い頃に先輩に教えてもらい、夏休みに4〜5回、家族でテント持って行きました。

井波という町、超お奨めです。 機会がありましたらぜひ行ってみてください。

ここから深い山に入り、アルプスを抜けて高山までの道、涙が出そうなくらいサイコー!

昼間は一面深い緑、遠くにアルプスの山々、夜は満天の星空。 人工衛星も見れます。


☆  
建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2012年06月19日 19時06分17秒  /  コメント( 0 )

渋いカラースワロフス...

渋いカラースワロフスキーのアートガラス



先週は大きい物件が終わって一息つけるかな?とイメージのみで思っていましたが、打ち合わせていくと6月中旬の仕事が5物件ありましたので 何かと仕事に追われて久しぶりに書いてます。

そのうちのひとつで 今回は渋い色指定のスワロフスキーのアートミラーです。

工房内は各担当がそれぞれの仕事で場所を占領してますので天気が良かったので写真の外で制作してました。 ワイルドだろぅ〜

でも白いマスキングとミラーで瞳孔開きっぱなしでだめ。 工房内に入ると真っ暗しか見えませんので何とか場所空けてなかよく一列で仕事。

制作に追われて工房内、散らかってますね〜。



奥ではTU君がステンド格闘中。 真ん中ではINちゃんが東京大学、格闘中。
この横のスペースではU氏、ミュシャ彫刻中、Y氏、東京大学 彫刻中。 別部屋ではHRさん、ステンド制作中、そしてオイラ。

忙しい時は同時に6パターンの仕事を同時進行です。暇な時はサンプル制作や掃除をします。



彫り、ケシ、パラケシ、テクスチャー、接着でそのたびにマスキングしますのでマスキング5回です。

今回黄色のマスキングテープですが、これは塗装用、水色のガラス用より厚く、カーブラインが比較的に容易です。

この他、白いマスキングテープをありますがこれは時間が経つとのりが劣化しやすいので使ってません。

アートミラーの大きさは 1500x900ミリ。まわりに木製の額縁が付き、マンションエントランスに設置されます。 

今回は指定で渋い色のスワロフスキーでしたが結構、この色配列もいいんでないかい?

スワロフスキーは約50色ほど色があります。 さすがに世界的なメーカーでどれも美しい発色でいい色を出してます。 


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2012年06月18日 18時49分35秒  /  コメント( 0 )

蓮のエッチングガラス...

蓮のエッチングガラスサンプル



打ち合わせ中の蓮のエッチングガラス、サンプルです。

納骨堂の扉にセットされる予定で、決定しますと枚数が500枚ですので、このような場合は最初の打ち合わせに時間をかけれれば理想です。

アートガラス、中でもエッチングガラス、サンドブラストは消しゴムが効きませんから。

大きさは約260ミリ角ですが小さいから楽なのではありません。

逆に小さいから大変というデザインもありますので、枚数がある場合は無理な技を使わないで見栄えがする方向性を見つけていきます。

1枚や2枚ですと超テクニックを駆使しても時間的には影響は少ないですが、500枚となると与えられた時間の中ではそうはいきません。

最初と最後の出来が違うわけには行きませんが、それでも可能な限りの仕様を探っていきます。

これが500枚、一面の扉に付いたらきれいでしょうな。


きれいと言えば、自宅の前の小川の蛍が今年は多いようです。

ここ3年間、えさのカワニナを700匹ずつ、計2100匹、撒いている効果なんではないか、と思います。

今夜もこれから山口県の人から譲ってもらったカワニナ、700匹を暗い中、撒きます。今夜撒かないと死んでしまいますので、がんばるわけです。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2012年06月08日 20時51分55秒  /  コメント( 0 )

レストランパーテイシ...

レストランパーテイションエッチングガラス



フランスレストランへ取り付けたパーテイションです。

ベースをくもりにしてますが、まわりが10ミリほどクリアなので圧迫感がありません。

このレストランには2ヶ月前くらいに曲げのエッチングガラスを納めさせて頂きましたが、その時はお店に行かなかったので今回、設置されているのが見れて良かったです。



ロゴを深く彫って一部に指定色を入れてます。 お店の看板はイラストレーターの「わたせせいぞう」さんが書き下ろしたもので とてもおしゃれな雰囲気でした。

お店自体が無休なので開店から色々な業者さんが仕事をしていて少々あわただしかったですが無事に終わりました。

朝、ゆっくり仕事をしながら7時から始めて9時30分には終わりましたが、9時30分ですといつもは工房の始まり時間ですが、「早起きは三文の得」ということがわかりますよ。

でも夕方には眠くなるんですが・・・

ちなみに自宅のおとなりさんのTSさんは毎朝、3時半起き・・・まだ夜でしょ、その時間は。
ですので7時には寝てしまいます。 

本日、鎌倉に採寸しに行ったら海の家を建て始めてました。 いつの間にか夏、間近なんですな〜


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2012年06月05日 19時01分44秒  /  コメント( 0 )

超深彫りエッチングガ...

超深彫りエッチングガラス文字



10ミリほどサンドブラストにて彫り下げているエッチングガラスです。

右の文字彫りは比較的にノーマル仕様ですが、左のベースを彫り下げている仕様はなかなかないはずです。

この試作は石で制作しているものをガラスでと思っている提案です。 かなりいけてると思いますが。



表と裏から文字を凸、凹でサンドブラストにて彫刻した試作です。 これだけでも美しいんでないかい?

若い頃はレタリングの授業は嫌いでしたが、今はかじっておいて良かったと感じます。

「すべてが意味のあること」って言いますが現実はそんな甘いもんではありません。
「すべてを意味のあること」にするためにヘヴィーですが進まないと過去が意味のあることになってくれません。

大人って大変・・・ピーターパンとネバーランドへ冒険に行ったあの日にもどりたいな・・・ってかなりヤバイんでないかい。

大きな仕事がひと段落ついてホッとしたのもつかの間・・・納期が近づいてる仕事が思ったよりある・・・

明日、整理してみましょう・・・と思って早数十年。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2012年06月04日 19時07分30秒  /  コメント( 0 )

東京駅のアートガラス

東京駅のアートガラス



昨日までいっぱいいっぱいの状態でした。 

東京駅の復元保存エッチングガラスを制作していましたが、東京駅ではアートガラスも25枚、同時進行でした。

大きさは1000x2300ミリ、これは面取りしたガラスピースを両面に接着する、イメージはなまり線が無いクリアなステンドグラスです。

25枚の両面、50枚を加工するということです。

ガラスピース 約5000枚・・・しかも必要納期は優に3ヶ月はかかるところを正味1ヶ月と10日で制作となりました。

当然、当工房のみでは不可能ですが、このような時には協力チームの人たちに応援依頼します。
・・・が、そのチームも忙しい状態でお互いに出来る無理を通り越している状態が1ヶ月続きました。

締め切りの日まで制作して納品したのは締め切り1時間30分前。 

ガラス面取り加工会社のY社、KZ氏、2ヶ月間、ガラスカット磨きありがとうございました。
また協力チームのSO社の皆さん、感謝します。 そして当工房のメンバーとヘルプのY氏、INちゃん、KT君らにも感謝します。



一ヶ月以上、ほぼノンストップで格闘してきましたのでいつも以上に頭が回りません。

・・・制作途中は体力、気力ともに苦しい状態が続き、ヘヴィーなんですが 終わってしばらくするとまた、レベルの高い仕事にチャレンジしたくなってしまうのはクラフトマンの宿業なんでしょうか・・・バカなんでしょうか・・・

「クラフトマンは手の先にしか、脳みそはない」って言葉、なんかわかります。

もう帰って寝ます。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2012年06月01日 18時55分13秒  /  コメント( 0 )